食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ボスザル

ある日、山間部を走行していると、なにやら田んぼの中に動く影。(←ゆっくり風景を楽しむことも出来ないハンターの悲しき習性です)
2013.01.11ボスザル4


「お!サルがいる」

と思って見ると結構な数の個体がいます。

2013.01.11ボスザル3
これは親子ですね。

2013.01.11ボスザル5
昼間は電柵の電源を切っているから平気な顔で乗り越えています。



ひとしきり写真を撮ったり双眼鏡で覗いたりしていると、道路からさほど離れていない場所に一際大きなサルを発見!
2013.01.11ボスザル6


筋肉質の大きな体。

鋭い眼光でこちらを睨みつけています。


「こいつがこの群のボスザルだな…。」


群を護るために、これ以上何かをしたらすぐに威嚇行動に移りそうな気迫。


「わかったわかった、写真も撮ったしもう離れるよ。(サルは非狩猟鳥獣なので撃てない)」



「おととい来やがれ!へなちょこハンターめ!!」

とでも言わんばかりに、キャンタマ美しい体毛を風に靡かせながら悠然と去って行きました。
2013.01.11ボスザル



う~ん、貫禄あるなぁ♪






狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
最後の写真でサルの尻が笑ってる顔に見えてしまう。
2013/01/12(土) 10:11 | URL | デビラ #mQop/nM.[ 編集]
No title
あの電柵とメッシュはイノシシ用のですか??
そう言うところが気になっちゃうんですよね~~(笑)
2013/01/12(土) 13:02 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
デビラさん
あ、確かに!
ちょっと天狗の顔のようにも見えますね(笑)。
2013/01/12(土) 20:57 | URL | じゃん #-[ 編集]
kuma仙人さん
この電柵は高いので鹿用も兼ねている感じです。
イノシシだけしか生息していない地域では、膝くらいの高さの電柵しか設置されていません。

う~ん、そういう箇所が気になるんですね~(笑)。
2013/01/12(土) 21:00 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
揺れ方に風格が出ていますね。
2013/01/13(日) 15:35 | URL | 柴田ススム #-[ 編集]
No title
貫禄あるキャンタマですね~!
2013/01/13(日) 16:15 | URL | えーちゃん #-[ 編集]
柴田ススムさん
ええ、見事な揺れ具合でした(笑)♪
2013/01/13(日) 18:34 | URL | じゃん #-[ 編集]
えーちゃん
えーちゃんのとどっちが貫禄ある? (笑)
2013/01/13(日) 18:35 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
通常の狩猟とは別に、「害獣」として駆除していい基準ってあるんでしょうか?
2013/01/14(月) 00:17 | URL | 柴田ススム #-[ 編集]
駆除対象
駆除申請が通れば「対象」になります。
実際のところ私は許可証(期間の限定有り)を持ってます。
この場合「保護区」等「県の規制区域」は関係無くなります。
つまり「鳥獣保護区」内でも駆除です。

2013/01/15(火) 14:21 | URL | 小師匠 #-[ 編集]
柴田ススムさん
小師匠さんが書いてくださっている通り、駆除の許可が降りれば非狩猟鳥獣でも駆除対象になります。

特定の地域に増えすぎて農作物の被害が酷かったり、人間に対して危害を加えた(またはその惧れがある場合)などです。

2013/01/15(火) 22:54 | URL | じゃん #-[ 編集]
小師匠さん
詳しい解説ありがとうございます。

こちらでも鳥獣保護区で駆除やってたりしますよ~。
「保護区の意味ないじゃん!」って思います(笑)。
2013/01/15(火) 22:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード