食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

鴨?合鴨?

先日のスッポン釣りをしている最中のこと。



静かにアタリを待っていると近付いて来る物体が…。






2011.06.23外来種


マガモのオス!?


いやいや、渡り鳥だからこの時期には鴨は北に渡っているはず。




以前親父に教えてもらったアヒル(合鴨)と真鴨の違いを思い出そうと試みます。



2011.06.23外来種2


模様だけ見たら完璧に真鴨ですね。

しかしこの時期に日本にいるし、大きいからたぶん合鴨だろうけど自信ないなぁ…。




もしこの合鴨を猟期に猟場で見かけたら間違いなく撃っちゃうな(爆)!




精進しようっと(笑)。




にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
虫歯 | HOME | 外来種
コメント
No title
今日は、昨日和歌山では他府県在住の地元出身者がヤマモモを取っていて、運悪く猿の捕獲中の猟師に猿と間違われて撃たれて亡くなったとテレビ報道がありました。
近畿だけではなく全国ネットで報道されたと思います。
痛ましい事故ですがこれは完全に矢先の不確認です。
この7月2日に技能講習検定がありますので今非常にぴりぴりしてる所です。ライフルなので射撃も勿論ですがマナーが厳しく言われます。肉親にしたら田舎に帰って何でなのと思うことでしょう。南無
2011/06/27(月) 13:51 | URL | kurosibahanako #-[ 編集]
どちらも美味いが(笑)
姿を現して飛び去ってしまえばマガモ、飛ばないか、飛んでも短距離だったら合鴨でしょう。え?飛んじゃったらマガモとわかっても撃てないだろうって?よく気付きましたね(爆)
2011/06/27(月) 15:26 | URL | seravi #plLqP/YM[ 編集]
簡単な見分け方
美味しく食べれたらマガモ、食べた後に胸焼けしたら合鴨です。胸焼けしたら慌てましょう(爆)
2011/06/27(月) 22:40 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
kurosibahanakoさん
お久しぶりです。

また痛ましい事故が起こってしまいましたね。
本当に悲しいことです。
被害者の方のご冥福をお祈りいたします。
2011/06/28(火) 12:19 | URL | じゃん #-[ 編集]
seraviさん
半矢のマガモの場合が困るんですよね~。
それに飛んでない鴨に射掛けることも多いし…。

むずかしいで~す(笑)。
2011/06/28(火) 12:21 | URL | じゃん #-[ 編集]
川が二さん
そっかー、「食えばわかる!」ですよね。

でも、野生で暮らしている合鴨の味はマガモと遜色ない感じがするのですが、違います?
2011/06/28(火) 12:24 | URL | じゃん #-[ 編集]
見分け方
捕れたらマガモ、逃げたら合鴨というのはダメなのでしょうか?

いくら写真見ても、判断できませんでした^^;
2011/06/28(火) 13:10 | URL | セカンドライフ #-[ 編集]
セカンドライフさん
はじめまして!コメントありがとうございます。

そうなんですよね、私もどこか違いは無いか?と凝視していたのですがわかりませんでした。
フレンドリーなヤツは合鴨ということにしたいのですが、真鴨を餌付けしている場合もあるそうなので…。

難しいですね(笑)。
2011/06/28(火) 19:31 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
これは日本国中の誰も知らないことですが、脚の付け根にJASマークが付いていたら合鴨です。

時にはMADE IN CHINA なんてロゴが入っていることも。

いずれにしても捕獲したら脚の付け根を良く見てみることです。

のほほ
2011/06/29(水) 11:34 | URL | しぇふ #-[ 編集]
しぇふさま
なんと!そんな簡単な見分け方があるとはっ!!
目からウロコです。

わかりました、足の付け根のJASマークを探してみますね。
なんてったって「農林物資の規格化及び品質表示の適正化」に合格した証ですものね~♪

のほほ~(笑)。
2011/06/29(水) 22:13 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード