食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

疥癬(かいせん)

2011.02.11感染

山を歩いていると狸の死骸が…。
毛は禿げ、皮膚はカサブタのように盛り上がっています。

ダニから感染する疥癬(かいせん)病ですね。
野生界の狸にはかなり流行しているようで、疥癬で死んだ狸を見るのはこれで3度目です。



30年ほど昔は、日本中で狸が増えすぎ有害鳥獣として高額の捕獲報奨金が出され、狸の捕獲だけで専業ハンターとして生活していた人もいたそうです。


しかし今は疥癬症で狸は壊滅状態…。




今後はどうなるんですかね~。

あくまで素人の考えですが、病気に耐性を持ったり、抵抗力のある個体が出てきて、またジワジワと増え始めるんじゃないかな?

生息密度が低くなると、病気に感染する確率も低くなりますしね。




じゃあ現在問題になっている、増えすぎたイノシシやシカは!?

これもそんなに永続的に続くわけではないのでは…。


色々な理由があるのですが、個人的にはそう思っています。





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村




関連記事
スポンサーサイト
コメント
忍耐
疥癬の流行には周期があるようですよ。こちらでは終息期にあるようです。
動物は増えすぎると絶滅の危機に晒されるようですね。中途半端に駆除せず、大量増殖でどうにもならない時期まで待てば、やがて終息して激減する可能性もあります。でも、そこまで待つ忍耐力はないでしょうね(笑)
2011/03/02(水) 18:36 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
川ガニさん
そうですね、野生動物の増減は割と大きな周期で起こっていると思います。
様々な複合的要素があるのでしょうが…。

しかし農家の方にとっては死活問題だから、そうも言っていられませんね。。。
2011/03/02(水) 20:36 | URL | じゃん #-[ 編集]
怖い
川ガニさんの仰ること、なんか分かります。増えすぎたエゾシカもこちらでは大変なことになってますが、突然どっと減りそうな気がします。それが口蹄疫が原因だったらシャレになりませんね~酪農は壊滅的かも…人も増えすぎたらどうなるのかしら~今の内にケーキいっぱい食べとかなくちゃ♪
2011/03/02(水) 21:48 | URL | 小隊長 #-[ 編集]
小隊長殿
そう、どんなに繁栄を誇った生命もいつかは滅びの時がやって来るのです。
口蹄疫や鳥インフルエンザ…、現在でも原因となる病気がいくつかありますね。

人口が減少に転じた日本も同じようなものかもしれませんし…。
と言いつつ缶ビールをプシュッと開けて現実逃避する私(爆)!
2011/03/02(水) 22:12 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード