fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

今日も大猟♪

今日も朝から大物猟。






そして今日も親方のくくり罠に鹿が2頭(笑)。

2010.11.21後ろから来た3
これは30kg。

2010.11.21後ろから来た2
これは37kg。


朝早くからメンバーの皆で分担して見切りをします。
「見切り」とは足跡や餌を食べた跡などでイノシシや鹿がどこの山に寝ているかを特定する技術です。

先輩ハンターの話を聞いていると、まるでそこの山の中の隅々まで覗いてきたように「あの山に60kgくらいのイノシシが寝てる」「こちらは反対から抜けの足があるから空山だ」なんて会話が飛び交います。

2010.11.21後ろから来た5
(これは泥浴びをしたヌタ場)

2010.11.21後ろから来た6
(これは餌場に通ってくる獣道)


現在その見切りを修行中ですが、天気や乾燥状態で足跡の見た目もまったく変わってくるし、これがホントに難しい!
素人目には真新しい跡でも、雰囲気やわずかな状況証拠で、ベテランハンターが見た瞬間に
「これは1日古いからダメ」
となってしまいます。

本当にハンターというのは特殊能力に近いものだと感心しますね(笑)。





作戦会議をして、ここぞという山の配置を決めます。

2010.11.21後ろから来た9
ベテランハンターの皆さんについて行きつつ、過去の獲物の逃走経路などを小声で教えてもらいながら配置に付き、射撃手が山を取り巻いて巻き狩りのスタート。



今日の待ちはこんな感じ。山向こうから獲物が駆け上がってくる獣道です。
2010.11.21後ろから来た8

左右にも分かれていて両側にも待ちの人がいます。





私は残念ながら獲物との遭遇はありませんでした。



かなりの頭数の鹿やイノシシが出ますが、包囲網が手薄な箇所を突破されたりして、17kgの子鹿と16kgの子イノシシが1頭ずつ。
2010.11.21後ろから来た1

2010.11.21後ろから来た2




初猟からずっとかなりの獲物に恵まれていますね。

今日もよく遊びました♪





にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト



コメント
大猟
しばらくは、お肉やさんに通う必要ないですね(笑)

うらやましい

牛肉の味忘れてしまいません?(笑)
2010/11/22(月) 20:41 | URL | 魔王 #-[ 編集]
No title
後ろに見えるのは『解体小屋』みたいな所なんですか?
大型獣を解体する時は血や内臓なんかが大量に出るのでしょうから・・・

でも、じゃんさんは自宅マンションで解体しているのですよね!つくづく凄いです~
2010/11/23(火) 13:37 | URL | 晴釣雨読 #-[ 編集]
No title
好調ですね~
今度ハムの作り方詳しくおせーてください
2010/11/23(火) 14:39 | URL | あいべり #-[ 編集]
大分にも来て!
素晴らしいチームですね!大分は鹿、猪の被害がかなり酷いのにハンターはへなちょこが多いので取り逃がしてばかりです。あ、へなちょこは私たちですが(爆)
2010/11/23(火) 23:33 | URL | seravi #plLqP/YM[ 編集]
魔王さん
うちは貧乏なんで、牛肉なんて食べたこともありません(爆)!
2010/11/24(水) 12:37 | URL | じゃん #-[ 編集]
晴釣雨読さん
後ろはいつも解体させてもらっている場所です。
ハンター仲間の方が専用に場所を設けています。

いえ、好きでマンションで捌いているわけではなく、出来たらこんな専用の場所が欲しいと思っているのですが…(笑)。
2010/11/24(水) 12:39 | URL | じゃん #-[ 編集]
あいべりさん
ほとんどボウズで帰ることはないのですが、今年は特に好調みたいです。
昼過ぎには終わってたりするし(笑)。

生ハム、私も試行錯誤していますが、私の拙い作り方でよければ…。
2010/11/24(水) 12:48 | URL | じゃん #-[ 編集]
seraviさん
ヘナチョコは私も同じなので、何も言えません(笑)。
2010/11/24(水) 12:49 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード