食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

鹿の刺身

これは鹿刺しです。

鹿刺し


とっても美味しい♪

味は、敢えて言えば「馬刺しをもっと甘くしたような味」ですかね。

でも、鹿刺しは鹿刺し独自の味なんです。

醤油やポン酢に生姜やニンニクを薬味に入れて食べます。



ところが近年、鹿刺しを食べた人がE型肝炎にかかる事案が報告されています。

厚生労働省や保健所では鹿肉の生食の自粛を求める呼びかけをしていますね。

【厚生労働省のHPより】
食肉を介するE型肝炎ウイルス感染事例について(E型肝炎Q&A)

厚生労働省は
【社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進、並びに労働条件その他の労働者の働く環境の整備及び職業の確保を図ることを任務とする】
ので、病気になる可能性のある食べ物を食べないでくださいと呼びかけるのは当然なことでしょう。
(公衆衛生の向上及び増進の部分が食品に関する箇所ですね)

これを読んで
「食べるのをやめよう」と思われる方は食べなければいいでしょうし、
「今まで食べてきても全然平気だったし、なにより美味いから食べよう」って思う人は食べ続ければいいのでしょう。

まぁ、普通の食品でも腐ったものを食べれば食中毒になるし、食べ過ぎればお腹をこわしたり、肥満になって成人病の危険が増したりしますよね。


私は「食べることは自己責任」だと思います。



話は変わるんですが、品揃えの良い近くのお肉屋さんで
「新鮮!牛生レバー」
と書いてある美味しそうなレバーが売っていたんです。

店員さんに
「これはレバ刺しで食べれますか?」
と聞いたら、申し訳なさそうに
「すみません、その質問には答えられないんです。でも、とても新鮮な商品に間違いはありません。察してください」
と答えられました。

保健所とかの指導でそうなっているんでしょうけど…。

レバ刺し大好きなんで買いましたよ♪
とても美味しかったです。






関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
じゃんさんと行動パターンが似ているようです。私も昨夜そのサイトを読みました。肺吸虫症は一度冷凍すれば大丈夫なのでE型肝炎はどうかな?と思い調べましたが、冷凍してもダメなんですね。料理屋や旅館で食べる生肉はどうなのかな?自己責任とは言えないと思いますが。
2009/09/30(水) 07:53 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
川ガニさん
そうですね、職業として食品を提供する側が「リスクを知らない」「リスクを知っているのに提示しない」のは、その職責上問題があると言わざるを得ませんね。
「こういうリスクがありますよ」と提示した上で、お客様が「それでも刺身で食べたい」と言った場合にのみ提供するというのはどうでしょう。
でも、そんなことやってたら怖がって誰も食べないか(笑)。

2009/09/30(水) 09:36 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
料理屋でイシダイを食べた人がシガテラ毒にあたった事件がありましたね。そんなの見て判らないし、店側としてはとんだ災難でした。かと言って「刺身食べてあたっても知らないよ」とは言えないだろうし・・・(^^;
カツオの身などにときどき入っている、人には無害の寄生虫でも、クレーマーにかかると大事になってしまうから、お店やるのも大変だ。
2009/09/30(水) 09:52 | URL | seravi #plLqP/YM[ 編集]
seraviさん
そうですね、そういったイレギュラーの場合は難しいですね。
かと言って
「できる限り新鮮なものを衛生的に調理いたしましたが、この刺身には寄生虫や食中毒菌のついている可能性がありますよ。予期できないけどシガテラ毒なんていうものも含まれている可能性がございます」
なんて説明されたら食べる気無くなりますよね(笑)。

職業として食品を提供する側は、お客様に安心・安全な食品を提供する義務があると思います。

しかし、100%安全な食品というものは無いと思うのです。

難しいですね。


2009/09/30(水) 11:40 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
この刺身は・・・血抜きが上手にできていて すばらしい
2009/10/01(木) 11:48 | URL | あいべり #-[ 編集]
あいべりさん
血抜きをされた川ガニさんがすばらしいんです(笑)。
鹿は特に血抜きをしっかりするかどうかで、味が全然変わってきますものね。
美味しゅうございました。。。
2009/10/01(木) 23:21 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード