食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

トレース

巻き狩りのとあるラウンド。

結構な数の獲物が出て、あちらこちらで発砲音。



私の待ち場と隣の待ちの人の間を縫って鹿が飛び出す!
横撃ちの危険があったので、完全にやり過ごして発砲するけれど中らず…。



親父も飛び出してきた鹿に発砲!
弾は確かに中り、半矢になった鹿はそのまま逃走。

隣の待ちの人の前のブッシュを駆け上がって行ったそうです。


「肺の近くに中った。血を噴いたのが見えた。」


競り終わり、上がっていった斜面を登っていくと…、
2012.01.28トレース1


あった!
2012.01.28トレース2
僅かな血痕。


さらに…
2012.01.28トレース3

次は…
2012.01.28トレース4
これだけ血を流していたら致命傷に間違いない。

どこかで倒れているはず。


付近にいた3人で点々と落ちる血の跡をつけます。
2012.01.28トレース5

焦らずゆっくりと、ゆっくりと…。


獣道の分岐点になるとしっかりと半矢の獲物が向かった方向を探します。

「考えろ、自分が手負いの鹿だったとしてどちらに向かうか…。」

「これだけ血が出ているんだ。もう急斜面を登る力は残っていない。楽な下りの広い獣道を行くはず。」


しかしその考えは甘く、2つほど小さな尾根を駆け上っています。
2012.01.28トレース2



次第に血の量が少なくなります。

「もう落とす血も無いくらいに出ているんだ…。」



この近辺に倒れているはず、と思いながら進んでいくと、一人が谷底を走っていく鹿を発見!


「まだ走っているなんて…」


猟隊のメンバーに連絡し、急いで山を小さく囲んでもらい犬を放します。


すぐに犬が追い付き勝負あり。
2012.01.28トレース7

2012.01.28鹿4頭4


親父の撃った弾は、肺から入って横隔膜を破壊する致命傷。

それなのにこの距離を走っているとは…。



結局この日獲れた鹿は5頭。
2012.01.28鹿4頭1
(この中は4頭しかいません)


それと17kgのメスイノシシ。
2012.01.28トレース1



いい経験をさせてもらいました。

野生動物の生命力に只々脱帽です。




やっぱり「鹿が矢に弱い」なんてウソだな!





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

2011.12.20ハンター
映画『ハンター』公式HP



関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
すごい生命力ですね。追跡される方もすごい。
2012/02/01(水) 09:34 | URL | デビラ #-[ 編集]
デビラさん
ええ、今回はかなりビックリしましたよ。
なんとまあ、野生に生きる動物は逞しいものだ!と実感しました。

本当にいい経験になりました。
2012/02/02(木) 01:39 | URL | じゃん #-[ 編集]
お久しぶりです!
やってますね~(^o^)/
狩猟期間もあと僅かですが頑張って下さいね(^^♪
こちらは大雪に見舞われ、出猟さえも出来ません(涙)
1月31日で鴨猟も終わりましたし・・・・
後は春の熊の有害駆除を待つしかありませんね(´ε`;)
2012/02/04(土) 10:28 | URL | がちゃぴん #-[ 編集]
がちゃぴんさん
こちらでも豪雪のニュースが連日流れてます。
何のお力にもなれませんが、ご用心なさってください。

鳥猟は2月15日までですが、イノシシ・鹿は猟期が延びて3月15日までなんですよ~。
その頃はヒヨドリの有害鳥獣捕獲もあるし。

体が休まるヒマがありません(笑)。
2012/02/04(土) 11:01 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード