食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

教習射撃申請

初心者講習の試験に合格したら、いよいよ次は実技です。
実技試験である「教習射撃」を受けるために教習射撃資格認定申請を行ないます。

ここら辺から書類関係が大変になってきます。

再び銃砲店に行って
・教習資格認定申請書×2枚
・領収証紙納付書 (警察で7900円の収入印紙を買って貼り付ける)
・経歴書(過去10年間の職歴、住所暦、犯歴等を記入)
・同居親族書
診断書
これらの書類を揃えます。

更に
・戸籍抄本(本籍地でしか取得できません)
・住民票(続柄、本籍地の記載された家族全員のもの)
なども必要なので揃えます。

他にも
・「講習終了証明書」のコピー(猟銃等講習会合格時に交付されたもの)
・写真 2枚 36mm×24mm
・印鑑
等が必要です。

これら必要書類を持って再び警察に行きます。

ここでちょっとしたハプニングがありました。
初心者講習の申込みをしたときと、戸籍抄本の本籍地の番地が違っていたのです。
初心者講習の申込みときは戸籍抄本も住民票も提出しなくてよかったので、私が間違って覚えていた本籍地の番地を記入していたのです。
当然、講習終了証明書には間違った本籍地が記入されていました。
事情を説明すると、係の方も初めてのケースのようで、あちこちに電話をかけていました。
なんとか無事に訂正していただき、書類を受理していただきました。
(書類は常に正確に!)

それからまた聞き取り調査が行なわれ、初心者講習の申込みの時と同じ質問がされました。
今回は更に
・猟銃はどこから入手するのか
・どんな猟銃を入手するのか
等についても聞かれました。

それらが終了して
「約1ヵ月後に射撃教習の許可が降りるかの連絡をします」
と言われて終了です。

この1ヶ月の間に身辺調査や前科などの調査がされるようです。
当然、この調査に引っかかった人には許可は下りません。

射撃講習の許可が下りる時間や厳しさは、県や担当の警察署によって様々のようですね。


許可が下りると「射撃教習認定書」が交付されます。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード