食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

二ホンミツバチ発見っ!!

「こ、これはっ!?」

近くの神社のお社に行った時にたくさんの飛行物体に眼が止まります。
2018.06.17二ホンミツバチ1

ブンブンと飛び回る昆虫。
観察するとお社の棟木付近から出入りしている感じ。


昆虫の正体には大体目星が付いていました。
「二ホンミツバチ」です♪

「おお、こんな所にいるとは思わなかったなぁ。ここは周囲が田園で、年に数回とはいえ農薬散布がされてるもんな。鎮守の森が農薬からミツバチを護ってくれているんだろう…」



実はハンターさんは二ホンミツバチを飼っている方が多かったりします。

私のように食い意地が張って「ただで食料をゲットしよう」というよりも、「自分の周囲に生息する生物の生態を正しく知り、自然界からの恵みを少し分けてもらいながら自己の生活を成り立たせる」というスタンスというかライフスタイルの人が多いためだと思います。

「生きていくうえで最低限のものくらいは、貨幣や人を頼りにせずに自分で何とかする」
と言ったらいいのでしょうか。

(強欲ですが)私もそう言ったタイプの人間だと思います。


私が思うに、自然界で得やすい栄養素はビタミン類(青草)や炭水化物(穀物や木の実や球根)、次に脂肪(油脂を含んだ植物の実や野生動物由来のもの)。最後がタンパク質(お肉やお魚や卵など)という順序だと思います。


しかし栄養素以外に「調味料」を考えた時はどうでしょうか?
「塩」は海岸の近くでなら簡単に入手できます。

じゃあ「甘味」はどうでしょう?
果物由来であったら温かい時期には比較的入手しやすいですね。

これが一歩進んで調味料としての甘味は?
近くにサトウキビや甜菜を植えている農家さんを(いるのかもしれないけれど)見たことがありませんし、それらの作物が手に入ったとしても精製して砂糖にするなんて至難の業です。

そう考えた時に一番身近な甘味調味料として、人間は古くから蜂蜜を利用してきたのだと思います。


「こんなに身近に二ホンミツバチがいるのなら飼ってみたいなぁ…」
と、真剣に考えます。

「いやいやいや、これ以上世話をする生命体が増えると本当に大変だし、攻撃性が低いとはいえ庭に二ホンミツバチがブンブン飛び回っていたらご近所迷惑にもなるだろうしなぁ…。
でも仮に巣箱を置くとしたら田んぼに面した槇の木の側が一番だな」

そんな事を考えている自分がいます(笑)。


ハッ!いかんいかん。
これ以上ご近所の皆さんから奇異な目で見られると本当に要注意人物としてマークされてしまうかも…。


でも飼いたいなぁ♪



↓蜂蜜の次はコショウを求めて大航海時代だっ!!と思った方はクリックプリーズ♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

疥癬タヌキ

「お!なにかいる」

車を走らせていると道路の側に見慣れぬ動物発見。
「野良猫かな?」と思ってもう少し近付くと、それが間違いであることが分かります。
2018.06.17未確認生命体1

疥癬病に罹って毛が抜け落ちたタヌキです。
2018.06.17未確認生命体2
(タヌキの面影もありませんね)

疥癬病とはヒゼンダニというダニに寄生されて起こる病気です。
ヒゼンダニは宿主の皮膚にトンネルを穿孔しながら繁殖するので猛烈な痒みがあり、全身の皮膚がカサブタ状になって毛が抜け落ち、やがて弱って死に至る病気です。


「こんな真昼間から道路に出て来て、いよいよ末期なのだろうな…」
車を停めてそんなことを思います。


側の草むらに入ったので、そっと車を降り近付いてみます。

「我が家にはワンコを飼っているからな。万が一を考えて近付き過ぎないようにしないと…」
タヌキが通った場所を避けて草むらを覗くと寝ていました。

2018.06.17未確認生命体4

ガサガサの皮膚…。
数枚写真を撮るとタヌキと目が合って、ビックリして林の中に走り去っていきました。


「おお、まだまだ元気そうじゃないか!」

しかし何もできずに見守っている事しか私には出来ませんでした。


難しいですね…。



↓自然の掟は厳しいなっ!!と思った方はクリックプリーズ♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

濁っているので迷うなぁ…

「ピンポンパンポン…。 〇〇地方の今日の天気は晴れ。海上は始めのうち波が高く波高2メートルのち1メートル」
うう、迷うな…。

177に電話して天気予報を聞きます。
(今時わざわざ電話で天気予報を聞く人間がどれくらいいるのだろうか?)


昨日までは強風が吹き、時化て波高3メートルでした。
風の向きにもよりますが、素潜りが出来るのは波高1.5メートル以下の凪の日のみです。

「昨日までの時化で海の中が濁っているのは間違いない。でも今日は急速に凪いできている。潜れるかどうか判断に迷うところだ…」
2018.06.17チヌ46センチ2

色々なポイントを見て回りますが、まだ沖合からのうねりが残っていて岸の近くでは白波が立っています。
2018.06.17チヌ46センチ3

一見潜れそうだけど、視界は2メートルっていうところだな。
こんな時は水底の様子が見えないから、潜行が完了してからのポイント探しになるんで疲れるんだよね。

しかしこちらから魚が見えないということは、向こうからも人間が見えていないということになる。
だけどこちらは獲る気満々だ。

「こちらが先に魚を見付けさえすれば獲れるはずだ」


ダメもとで潜る準備。
自然相手に遊ぶには条件が悪い時も知っておかないとね。


白波が立つ場所からエントリーして沖へ向かいます。

「ここの地形と魚が潜んでいそうな場所は理解している。
沖合に出て水深7~8メートルの岩棚の下を丁寧に覗いて行けば出会いはあるはず」


岸の方向を見て岸の風景を何か所か結んで、ポイントをヤマダテ(沖合の自分の場所を推測すること)します。
「やっぱり海底の様子は濁ってまったく分かんないな。たぶんここら辺のはずだけど」

少し進むとボンヤリと海底が黒っぽくなります。
「お、目的の瀬に着いたな」

潜行を始めますが、かなり潜ってからじゃないと岩礁の形が分からず、海底近くまで行ってポイントを探します。


3回目の潜行。
岩棚の下に大きなチヌ発見。

「え!?なんで人間が…」
とチヌが思ったであろう瞬間に勝負はついていました。

46センチ。
2018.06.17チヌ46センチ1

産卵が終わったばかりなんだろう。少し痩せてるな。
料理の仕方を工夫しよう。

美味しく食べてやるからな。


この後急速に波が高くなり撤収。
30分で陸に上がることになりました。

「無理したらあと2~3匹は追加できていたかも。
しかしまあ、読み通り上手くいったし獲物にも恵まれた。なにより無事に上がって来れたから良しとしよう」


今日も自然の恵みに感謝です。



↓なんて運が悪いチヌなんだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ハモ

休みの日には家の近くの産直まで行って適当な野菜を買うことが多いです。

この日は午前中に用事があったりで、昼をとうに過ぎた頃に産地直売所へ。


「さぁ~って、なんか美味しそうな野菜はないかな?」
と思いつつ、売れ残ったお魚を見て回ります。


我が家では魚を購入することはほとんどありません。
確かに産地直売所で売られているお魚は安いし新鮮なのですが、我が家では釣ったり獲ってきたりで、自家消費分はほぼ賄えているからです。

買うのは秋の秋刀魚くらいでしょうか。


じゃあ、なぜお魚売り場を覗くのかというと、「お!もうこんな魚が接岸して近隣で釣れているな」という感じで漁獲情報収集のためなんです(笑)。


で、今回はビックリなお魚を発見!!
2018.06.10ハモ1
立派なハモです。

ハモは漢字で書くと鱧。
「魚片に豊」ってとても良い漢字ですね♪


値段を見て更にビックリ!
「えっ!?なんか間違ってない? ビックリの200円っ!!」

即決で買い物かごに身柄を確保(笑)。


帰宅して計測すると86センチ。
胴回りはビール缶より太いですね。
2018.06.10ハモ2

「こんなに大きくて美味そうなハモがなぜ200円なのだろう?」
と思いますが、私の住む地域ではほとんどハモを食べる習慣が無いからだと思います。

「調理できません」の札が貼ってありますし、長物(ウナギやアナゴなどの長い魚)を自分で捌ける人も少ないから売れないのでしょうね。

更にハモは骨切りの工程が必要ですし。
2018.06.10ハモ3
プロは専用の「骨切り包丁」なるものを使って骨切りをするようですが、そんな物は持っていないので柳刃を良く研いで骨切り。


湯引きにして定番の梅肉和え。
2018.06.10ハモ4

残りは天ぷら。
2018.06.10ハモ5

「いやぁ~、久しぶりに食べたらハモ美味いなぁ♪ しかも200円(笑)!!」
お得感満点!!


アナゴ釣りしていてこんな大きなハモが釣れたら相当に嬉しいだろうけど、ハモは深い場所にいるし岸からじゃ全く無理だよなぁ。

いやいや、昔夜釣りをしていてリュウグウノツカイを見たこともあったし、可能性はゼロではないよな。
(最初は見間違いと思っていたのですが、翌日近くの浜にリュウグウノツカイが打ち上げられていてニュースにもなった)


なんだか夢が膨らむなぁ~、久しぶりに夜釣りに行こうかな♪


ごちそうさまでした!



↓寝言は寝て言えっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

イノシシ出現っ! 応援要請!!

「すみません、折り入ってお願いがあるんですけど…」

出社するとすぐに総務部の若手社員が私のデスクにやって来ます。
「うっ、なんとなくかなり嫌な予感…(汗)」

「会社の敷地内にイノシシが倒れているんです。まだ生きています。力を貸してください」
「いや、今は猟期じゃないからオレが殺すことは出来ないし、この場所は所属する猟友会の行政区と違うから知合いの有害鳥獣駆除隊員に応援を要請をすることも出来ないんだよね。死んでいたりしたら遺体を運ぶお手伝いくらいはできるけど…」


まあ、とりあえず現場に向かいます。
2018.06.13応援要請2

なぜかぞろぞろと老若男女入り混じったギャラリーが付いてきます。
その中にはかなりお偉い人も…。


現場に近付くと遠くからでもカラスが寄ってきているのが分かります。
2018.06.13応援要請1
15kg程の子イノシシ。
今年の早春に産まれた個体だな。

前足を盛んに動かしていますが、もう立ち上がる力は残っていません。
一目見て「長くはないな」と理解します。

しかし一体なぜこんな場所に倒れているんだろう?
うちの会社の社員が車で撥ねたなら情報も入って来るけどそれはない。

おそらくすぐそばを走る幹線道路で撥ねられた子イノシシが、瀕死の状態で敷地内に逃げ込んできたんだろうなぁ。


「どうしましょう?」

「杓子定規にそんなことは言いたくないけれど、法律の問題でオレにはどうしようもできない(ハンターであっても猟期ではないので野生鳥獣の命を奪うことは出来ないし、有害鳥獣駆除を行うにもたくさんの規制があります)。

酷だけどこの子イノシシはもうじき死ぬ。
死んだら轢死した動物の遺体を引き取ってくれる産業廃棄物回収業者に電話するといいよ。

長引くようだったら地区の役場の農林事務所に連絡すると、担当の猟友会に連絡が行くから近隣の駆除許可を持った有害鳥獣駆除員さんが来てくれはずだ」


そこまで対応策を話したら、私は外出する用事があったのでその場を後にします。


外出から帰るとイノシシの姿はありませんでした。

「結局どうなったの?」
「取り急ぎ役場に連絡しました。生きていることを伝えると、露骨に嫌な声になって何か所もたらい回しにされました。
で、やっぱり最終的には地区の猟友会に連絡が行って、有害鳥獣駆除員さんがやって来ました」
「うん、たぶんそうなるだろうと思ったよ」


「で、何と言う方が来られたの?」
名刺を見せてもらうと、射撃場でよくお話しする大没さん(仮名)。

取り急ぎ大没さん(仮名)にお礼の電話をします。

「大没さん(仮名)、今日はありがとうございました。実は私の勤めてる会社なんですよ。外出しててお役に立てずにスミマセン」
「ああ、そうなんだね。今度イノシシが来たら罠を仕掛けてあげるよ」
「ありがとうございます。その時はお言葉に甘えさせていただきます」


その後少し社内の関係者と雑談。
狩猟と有害鳥獣駆除の違い、縦割り行政の弊害など…。

「じゃあ、地域を跨いで行き来しているイノシシなんかはどうすればいいんですか?」
なんていう質問も出ました。


そんな事とは関係なく、今日の様子を知っている人からは
「あの人まったく何の役にも立たなかったのよ!」
と言われていることは間違いないでしょうが(笑)。


まあ「よっ!イノシシ殺し!!」とずっと言われ続けるよりマシかなぁ…。



↓役立たずめっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

麦刈り

ゴゴゴ~ッ!!
と近隣から鳴り響く音。

「お!ついに始まったかな?」
と思い、急いで窓を開けます。

2018.06.10麦刈り1

我が家に隣接する麦畑を走るコンバイン。
麦の刈入れが始まりました。

「ホッ、本当に良かった…」


というのも畑の中をタヌキかイタチかアナグマかノラネコかは分からないけれど、麦の背丈が伸びて身を隠すのに丁度よいからなのでしょうが、夜中にずっとウロウロしていて我が家のワンコ達が吠えて困っていたからです。

「躾とはいえ、獣の気配を感じて吠えるのを叱って、山で追い啼きが出なくなっても困るしなぁ…」
その度にイノシシの皮で作った犬用のガムを与えたり、茹でたイノシシ骨を与えたりして口を塞いでいました。
(↑飼い主に似て食い意地張ってる)

真夜中に何度も吠えるので寝不足になっていたし、何よりご近所迷惑になっているだろうと思うと飼い主(私)の神経の方がまいってしまいそうでした(←心弱い)。


「ああ良かった、これで今日から安眠できるぞ!」


麦が刈り取られていく様子を眺めていると、コンバインの後ろにトンビやカラスやアオサギなどのたくさんの鳥が飛んで舞っていて、時々何かを咥えて飛び去っています。

カヤネズミやカエルや昆虫なんかがたくさんいて、刈り取った麦やコンバインからこぼれ出るタンパク源を補給しているのでしょう。

「へえ、よく分かっているなぁ。これだけたくさんの鳥が群れているからさぞかし色々な餌があるんだろう…。そりゃあ、獣たちも餌を求めてうろつくよなぁ」


飽きずに刈取りの様子をずっと眺めていました♪

虫が多かったり、飼っているワンコ(猟犬)が夜中に吠えたりして田畑の横に居を構えるのは大変な部分もありますが、窓から金色に輝く麦畑が見れたりするとかなり幸せな気分です。


しかしまあ、麦の刈入れが終わったらすぐに田植えだし、そうなったらまたカエルの鳴き声で寝不足になるんだろうなぁ…(笑)。



↓都会より田舎の方が騒音酷いんじゃないかっ!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

県猟友会安全狩猟フィールド射撃大会2018

県猟友会が主催する安全狩猟フィールド射撃大会に出場してきました。
2018.06.05安全狩猟射撃大会5
去年は住んでいる地区の清掃活動の日とダブって出れなかったんですよね。


競技種目は例年通り
5メートルダブルトラップ 40点。
10メートルトラップ 20点。
ラビット 20点。
スキートハイタワー 20点。
の100枚撃ちとなっています。

2018.06.05安全狩猟射撃大会6
(これは開会式の様子)


まあ希望的観測というか妄想的に自分の各競技の過去最高点数を思い出します。

5メートルダブルトラップ 37点。
10メートルトラップ 18点。
ラビット 19点。
スキートハイタワー 17点。
合計91点(笑)!!

よっしゃ!楽勝で優勝して今年は県代表が集まる地区大会に行くぞ!!
ああ、なんて身勝手なポジティブシンキング♪(←大切なことだと思います。笑)


私の最初の競技は10メートルトラップ。
2018.06.05安全狩猟射撃大会1
これは同じ猟友会から出場の男気溢れる今町さん(仮名)の射撃風景。

私は17点/20点で終了。
まあまあの結果♪


次はお皿が空を飛ばずに、地面を転がるラビット。
2018.06.05安全狩猟射撃大会2
(これは隣の地域の猟友会の方)
クレーのスピード自体は遅いのですが、割れたクレーの欠片に乗って不規則にクレーが「ピョン」と跳び上がります。

地面を転がるクレーが不規則に「ピョン」と跳び上がるところがこの競技の面白いところですが、見事に「ピョン」と跳び上がった瞬間を撃ってしまい失中。
19点/20点。

「くそ、せっかく人生初の満射が出る寸前だったのに…。しかしここまでは良い感じだぞっと!」


続くスキートハイタワーは13点でかなり失敗。


「いや、次の5メートルダブルトラップは40点で一番配点が大きい。ここを満射か1枚抜きくらいで上がれば89点~88点で充分優勝を狙えるはずだ」
気合を入れて射台に向かいます。


しかしまあ、なんですか。人間欲をかくとロクなことはないと昔から言われていますが、この時の私がまさにそれ。
2018.06.05安全狩猟3
(いや~、花はきれいに咲いているしとってもいい天気ですね)

結果は27点/40点でダメダメ。


ダメだった言い訳を書きますと、敷地の隣の麦畑が実り、背丈の伸びた麦の中をイタチかタヌキかアナグマか分からないけれどウロウロして夜中にずっとワンコ達が鳴きまくってロクに寝れませんでした。(←飼い主の躾がなっていない)

しかもこの日は気温も上がって暑く、3試合で審判をしてヘロヘロに疲れてしまったので2の矢(2発目)がまったく中りませんでした。(←射手の技術不足)

もう日射病で頭がガンガン。(←貧弱)

正直、そんな言い訳をしても完全な実力不足ですね。


結果は合計76点。
2018.06.05安全狩猟射撃大会4
(ちなみにÅクラスの優勝点数は90点)

一昨年もこれくらいの点数だったので、我ながら進歩ないなぁ~(笑)。


それでも安全に射撃が楽しめたので良しとしましょう。


皆さん、お疲れ様でした♪



↓進歩が無いんじゃなくて単純に下手なんだよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード