食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

癒着

本来なら勢子が3人で競る広い場所を若き勢子が一人で競ってゲットしたイノシシ。

2013.11.16癒着1

35kgほどのオスイノシシを刺し止めです。

まったくキミは凄いね…。




で、このイノシシくん、股座を見ると何だか変です。

2013.11.16癒着2


毛を剥いてみるとこんな感じ。

2013.11.16癒着3


やっぱり変…。



これは他の大きなオスイノシシから牙で切り裂かれた傷の痕跡です。

オスイノシシは常に他のオスイノシシと縄張り争いをしていますし、それが成獣になるかならないかの小さなものでも容赦はありません。

縄張りに入ったためにやられたのでしょうね。




このイノシシを解体してみると、色々な臓器が不自然に癒着しているし、お肉の間からも黄色っぽい色の体液が沁み出してきます。
(膝に水が溜まった時の体液の色と言えばお分かりでしょうか)


残念ながらお肉はすべてワンコの餌になりました。




自然の中で生きるって本当に大変な事だと思います。




↓思わず自分の股間を押えてしまった方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント
いずれにしろ
長くは生きられなかったかもですね。早く成仏されて良かったかもですね。
2013/11/14(木) 08:14 | URL | kent #-[ 編集]
No title
生きるって大変だ!!

でも、そういうお肉の味も確かめてみたいものです。
2013/11/14(木) 17:55 | URL | やんま #-[ 編集]
No title
あらら・・・
前回のお肉は、とてもおいしそうでしたのに、こんな事もあるんですね・・・
2013/11/14(木) 20:55 | URL | EYW #6GgKOieI[ 編集]
生存競争て
すごいの一言ではないですが、
彼は生き抜いてたんですね。
多分撃たれなくても、
感染症と臓器不全にはなってるから
短かったでしょうね。
考えさせられます。
2013/11/15(金) 03:57 | URL | sea #WVb5vgCk[ 編集]
三人分働いて急所にナイフで1突き、凄いですね。

増えていると言われてる猪ですけど、人知れず土に還るものも多いでしょうね。病院もなにも無い世界で自分の力だけで生きていくってのは大変…。
2013/11/15(金) 22:26 | URL | マル #-[ 編集]
kentさん
はい、野生ではそう長く生きることは出来なかったでしょう。
可哀想ですが自然の生存競争の厳しさを見ることが出来ました。

2013/11/16(土) 01:47 | URL | じゃん #-[ 編集]
やんまさん
はい、大変だと思いました。

お肉は感染症などがあったらいけないので、ワンコの餌になりましたよ。(茹でて与えます)
2013/11/16(土) 01:49 | URL | じゃん #-[ 編集]
EYWさん
ええ、残念ながら…。
こればかりはしょうがないですね。
2013/11/16(土) 01:51 | URL | じゃん #-[ 編集]
sea さん
はい、野生で生きるって大変だと改めて思いました。
おそらくこのままでも長くはなかったでしょうね。
2013/11/16(土) 01:53 | URL | じゃん #-[ 編集]
マルさん
先日はありがとうございました。

ええ、彼は本当にすごいですよ。
これからの狩猟界を背負って立つ人材だと思います♪

実際のところ、野生でひっそりと死んでいく個体も多いでしょうね。
2013/11/16(土) 01:57 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
こちらのエゾ鹿でも時々ありますね。怪我をした痕などは表面上なんとも無くても解体すると黄色い体液まみれで癒着していたりとか。古い銃弾が体から出てきたのもあります。
2013/11/18(月) 18:21 | URL | 知床桜 #-[ 編集]
知床桜さん
エゾシカでもありますか…。
イノシシの大きな個体では傷の無いものを探す方が難しいくらい、大なり小なりの傷を負っています。

中には酷く膿んで筋肉組織の中に黄白色の膿の塊があったりします。
そんな個体は匂いも酷いですね。
(腐ったクジラほどではないでしょうが)

野生で生きるって大変だと思います。

2013/11/18(月) 21:39 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード