食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

鳥撃ちの時に見つけた鹿の屍骸。

2013.02.14亡骸

田舎道とはいえ、国道から50メートル程しか離れていません。


畑に張り巡らされた鹿除けネットに引っ掛かり、そのまま死んだのでしょう。

角は無いのでメス鹿ですね。



鹿がネットに引っ掛かって死ぬまでの長い時間を考えるとかなり可哀想な感じがしますが、どこの畑にも張り巡らされた鹿除けネットやフェンスや電柵を見ると複雑な気がします。


農家の方も鹿もどっちも必死なんだろうな…。





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
畑を荒らすシカ
んん~、なんて言っていいのか…

私自身は、狼を放つのが生態系として一番良いと思いますが、人間被害もあるから無理でしょうね。

肉食動物がいないのだから、今は人間がするしかないですね。

でも、本当の害獣は人間なのかもしれませんね。
それを理解して自然とうまく共存して行くことが課題なのだとおもいます。
2013/02/15(金) 23:49 | URL | やまがた #-[ 編集]
やまがたさん
オオカミを放すという構想もあるようですが、(ロマンはありますが)実際問題として無理でしょう。

>本当の害獣は人間なのかもしれませんね。
はい、そのオオカミを日本から絶滅させてしまったのも人間ですしね。
共存の道を探ることと、どこかで線引きをすることが必要なのだと思います。

難しいですね。
2013/02/16(土) 00:10 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
そういえば、数年前の春先にうちの近所の林道脇の水路(林道から2mくらい下)に
シカの死骸が2頭分折り重なって倒れていた事があります。

山の中で民家や田畑無し、電気柵も獣よけネットも何も無いところで、
何が起きたのか、未だに謎です・・・
2013/02/16(土) 01:44 | URL | EYW #-[ 編集]
No title
残酷では有りますが、全ての野生動物にとってその生涯の終わりにハッピーエンドは用意されてない筈です。人間に捕獲されない場合も、野生動物にとって年を取るということは、弱肉強食の世界で、自分が食われる側に回されるという運命に1歩ずつ近づいてる訳ですしね。
2013/02/16(土) 20:44 | URL | モモジ屋 #-[ 編集]
EYWさん
私も先日の猟で、防火水槽の中に鹿が死んでいるとの話を聞きました。
それも山中だったのですが…。

落ち込んで上がれなくなったのでしょうが、何故入ったのかは謎です。
2013/02/18(月) 19:49 | URL | じゃん #-[ 編集]
モモジ屋さん
野生動物にとってのハッピーエンドってなんでしょうね?
少なくとも寿命を全うして死んでいくことではないでしょう。
やっぱり我々人間も日々を精一杯生きなくては!と思ってしまいます。
2013/02/18(月) 20:00 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
野生動物にとって、自分が生きる事は次の子孫を残す為でしょう。
一つの固体は、死んでも別の固体として腫の存続を図るために精一杯生きているのでしょう。
まぁ、中には、何時の間にか勝手に増えすぎてる種もいますけどね。
困ったもんだ。
2013/02/18(月) 22:12 | URL | モモジ屋 #-[ 編集]
モモジ屋
今はあまりにもイノシシや鹿が増えすぎていますね。
困ったもんです。
2013/02/19(火) 04:18 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード