食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

破壊

10メートルの距離で、3発撃って1発しか中らなかったイノシシ
2012.11.21

胴体の真ん中に中っていますね。



この場所に着弾して、50メートル以上斜面を駆け上って行き絶命。

胃や腸の消化器官じゃ致命傷にはならないから、肝臓に中ったのか?と思いながら解体するけれど肝臓は無傷。



じゃあどこに中ったのかというと、肋骨を1本折って肺を貫き、心臓の中で弾が止まっていました。

食べるために心臓をスライスしていたら見つかりました(笑)。

2012.11.21破壊2


右側が今回心臓の中から取り出した弾。左側は40メートルの距離から中てた弾

至近距離から撃ったので、弾の潰れ方が違いますね。



おそらく3発目に撃った弾です。

「心臓を貫通した」というのは見たこともありますが、「心臓の中で止まっていた」というのはかなり珍しいことです。




「1発目も2発目も10メートルの距離から撃ったのに中ってないなんて…」
とガッカリしていると

「意外と至近距離で中てるのは難しいんだ。射撃場でそんな距離の動的射撃をすることがないから慣れていないし、至近距離を猛スピードで走られるとアゴが上がったり、銃が先走ったりする。」
との先輩のお言葉。


そっかぁ…。




それにしても弾が心臓を破壊して相当の距離を走っていました。

信じられないかもしれませんが本当の話です。




只々、野生動物の生命力に脱帽です。






狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
じゃんさん、そしてお父さん、かっこいいですよ!!
後は美味しく食べるだけ・・・。

ではなく、解体、腑分けが待っているのですから大変だ。
いやはやお疲れさまです。
願わくば、脂の乗った美味しいお肉でありますように。
2012/11/22(木) 06:42 | URL | laseeta #-[ 編集]
No title
1発だけのほうがお肉が痛まなくて結果オーライww
2012/11/22(木) 13:23 | URL | あいべり #-[ 編集]
No title
お見事!

先日「ケーサツ」で
「息子さん(高2)は興味無いの?もしやってみたい!なら、オトーさんは猟友会に馴染みも多いし時期がきたら鉄砲も沢山あるのにネ〜」と言われました。
「全く興味無いんだと!」と答えてチョット歯がゆい?虚しい?感じがしました。
本当は息子と一緒に海や山へ行きたいんです〜〜。。。
2012/11/22(木) 16:26 | URL | 小師匠 #-[ 編集]
No title
おめでとう御座います。親子でお見事!
私は明日が初猟なんですが雨が…
高速使って2時間掛けて山に出向き猟中止でボウズで帰る可能性大です、でも泣かないもん。
2012/11/22(木) 20:11 | URL | tasigi #6kvOfUwg[ 編集]
laseetaさん
この2頭は脂もたっぷり乗った良い個体でした。
山岳グループの方々にお土産に持って帰っていただきましたよ♪

今回は人数もいたので、引っぱり出しも楽でした。
2012/11/22(木) 22:30 | URL | じゃん #-[ 編集]
ありべりさん
そう、「ハートブレイクショット」狙っていました!

ええ、大嘘ですとも…(涙)。
2012/11/22(木) 22:31 | URL | じゃん #-[ 編集]
小師匠さん
ありがとうございます♪

ハンターのお子様で興味の無いお子様は意外と多いですね。
2組も親子でハンターをしているウチのグループは稀なケースでしょうか。

ちょっと小師匠さんの「親父の哀愁」漂っています(笑)。
2012/11/22(木) 22:35 | URL | じゃん #-[ 編集]
tasigiさん
お久しぶりです♪

雨でも気合で出来ますよ(笑)。←と勝手なことを言う。

雨だったら鴨撃ちでしょうか?
私も今年はまだ鳥撃ちに行っていないので、鳥撃ちにも行きたいなぁ。

仕事をしながら泣きそうになるのは同じです(笑)。
2012/11/22(木) 22:40 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード