食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

『横井庄一のサバイバル極意書』

ずっと読みたいと熱望していた本と出会えた。
2012.09.17横井庄一

『復刻版 横井庄一のサバイバル極意書』
アウトドア雑誌「BE-PAL」10月号の付録。


私が小学生の頃夢中になって読んでいた、黎明期の「BE-PAL」に連載されていたエッセイをまとめたもので、グアム島で28年間を生き延びた元日本兵、横井庄一の体験談を綴ったもの。
イラストは遠藤ケイ。


終戦を知らずにグアム島のジャングルを隠れ逃げ、衣・食・住の全てを自分で調達し、害虫や病気や自然災害や孤独と闘い続けた人間の話。


「ロビンソン・クルーソー」などの漂流物や自然災害からのサバイバル読み物と大きく違う点は、追っ手に追われ自分の生活の痕跡を消しながらの生活ということ。

(へなちょこだけれども)ハンターになった私が思うことは、「生きるということはどうやってもそこに痕跡が残る」です。

「食べる」「排泄する」「道を歩く」「寝場所を確保する」、ハンターはそれらの痕跡を辿りながら獲物を追跡する訳だけれども、追っ手から逃れるために足跡を消し自分の生存の痕跡を消しながら28年間も密林の中を逃亡し続けた敗残の兵士…。


自分の存在を消しながらの人生ってどんなものだったのだろう。

文明社会で生きる私には想像も出来ませんが、どれほど壮絶なものだったかの片鱗は本書にて読み取れます。




しかし個々のエピソードには凄いものがあるけれど、飄々とした横井氏の語り口からはどこかユーモアすら感じられる内容です。





「BE-PAL」本誌に横井庄一氏の墓所の写真が掲載されていました。

氏の生前の希望により、そこにはグアム島で命を繋いでくれた小動物のための慰霊碑が建てられているとのこと。






にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
コメント
おっ!!
これあるぞ~、
本棚のどこかに同じ絵が描いてある本がある。

あったあった!!
「サバイバル極意書」の下に、赤い字で「もっと困れ!」って書いてある。
昭和59年2月15日 初版本 580円
もう紙が茶色くなってます(笑)
おれもあの頃は若かったぁ~~~~~
2012/09/17(月) 13:51 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
No title
僕が生まれた年に初版が出ていますが、この人知ってます。
機会があれば読んでみたいです。
2012/09/17(月) 21:53 | URL | たけ #-[ 編集]
kuma仙人さん
そうそう、最初の出版時は「もっと困れ!」っていうサブタイトルが付いていたんですよ。
発行部数が少なく、ネットオークションでもかなり高値で手が出ませんでした。

昔よりちょっとイラストが少ない感じですが、とてもおもしろかったです♪
2012/09/17(月) 22:38 | URL | じゃん #-[ 編集]
たけさん
小学生の時に読んだ内容は強烈でした(笑)。

読み物としても秀逸ですし、内容的にも是非今の若い人に読んでもらいたいです。
2012/09/17(月) 22:40 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード