食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

止め刺しをする理由

私のブログで、何回か「止め刺し(ナイフで半矢の獲物のとどめを刺すこと)」をした経験をアップすることがありました。
2012.04.16あるべきもの2

2012.02.19雪中行軍2



狩猟経験が3年という若輩者ながら、今猟期は苦戦しながら暴れるイノシシも止めることができ自分なりの成長を実感できている次第です。
2012.01.23馬乗り2




「猟銃を持っているのだから、そんな危険なことはしなくてもいいだろう」
と思われる方も多いかと思いますが、猟銃が撃てないこともしばしばあるのです。


銃を撃てない大きな理由は、猟犬とイノシシの格闘にあります。

死を覚悟した半矢のイノシシに犬が絡み、誤射の危険性が高いからです。


「いや、しっかりとイノシシを狙って撃った!」
と言うような状況でも貫通した弾によってイノシシの影に隠れた犬に中る可能性もあるし、貫通した跳弾の危険性や中った骨によって弾丸の軌道が変わることも考えられます。

それにとにかくホンの少しでもイノシシや犬が動けば、瞬時に着弾点の状況が変わります。



猟犬を飼い、使役して山を駆け回ってくれる勢子役から見れば、自分の育てた猟犬は家族も同然です。

仮にイノシシとの格闘中に、どうしようもない状況で犬に弾が中るような結果になっても
「いいさ、いいさ。どうしようもない状況だったのは分かっている」
と言ってくれるかもしれません。

でも、そこにはどうやっても消えないシコリが残ることでしょう。


好きで狩猟をしているのに、そんな事になっても気まずい思いをするだけです。


猟犬に怪我をさせないために刺し止めをする必要があるのだと感じた猟期の経験でした。




また、そういうことを感じるのは、幼少から親父の狩猟体験談を聞いて育ったことも大きな要因です。


「オレが大物猟の修行をさせてもらった所は、昔ながらのしきたりが色濃く残っている場所で、修行中はとにかく撃って褒められた事がなかった。

外したと言っては怒られるし、倒しても中り所が悪いから肉がダメになる、必要以上に撃つと血肉(血液が回った状態の不味い肉)が増えると言って叱られた。

オレはそんなことが無いように気をつけていたけれど、犬に絡んだ獲物を撃ったりする人は長老や勢子から激しく責められた。

そんな感じだからイヤでもナイフを使っての止め刺しを習得した。

そうやって自分の経験から試行錯誤して作ったのが今の大物猟用のナイフさ。」


親父の世代のハンター達が狩猟を始めた頃は、今のようにイノシシや鹿は個体数が多いわけではなく、見上げるような大きな山のほんの一部にしか生息していなかったものです。
(今ではそれらは爆発的に増えて、「え!?こんな場所にいるの?」というような市街地の近くの茂みのような小山に生息していたりしますが…。)

だからイノシシや鹿を狙う大物猟は狩猟の中でも特別なものであったし、趣味というよりも肉を得るという「食料捕獲のための手段」としての意味合いが強かったようです。




また、お肉を美味しく食べると言う点からも、しっかりと血抜きをすることは有効です。
きちんと血抜きをした肉としていない肉では味が全然違いますから。



遊びである狩猟でケガの危険を犯してまで止め刺しをする必要はないのでしょうが、犬に対する安全面からもお肉を美味しくいただく為にも、私はやはりナイフを使っての止めを上手に出来るようになりたいですね。


数えるほどしか止め刺しの経験がないので大きなことは言えませんが、特に相手が大きくなるとビビッてしまって上手く急所に刺せなかったので、次に大きな獲物を解体する時には急所と骨の位置関係をしっかりと再確認しておこうと思います。




にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2011.12.20ハンター
映画『ハンター』公式HP
関連記事
スポンサーサイト
コメント
いつもハラハラドキドキするブログ楽しませてもらってます(⌒‐⌒)

ナイフを使っての止め刺しは大変危険なので十分注意してくださいね(^○^)

2012/05/27(日) 05:26 | URL | カッターナイフの魔術師 #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/05/27(日) 16:31 | | #[ 編集]
流石です。
流石じゃんさん。

ただ者ではない!罠師はともかく、銃猟のハンターでナイフを使いこな

す人は余り見かけ無いです。罠師でも丸太棒若しくは槍が殆どみたいです。

近所のハンターは午後の猟で猪を半矢にし犬が追いつめた時は夕暮れ時

もたもたしてて日が暮れてしまい、銃を撃ったグループがありますが

呼び出され怒られ取り上げられたグループがあります。

ナイフ さえ使えればこんなことはなかったと思います。

自分も何年かは地元のグループにお世話なった事があります

がナイフを使っての留めは経験がなかったです。

怪我をなさらないように!

2012/05/28(月) 13:01 | URL | kurosibahanako #-[ 編集]
カッターナイフの魔術師さん
いやいや、ハラハラドキドキなのは初心者に対する心配感からでしょう(笑)。
もっとすごい事実を知っているカッターナイフの魔術師さん達に早く追い付きたいものですよ♪
(一生無理だろうなぁ…)
2012/05/28(月) 23:55 | URL | じゃん #-[ 編集]
秘密コメント様
コメントありがとうございます。
内容了解いたしました。

よろしかったら
capturefood@yahoo.co.jp

までメールいただけますか?
2012/05/28(月) 23:56 | URL | じゃん #-[ 編集]
kurosibahanakoさん
ありがとうございます。本当にケガなく無理しないようにいないといけませんね!

私なんか未熟者もいいとこですが、身近に良い先生がたくさんいるので、貪欲に色々なことを吸収していきたいです!!
2012/05/28(月) 23:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード