食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

船に揺られて大物ゲットだっ!!

「船に乗せてくれ♪」
専業漁師をしている兄貴に連絡。

「う~ん、今年は鯛があまり釣れてないんだよね。アジもダメだし・・・」
「釣れるに越したことはないけれど、大海原で船に揺られて釣糸を垂らすだけでストレス解消になるからそれだけでいいんだ」

という訳で、親父と一緒に兄貴の所へ向け出発!
2017.05.05タイ釣り11


獲物と釣り方は鯛を狙ってタイラバ。
2017.05.05プラマーク1

タイラバと呼ばれるルアーを着底させて巻き上げ続けるシンプルな釣り。
しかしこれがなかなかに奥が深く難しい釣りです。

スーーー・・・、トン(タイラバ着底)。巻き巻き巻き・・・。
トン。巻き巻き巻き・・・。
トン。巻き巻き巻き・・・。


時折グッと重くなり竿先から魚の暴れる感覚が伝わってきます。

2017.05.05タイ釣り4
美味しいアコウ。

2017.05.05タイ釣り3
アオナ。


そうしていると兄貴に大きなアタリ!
2017.05.05タイ釣り1

おお、立派な真鯛だ♪
2017.05.05タイ釣り2
さすが!


マトウダイなんかも釣れます。
2017.05.05タイ釣り5
変わった風貌ですが、白身の美味しい魚です♪


しかし本命の真鯛はなかなか渋く、大きなものは兄貴の釣り上げた1枚のみ。

「昼過ぎに潮が変わる。それからが勝負時間だ」
と兄貴。


午後からの潮変わり。
アラカブやアコウなどの底物の活性も活発になり、次々と釣れ始めます。
2017.05.05タイ釣り6

「魚の食いが立ってきたな・・・」
2017.05.05タイ釣り8
ナブラが沸いて鳥山も立ち、にわかに海上が活気付きます。

魚というものは不思議なもので、食い気がない時は目の前に仕掛けを落としても全く反応しません。
ところがひとたび活性が上がり食い気が立つと遠くから追っかけてでも食いついてきます。

潜った時に見ていると、岩礁の岩影に身を潜めていた魚たちが一斉に出て来て捕食活動が始まる感じ。


「さあ、デカい鯛よ来いっ!!」
大鯛が食いつくことを信じてひたすら巻き上げていると、引っ手繰られるようなアタリ!

「うおっ、来たぞっ!!!」

強烈な引き。
ひたすらリールから出ていくライン。

ゴツゴツと頭を振るような引き。
「これは真鯛に間違いない!」

引き込まれそうになる竿を立てて魚をいなしながら、少しずつ巻き上げます。
しかし何度も巻き取った数倍の長さのラインが出て行き、また巻き上げるの繰り返し。

「サメなんかも結構頭振って抵抗するんだよね~。もしかしたらサメかも・・・」

「サメでもいいからとりあえず姿だけは見たい!」
ヒーヒー言いながら巻き続けます。

だいぶん巻き上がってまだ結構な深さがある魚体をチラリと見ると、兄貴がすぐに持っていたタモ網を別の大きなタモ網に握り替えます。
「そんな大きな鯛なのか・・・。よっしゃ、絶対獲っちゃる!!」


水面近くになると最後の抵抗。
なんとか凌いでタモ入れ。

で、上がった獲物は~、








2017.05.05タイ釣り9
ブリ(笑)。
73センチ。

誰だよ~、「真鯛に間違いない」なんて言ったの。
全然引きが違うじゃん!


とは言え相当に引いたので楽しめました♪


結局真鯛は不発だったけれど、根魚系はクーラー満タン!
2017.05.05タイ釣り7

はぁ~、楽しかった♪
兄貴、ありがとう!!


今日も自然の恵みに感謝です。



↓鯛釣りなのにブリばっかり釣ってるなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ゆ、許さんっ!

ホシノさん達は毎朝1羽1個づつ卵を産んでくれます。
毎日4つ卵が増えるので、油断すると結構な卵長者になるので、頑張って食べたり物々交換したりしています。

で、毎朝鶏小屋に設置した産卵箱の卵を回収するのが最近の日課。


「さぁ~って、今日も卵の回収」
と鶏小屋の中を見た瞬間に異変に気付きます。

床に転がった2つの卵。
どちらも殻に穴が開いています。
2017.04.28許さん1
鋭い嘴で突いた跡。

2つは完食。1つは行方不明なので持ち去られたのでしょう。
1つしか無事なものが残っていませんでした。

「カラスだな・・・」


我が家のホシノさん達は、放し飼いで自由に小屋に出入り出来るようにしていて、いつもはふじがカラスを追っ払ってくれています。

しかしこの日は豪雨。
ふじは家屋の対角線上の裏手にある犬小屋で、雨を避けて休んでいたのです。

雨で音が消え、ふじが遠くにいる千載一遇のチャンスを狙っていたのでしょう。
見事にやられました。

本当にカラスって頭良いな!


「だがカラスよ! 相手が悪かったな。
お前が食べた卵を産んだニワトリの飼い主は、カラスも食べちゃうような悪食ハンターなんだ。
(詳しくは書かないけれど)それなりの報いは受けてもらおう・・・」

ふっふっふ。


↓カラスにバカにされて終わりだなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カイガラムシ

猟期が終わって草木の芽が伸び出すこの時期は、毎年剪定作業に何日かが費やされます。
伸びきった枝を切り落としたり、葉を刈ったり・・・。

もう本当に植物の生長ってすごい!
光合成をして太陽光だけでこんなに枝葉が伸びるなんて驚異でもあるし、植物なしには動物の繁栄があり得なかったことも実感できます。

この時期は梅の木や槇の木の新芽にアブラムシが付くんですよね。
2017.04.25カイガラムシ1

こんな枝は切り落としてホシノさん達に啄ばんでもらいます。

嗚呼、素晴らしきかな命の循環♪
きっと明日の卵はアブラムシの味がすることでしょう(笑)。


そしてふと梅の木の幹を見ると、何やら見慣れぬ物体。
2017.04.25カイガラムシ3

集中してくっ付いている場所もありますね。
2017.04.25カイガラムシ2

樹液を吸うカイガラムシです。
放っておくと被害が拡大し、葉が縮んだり木が枯れたりします。

気持ち悪っ!

早速駆除開始!
薬剤を使う方法もあるのですが、嫌いなので物理的駆除。
切り落とせる枝は切り落とし、幹に付いたものはデッキブラシでゴシゴシ擦り落とします。
2017.04.25カイガラムシ4

擦るだけでボロボロと落下していきます。
それを啄むホシノさん達。

これで明日の卵はアブラムシ+カイガラムシミックス味だな(笑)♪


幸いにカイガラムシの被害は大したものではなく、すぐに駆除も終了。

植物の恩恵も受けながらも植物と戦い、虫とも戦い、野生動物とも戦って人類は今の繁栄を成しえたんだな・・・。
そんなことを思ったのでした。


↓そんな卵は食べたくないぞっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

海辺の散歩は危険!

天気が良く少し時間が空いたので、ふじを走らせに海岸へGO!
2017.04.23海辺の散歩は危険4

人がいない場所を選んでリードを離します。
「それ行け!ふーちゃん!!」


海岸線を全力疾走!
2017.04.23海辺の散歩は危険1
まあ、嬉しそうに走り回ること♪

(呼び戻しなどの躾が出来ていることが必須という前提で)やっぱりワンコは走る姿が良いですね。


ところが海岸線には時々危険な物があるのです。
それは主に魚介類の死骸。
打ち上げられて腐敗臭を放っています。

で、それが何で危険かというとですね、ワンコはその匂いに反応して体を擦り付ける習性があるのです!
転がりまわってとても入念に(笑)!!
2017.04.23海辺の散歩は危険2

「あっ!またやってる!!やめて~っ!!!」
体中に腐敗臭がべったりと付くので車内に載せることが出来ないし、帰ってシャンプー必須だし。

「今の時期だとコウイカの死体かな。エビやカニの甲殻類も臭いけれど、イカやタコも相当に臭いもんな・・・」
近寄って匂いの元を確かめようとしますが、5メートルくらいまで近付くとかなり強烈な匂い。

そうして見付けた匂いの元。
2017.04.23海辺の散歩は危険3

「な、なんじゃこりゃ~っ!?」

毛が所々に残った哺乳類。
一瞬、子イノシシかと思ったのですが、明らかに体型が違います。


大きなアナグマの死体ですね。
確かにここはアナグマの多い地域ですが、アナグマも個体数が増えすぎて泳いで新天地を求めたのでしょうか?

アナグマが海辺に打ち上げられた理由は不明ですが、疥癬病で死んだ個体だったりしてふじに感染しても嫌なので、すぐにゲージを車内から荷台に移し替え、帰ってシャンプー。
何より凄い匂いですしね(笑)。


う~ん、アナグマの溺死体は初めて見ました。

野生の世界に何かが起こっているんでしょうか・・・。


↓海岸、色々なものが落ちてるなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

残弾処理射撃大会

猟友会の残弾処理射撃大会に行って来ました。
「猟期に購入した弾を必要以上に保管せず、射撃場で使ってしまいましょう」という趣旨の射撃大会です。

今回は10メートルトラップ20枚と5メートルダブルトラップ30枚の合計50枚撃ち。
2017.04.23残弾射撃2
これは他の組の10メートル射撃の様子。
快晴の春空の下、バシバシとクレーを撃ち落としています。


「さぁ~ってそろそろ自分の組の番だから準備を・・・」
2017.04.23残弾処理射撃大会1

実は今回用意してきたものがありました。
射撃専用のイヤープラグ(耳栓)と電子式イヤーマフ。

猟期に患った眼球震盪で耳鼻科を受診した時に、5段階中の高音域から2番目の聴力が落ちていることが分かりました。
先生に「ちょっと珍しい症状ですね」なんて言われて、クレー射撃をしていることを伝えると納得された様子。

「特に問題になるレベルではないけれど、悪い部分が他の領域を引っ張って難聴になることがありますので耳の保護はしっかりとしてください」
と言われました。

「うっ、やっぱり・・・」
自分では全く自覚はなく、日常生活や狩猟をするにあたって問題はありません。
しかしスキート射撃で挙銃した時に「カツン」と銃床に当たるのでイヤーマフは使っていないし、イヤープラグもホームセンターで購入した適当なものを使用していたからなぁ・・・。

という訳で今回からきちんと使用。(←遅い)
これから射撃をされる皆さんは耳の保護をしっかりとされてくださいね♪


10メートルは16点(20点満点)。
「よっしゃ、久しぶりに撃ったにしてはまあまあ。次の5メートルダブルは割と得意だからキッチリと8割越えを目指すぞ!」
などと思っていたらまったく中らず15点(30点満点)。

合計31点(50点満点)。

「なんとか6割か。2ラウンド目は完全に集中力が切れたなぁ。
最近仕事が忙しい上に、ホシノさん達が夜明けの5時半から鳴き出すから慢性的な寝不足だったんだよね。そろそろ鶏鍋かな・・・」
自分に言い訳(笑)。


お楽しみの成績発表&景品抽選会♪
2017.04.23残弾射撃3
ウチの猟友会は成績順にくじを引いていき、くじの順番に従って景品を選びます。

参加の女性陣は迷わず一升瓶を選択(笑)!
2017.04.23残弾射撃4
「よっ!男前!!」

ちなみに私は6番くじ(順位も6位)で、オリーブオイルセットをいただきました。
ちょうど切れていたんだよね。


成績はイマイチだったけれど、青空のもとで皆さんでワイワイと歓談しながら久しぶりの射撃大会楽しかったです。

皆さん、お疲れ様でした♪


↓鶏鍋決定っ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

護衛は任せてっ!

私道に張ったネット(左側)の中のホシノさん達を護衛中のふじ。
2017.04.17護衛は任せて!1
ズボラをして私道の除草のためにネットの中に放ったホシノさん達を見守ってくれています。

石垣の内側(ふじの向こう側)が我が家の敷地で、写真を撮影しているのは共有の私道から家の中を写しているアングル。
ふじには石垣が境界線だということを教え、敷地内から出ないように躾けています。

「ホシノさん達が出ているから私も遊びに行くわ!」
と自分勝手に遊びに行くかもと思っていたのですが、キチンと見守ってカラスなんかが近付くと啼いて追い払っています。

「うう、父ちゃん(私の事ね)はバカだけど、娘がこんなに賢く聞き分け良く育って嬉しいよ♪」


少しだけ真剣な話をすると、大物猟に使う猟犬を使役するにあたり、私が怖いのは咬傷事故です。
一番は人に対する事故。次はペットや家畜に対する事故。

猟犬の持つ狩猟本能を引き出して使役するのが犬を使った狩猟でもあるので、如何に猟犬の持つ本能をスポイルせずに対象とする獲物に対してのみ猟を仕込むかがとても重要だと考えます。

だから私はふじを飼い始め、育てるにあたって老若男女問わずたくさんの人に触ってもらい、散歩で牛舎なんかにも遊びに連れて行きました。
猫とニワトリは自宅で飼っているから問題なし。
実家にも連れ帰ってミックやジャンとも遊んでいるから犬社会も大丈夫。
「ね、皆ふじの仲間なんだよ♪」

しかし豚舎は近くにないし、イノシシと同じ匂いなんで厳しいかなぁ。
なので豚舎が近くにある場所では狩猟をしません。


だけど大失敗な部分が一つだけありました。

「メス犬」と相性が悪いのです。
張り合ってガウガウ言っちゃう感じ。

そう言えばほとんどメス犬と一緒に遊ばせたこと無かったっけ・・・。

『ルパン3世』の峰不二子という女性キャラが自然と頭に浮かんできます。


うう、失敗したなぁ(笑)。


↓そりゃあ名前が悪いよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

行けっ!ニワトリ除草隊!!

ホシノさん達を飼っているおかげで、ホシノ達たちの放鶏地帯には全く雑草が生えていません。
2016.10.16除草能力3
いや、本当に凄いな!と思います。

しかしその他の場所は惨憺たる有様。
2017.04.16ニワトリ除草隊1
(右側のネットの内側がいつもの放鶏地帯)

この場所は隣家と接する共有の私道の一部なのですが、春になって気温が上がると雑草伸び放題!
いつもいつも草抜きするの大変なんですよね。

そこで無精者の私は考えました。
「ホシノさん達をここに解き放てば早いんでないかい?」

ふじの運動場も除草してもらいましたが、その後は見事に一本の雑草も生えてきません。
見ていると啄ばんで草の芽を食べる効果よりも、地中にいるミミズや昆虫を食べるために足で草の根を掘り返し、そのダメージで雑草が生えてこなくなる感じです。

とりあえずブロックとステンレスのパイプを買ってきて、園芸用の支柱が立てられるように結束バンドで適当に細工(笑)。
2017.04.16ニワトリ除草隊2

支柱に防獣ネットを張り巡らせ、飲み水だけは用意して、雑草ゾーンにホシノさん達を解き放ちます。
2017.04.16ニワトリ除草隊3

「新鮮な草だわっ!!」
大喜びで啄ばんでいます。

良かった。最近雑草が生えてこなくなったから、生野菜が不足してたんだよね。

草を啄みながら、土をケリケリと掘り返しています。
「よ~し、よ~し。上手くいきそうだ♪ ここはカエルやバッタやミミズも多いし、卵を産むためのタンパク質も充分補充できそう・・・」


一応お断りのためにお隣さんのお宅を訪ねます。
「あら~、これは素晴らしい♪」
「すみません、もしご迷惑でしたらすぐに撤去しますので」
「いいえぇ、全然! もし良かったらウチの方もお願いできるかしら」
なんて依頼をされます(笑)。

たまたま近隣の方も来られて「ウチも雑草に困ってるんだよ。レンタル出来ない?」なんて話になります。


私道に放置したまま3時間ほど外出。
帰宅すると2羽がネットを乗り越え脱走していました。

「うう、やっぱりそう都合よくはいかないか・・・」

と言いつつも天面に貼る遮光シートを買って来たんですよ。
これで物理的に脱走も出来なくなるはず。


さあ、これで2週間後には雑草が無くなっているはずだ!

頑張れ、ホシノさんズ♪


↓2週間後にはイタチか猛禽類に襲われて全滅だっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード