食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

昼間の潜りは濃霧でGO!

休みの日に目を覚ますと、まず電話で天気予報を聞くのが習慣。

「昼前まで曇り、午後から晴れ。波高1メートル。濃霧注意報が出ています…」
と天気予報のお姉さんの声。


前日にウナギ獲りに潜って来たけど、今日も絶好の潜り日和。

ちょっと一潜り行こうかな~。



海に着くと濃霧注意報が出ているだけあってベタ凪ぎ。
2011.05.10霧

水もよく澄んでいます。

ナイトダイビングもいいけど、やっぱり天気の良い時もいいよなぁ~!




さあ、これから潜ろうかという時に釣り人が来られたのでご挨拶。

「この辺りはスズキやヒラメはいますか?」

「いやー、この辺りでしょっちゅう潜っているけどほとんどいませんねぇ。あそこら辺だったら潮が良く流れるし、餌になるアジゴなんかもいるから釣れるかも」
とポイントを伝えます。

「実は今日はカレイを釣ろうと思って専用のルアーを買って来たんですよ。この辺にカレイはいますか?」

今日はフグ専門に狙いを絞っていたので、やって来たのはフグばかりがいる砂浜。
アラカブやボラなんかは時々いますが、カレイは見たこともない場所です。

しかし新品のルアーを嬉しそうに持って目を輝かせている釣り人にそんな事は言えるはずもなく
「カレイは岩礁と岩礁の間の砂浜によくいるから、そんな所を選んで攻めてみるといいと思いますよ」
と答えます。



潜り始めてみるとやはりフグばかり。
しかもすごく少ない。
2011.05.10霧3


まだ水も冷たいし、全体的に小魚も少ない感じ。

時々1メートルくらいあるアカエイがいる程度。




水面に顔だけ出して先ほどの釣り人を見てみると、ウェーダー(釣用のバカ長)を履いて腰まで水に浸かってルアーを投げています。

「立ち込んでの釣りはまだ寒いだろうなぁ。何でもいいから釣れるといいな」
ほとんど何も魚がいない水中から思います。



30年以上も海の中を見てきましたが、近年本当に魚が少なくなりました。
そりゃーもう悲惨なくらいに…。

様々な複合的原因が関係していると思いますが、磯焼けが進み小魚さえもほとんどいません。




潜って砂浜の表面や岩礁の穴の中を丹念に探しますが、大きな魚は居ず。
小さなアラカブやベラなんかは時々見かけますが、カレイなんていません。

「やっぱりカレイはこの場所にはいないよなぁ~。過去に見たこと無いもの。
潮通しの良いカレイ向きの場所で潜っても、大きなヤツは年に1匹か2匹しか見ないしなぁ…」
















って、思っていたら42センチのマコガレイゲット!
2011.05.10霧4



普段だったらあの釣り人に差し上げたいところだけど、今日は母の日。
カレイはお袋の大好物でもあります。

こそこそと獲物を隠すように海から上がります。

「ごめんなさい、ウソつきました。カレイいました(笑)」



海から上がって着替える頃には濃霧で海面が見えなくなります。
2011.05.10霧2
(同じ場所から撮影)






それから実家に帰ってウナギを捌きます。

2011.05.10霧5JPG

ウナギを見つめるジャン。
「これはあの美味しいヤツだ♪」

早くもヨダレ垂れています(笑)。


2011.05.10霧6JPG

いつものように蒲焼、それからパリッと素焼きにしたものでウナギ茶漬けにしました。

美味しかったぁ~。



ごちそうさまでした。

今日も自然の恵みに感謝です♪





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
年中うなぎ食べてますね(笑)。
2011/05/12(木) 09:36 | URL | しぇふ #-[ 編集]
しぇふさま
いえいえ、資源保護のために季節に1回食べるくらいですよ(笑)。
食べる数は圧倒的にアナゴの方が多いです♪
2011/05/12(木) 21:06 | URL | じゃん #-[ 編集]
あえて
あえてそこは、
釣り人の前を
カレイのエラに笹の葉を通して
肩にからって歩いて欲しかった(爆)
2011/05/14(土) 09:46 | URL | 魔王 #-[ 編集]
魔王さん
いやー、普段は獲物は見せびらかすんですけどね~。
さすがに今回は遠慮しました(笑)。
2011/05/15(日) 21:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード