食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

「ギャン!」ときた~!!

暑いので海水浴へGO!!。
2017.07.30エチゼンクラゲ1
ついでにおかず獲り(←ウソつき)。

まあ、いつもの事なんですが、こんな海水浴のファミリーの中を通ってホコ持って海の中へジャブジャブと入って行くと、相当に不審な目で見られるわけです。


強い心で沖へ(笑)!

しかし沖へ出るとかなり濁りが入っています。
「あれ?雨も降っていないし波もないのになぜ!?」

潮が流れて海底のシルトを巻き上げてくると時々こんなことが起こります。
「まあしょうがない。潜れないほどではないから我慢しよう。だけど先週まではいなかったエチゼンクラゲが大量にいるな・・・」

大型のエチゼンクラゲは時々大量発生し、漁業者の網を破ったり工業用水の吸入口に詰まったりの被害を与えます。

大きくて発見しやすいし、刺されてもムチャクチャ痛いタイプのクラゲではないのですが、あまり気持ちの良いものではないですね。


「ウチではワンコもニャンコもニワトリたちもタンパク質の帰りを待っているんだ。とりあえず質より量だ!」
普段は滅多に突かないボラやタカノハダイなんかもゲット。
2017.07.30エチゼンクラゲ2


そうしていると濁った海底に大きな魚影。
「久しぶりに大きな石鯛見た。50センチ以上あるぞ・・・」

潜行開始!!
と同時に「ギャンっ!!」と海の中で叫びます。
両方の太ももの内側にバリっと走る痛み。

水面方向を見上げると足の付近にエチゼンクラゲ。
どうやら潜行する水の流れに死角にいたエチゼンクラゲを巻き込んでしまい、モロに内股で挟んでしまったようです。

私はスパッツ状の水着で潜っているので腿の下半分は剥き出しです。
あまり痛くないタイプのクラゲと言えど、皮膚の薄い部分の相当な面積を刺されピリピリと痛みます。

もちろん大きな石鯛には逃げられ、痛みで戦意喪失・・・。
這う這うの体で上がってきました。


「うう、久しぶりに思いっきり刺されちゃったなぁ」
2017.07.30エチゼンクラゲ3
石鯛の塩焼きを食べながら、ミミズ腫れになった内股をさすります。

「あそこでエチゼンクラゲに刺されていなければなぁ~」
この石鯛も34センチあったのでそこそこのサイズなのですが、比べ物にならないくらいの大きな石鯛を見てしまったので残念感ばかりが募ります。

まあしょうがないですね。。。


相変らず「石鯛ください」のふじ♪
2017.07.30エチゼンクラゲ5

だいぶんお腹が大きくなってきました。


今日も自然の恵みに感謝です。


↓いつも残念感溢れるな~!!たまには大物獲った景気いい記事頼むと思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

ご満悦♪

「さあ、これがふじの産屋だよ!」
2017.08.03ご満悦1

初めての入居の様子♪
顔が嬉しそう(笑)。

とっても気に入ってくれたようです。
(この状態から内側に踏みつぶし防止の板を追加する予定)


最近では乳腺も張ってきて、お腹も大きくなり洋梨の様な体型になってきました。

さあ、元気なお子様を産んでおくれ。


↓お子様楽しみだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

激ウマ!!つまんでスーパーホシノ卵♪

「いったい何食べさせたらあんな味になるんですか!?」
ホシノさん達の卵をお裾分けした会社の後輩から訊ねられます。

「え?普通にイノシシの肺とかお魚とかのタンパク質をすごくたくさん。時には食べ残したドッグフードやキャットフードもあげてる(笑)。あとビタミン補給のために雑草とか料理の時に出る野菜の皮はたくさん食べてくれるね。残飯がほとんど出なくて助かるよ。色素とかを食べさせていないから、ちょっと黄身が白っぽく感じるかもしれないけれど」

「あの濃厚さはすごい!ビックリしました」
2017.07.30ホシノ卵1
ホシノさんの卵を割ったところ。
黄身はほぼ半球状のドーム型ですし、白身も液体というより固体に近い感じです。

「割り箸で摘まめるから試してごらんと言われたので恐る恐るやってみたのですが、すごく簡単に持ち上がったんで驚きました」
2017.07.30ホシノ卵2

ギザギザの割り箸でかなり乱暴に摘まんでも大丈夫です。
2017.07.30ホシノ卵3

「でもそれ以降、ウチの子供が市販の卵を美味しくないと言って食べてくれなくなったんですよ・・・」
「売っているのは配合飼料の香りがするもんね」


実はちょっと前に、昔ニワトリを飼っていたご近所さんに「お宅の卵はお世辞抜きにとっても美味しいよ」と言われるまで、ホシノさん達の卵がそんなに美味しいと思わなかったのです。(それしか食べていなかったから)

「どうやって食べるのが一番おいしいんですか?」
と聞いてみると
「卵に小さな穴を開けて、そこにストローを差し込んで飲むのが一番!好みでちょっと醤油を入れてもいいよ」
同じ様にして食べてみると確かに味の違いが分かりました。

「甘くて濃厚な味」と言ったらピッタリでしょうか。
手前味噌ですが、確かに美味い!!


暑くて最近は体温調整のため口を開けてハーハー言っているホシノさん達。
2017.07.30ホシノ卵4

完全に放し飼いだからストレスは少ないと思うけど、この暑さはきついよね・・・。

しかし至って元気で、庭にカナブンや蝶々が飛来したら、皆で撃墜して啄ばんでいます。
最近は庭木の低い場所に止まっているセミを捕獲することを覚えました(笑)♪



そして先日郊外で夜間見た光景を思い出します。
遠くからでも見える煌々とした光。
「電照菊かな?」
と思って近付くと、それは巨大な鶏舎でした。

狭いゲージにビッシリと入れられ、夜なのに光を照らされながら採餌し、睡眠時間を少なくしてまで採卵する光景。
かなりビックリというか、なんだか恐ろしい感じがしました。


と同時に自宅で飼っているホシノさん達のことを思います。

ホシノさん達、これからも美味しい卵を産んでね♪


↓これから秋になって涼しくなると鶏鍋も食べたくなるよね~!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

産屋の作成

ふじのお腹が大きくなってきました♪
2017.07.30産屋1

子犬が吸い付きやすいように乳首が大きくなり、周囲の毛が抜け始めています。


これだけの猛暑だと暑さで流産してもいけないので、エアコン絶賛堪能中の図(笑)!


「おそらく8月の上旬~お盆くらいが出産予定日だ。一番暑い季節だし、出産としばらくの間の子育ては家の中になりそうだな・・・」

私の少年時代は実家でワンコの繁殖を行っていて、何度も子犬の出産や育児を経験しましたが、何しろ久しぶりの事なので必要なものを考えます。


「小物は後でもいいから、まず大物を揃えよう」

近くのホームセンターで杉板などの適当な材料を購入。
材料費約2000円。

ダラダラと汗を流しながら3時間ほどでチャッチャと作成した産屋(お産をして子育てをする簡易小屋)。
2017.07.30産屋3

今の犬小屋では子育てをするには狭すぎるし、陣痛が始まると地面をガリガリと掘ろうとするので、屋内で出産してもらうには必要なので自作。
ふじや産まれ来る子犬がケガをしないように、木のささくれなどが無いように注意して仕上げました。
(それでも子犬が大きくなるとガリガリ噛むんですけどね・・・)

入り口側はお腹が大きくなったふじが飛び越えた時にお腹や乳首が当たらないように低めに作成。
子犬が動き出す頃になると脱走防止のために板切れを一段追加する予定です。
この中にカーペットを敷き、適当な布切れをたくさん入れて子育てをしてもらいます。

うん、子犬が大きくなってふじが横になって授乳しても良い感じだね。


ふじの調子はどうかというと、暑さでハーハー言っていますが、食欲もすごくて機嫌も良く順調です。
2017.07.30産屋2
「石鯛ください」の表情(笑)。


どうか無事に産まれてきますように♪


↓安産祈願代わりにクリックしていただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

石鯛の炭火焼き

久しぶりに突いた石鯛、35センチ。
2017.07.24大漁1
うん、姿形が良いですね♪
(過去の自己最高は58センチ)

釣り人の間では「幻の魚」とか「磯の王者」なんて呼ばれていますが、潜りをする人間にとっては意外とそうではありません。

青物や真鯛は追っても岩陰に入ることなく逃げるので突きにくい魚ですし、クロ(メジナ)などは臆病で警戒心が強く、岩陰に入っても奥に隠れてしまって突きにくい魚です。

石鯛は好奇心の強い魚で、岩穴に逃げ込むと大抵「どうなったんだろう?」と振り返ってこちらを眺めています。
なので大物の石鯛であっても比較的獲りやすい獲物と言えます。


私が潜りを始め、まずベラやカワハギを突き、その次にアラカブ(カサゴ)やアコウを突き、その次に突けたのが石鯛という感じでしょうか。
石鯛を突くことが出来るようになると「おお、お前も一丁前の腕になったな!」なんて周囲の大人たちに言われ、嬉しく感じたのを覚えています。


大学時代に友人たちと食料現地調達型の離島のキャンプに行くと、ほとんど石鯛しか獲れずに
「今日のノルマは一人一匹ね!」
「ええぇ、また石鯛ぃ~!? たまには違う魚が食べたい!!」
なんて言われたりもしました(笑)。

そんな時は刺身、ムニエル、唐揚げ、カルパッチョ、干物、シチューやカレーなど様々な料理を作ってみたのですが、結局一番美味い食べ方はこれ!
2017.07.24石鯛2
シンプルに炭火の塩焼き♪

こんがりと焼き、パリッと焼けた皮が身から離れるくらいになると食べ頃。
2017.07.24石鯛3

厚目の皮を剥ぐと蒸し焼きにされたきれいな白身。
ほんの少しの醤油とレモンでいただきます。

脂の乗った旨味の強い身、キシキシとした締まった食感、ほんのわずかに磯の香り・・・。
「美味いっ!!」

「炭火で焼きながら」というところがミソで、食べ進むと味が変化します。

ボトボトと焼け落ちる油煙で燻され、少し燻製臭の付いた味。
更に食べ進むと熱で骨から髄液が溢れ出て、身の美味さが増します。

焼いた骨とアラで出汁を取ってお茶漬けを作っても美味しいです。

「ああ、そうそう。イヤというほど食べた石鯛だけど、こうやって改めて食べると美味い魚だなぁ~」


炭火の側で汗をダラダラと流しながらビールを飲みます。
石鯛をたくさん食べたはずであろう少年時代から青年時代にかけての事を思い出そうとしますが、酔いが回ってしまって上手くいかず・・・。

「ま、過ぎたことはどうでもいっか!!」
なんてことを思います(笑)。


「だけどなぁ、オレが潜りを始めた頃は石鯛なんてウジャウジャいて、決して幻の魚なんてものじゃなかった。だけど近年は本当に幻になりつつあるなぁ・・・」
そんなことを思っただけでした。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓石鯛の炭火焼き美味そうだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

あれ!?

ちょっと物憂げな表情のふじ。
2017.07.025あれ!?1

異常な暑さだもんな~。
2017.07.25あれ!?2
でもその割には最近食欲すごいよね。

などと思っていたら胴回りがぽっちゃりしてきた感じ。
2017.07.25あれ!?3

「あれれ!? なんかおかしいぞ・・・」

鈍い私はようやくピンときます。
「おお!もしかしておめでたなんじゃないか!?」

1月以上前に婚活のためにお婿さんのリン君のご自宅に預けられていたふじですが、実は今回も交配が認められず、リン君の飼い主さんとも「見ていないところで交配してたらいいのだけど・・・」と話していたのですが完全に諦めていたのです。

「なぁ~んだ! するべきことはちゃんとやってるじゃん♡!!」

いやあ、なんかとっても楽しみ♪


まだ完全に確定という訳ではないのですが、無事に皆様に良い報告が出来るように、ふじの体調管理に努めたいと思います。


↓単なる夏太りだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

大漁♪ だけど喜べない・・・

「本格的に暑くなってきたから海水浴客も多いだろう・・・。早めに潜りに行くか」

というわけで朝8時過ぎに海へ!
2017.07.24大漁1

「うん、波もないし澄んでいる。絶好の潜り日和だ」

水着のお姉さんから白い目で見られながらジャブジャブと海に入ります。
「うう、そりゃそうだろうなぁ。オレだってこんな海水浴の人の側を、魚突き用のホコを持った人間が通って海に入って行くと不審な目で見ると思いますよ・・・」


沖に出るとなかなかの透明度。
「うん、良いコンディション♪」

ボチボチと魚を突きながら海流に乗って移動。


いつも大きな魚がいる穴を覗くとチラリと大きな魚影。
「お!チヌだな」

チラリチラリと瞬間しか見えませんが、なんとかゲット!

別の場所では久しぶりの石鯛ゲット♪
2017.07.24大漁2

チヌが43センチ、石鯛が35センチでした。


「ああそうだ、潜れる時にホシノさん用にタンパク質もしっかり確保しておかないと」
と思い、普段はあまり突かないバリなんかも捕獲。
バリは調理法次第ではとても美味しい魚なんですが、毒を持った背ビレを持っているので危険を回避するために普段はあまり積極的には突きません。


「さあ、それなりに獲物も獲れたしそろそろ上がろうかね」
と思っていたら、水底で何かが動いたような気がして確認のために潜水。

岩棚の下を覗いてギョッとします!
大きなアラ(クエ)!!

一旦水面に浮上し息を整えます。
「少なく見積もっても50センチはあったぞ。よし、今日はあのアラをゲットして有終の美だ!」

再度潜水。
先ほどの岩棚を覗くと、まだ同じ場所にいます。
ドキドキドキドキ・・・。

「これだけ大きな獲物だから首の付け根をよく狙って・・・。頭蓋と脊椎の接合部に矛先を入れる感じで・・・」
と思った瞬間にはじけ跳ぶように反転するアラ。
瞬時に岩の奥に隠れてしまいました。

「失敗した!欲を出して狙い過ぎてしまった。魚突きでも射撃でも何も考えずに反射的に撃った方が当たると分かっていても、久しぶりに見たアラに対して平静じゃいられなかった」

何度か潜行を繰り返し、しばらくアラが逃げ込んだ穴の中を凝視しますが、当然ながら隠れてしまって気配なし。
もうこうなるとどうしようもありません。
完敗!!


結果自体は大漁♪
2017.07.24大漁3
海水浴の家族連れの皆さんの間を魚をぶら下げながら上がってきました(笑)。

「うおっ!スゲっ!!」
なんて言われながら・・・。

しかし大物を逃がしたので本人は忸怩たる気持ち。
「ああ、あの大きなアラが獲れていたらなあ・・・」

ガックシ(涙)。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓あたっても多分獲れてないよっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード