食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

なぜ猟期は冬場なのか?

短い期間ながらも猟期と有害鳥獣捕獲活動を経験して、それまで見えてこなかったことについて書いてみます。


日本では、狩猟のできる期間(猟期)は原則として冬場に設定されています。
親父がハンターである家庭で生まれ育った私は、教えられるともなく「猟期=冬」という図式がインプットされていました。
2012.02.19雪中行軍11


なぜ猟期は冬なのか?

1点目は「野生鳥獣の保護」ですね。
野生鳥獣は原則的に春に子供を産み育てるものが多く、秋には巣立っています。一年の冬季を猟期として定めることは、狩猟鳥獣の保護に繋がります。


2点目は「安全面」でしょうね。
茂みや藪が深くて誤射などの事故の可能性も高くなる。
また、暑くて山歩きが辛く、体力を消耗して判断力が鈍る。
スズメバチやマムシ、毛虫などの危険な生物が多い。
などの理由が挙げられます。
蚊やブヨなども多く鬱陶しいですしね。


3点目に「猟期以外の獲物の味」です。
ハンターになる前は「猟期以外の獲物は不味い」ということを誰からともなく聞いていました。
それは確かに事実でもあり、事実でない部分もありました。

イノシシやアナグマ、鴨やヒヨドリの場合「不味い個体=痩せて脂身の無い個体」と言えると思います。
一般的にお肉は脂身が美味しいですからね。

イノシシの場合、ドングリなどの木の実がある秋からタケノコや木の芽がある春は比較的山の中にエサが多くて太っているけれど、夏場はエサが少ないために痩せている個体が多いです。
しかし針葉樹林に住んでいるイノシシは、もともとエサとなる木の実などが少なく秋にも痩せている個体が多いし、田畑や果樹園を荒らす個体について言えば、季節に関係なく年間を通じて丸々と太っていました。

アナグマなどは授乳期や冬眠から醒めたばかりのもの以外は年中太っていましたね。
2012.07.26アナグマ2
(これもいただいたアナグマ)

「猟期以外の獲物は不味い」と言われる最大の理由は野生鳥獣の太り方が原因ではなく、気温のせいだと思います。

私は「獲った獲物は食べる!」という食い意地の張った性格なので、夏場でも獲物を獲ったら血抜きをし、すぐに腹出しをして速やかに冷却し体温を下げるようにしています。
2012.07.26アナグマ4

そうしないと血が回った上に、自分の体温と気温ですぐに肉が煮えたような状態になり、時には精肉する前に腐敗が始まってしまいます。
これではとても美味しく食べることなんてできませんね。

実際に夏場に獲ったイノシシの内臓を触ると、とても温かく使い捨てカイロ以上の温度がありそうです。
即座に温度を落とす処置をしないと自分の体温で肉がダメになってしまう感じです。

しかし実際問題として山の中から引き出すのにもかなりの時間がかかるし、近くに谷川などの水場があるとも限りません。

そうやって適切な処理がされていない(したくとも出来ない)お肉を食べるため、「夏場の野生鳥獣は不味い」という事に繋がっているのだと思います。


私は夏場の有害鳥獣捕獲や罠にかかった獲物をもらいに行く時に、いつも氷とクーラーボックスを持参してきているので、最初の頃はかなり皆さん驚かれていました(笑)。
猟友会でもちょっと噂になったくらいです(爆)!
2012.07.26アナグマ3
(カラスを食べたり、お風呂場で解体をしているせいかも。笑)



他の理由としては「毛皮の状態が良くない」なども挙げられますが、毛皮の需要がほとんど無くなった現在ではあまり関係ない事項ですね。




私は命を奪う以上は美味しくいただきたいと思いますし、それが戴いた命に対しての礼儀だと思うのです。




などと思いつくままにつらつらと書き連ねてみましたが、食い意地の張った自分の行動を正当化するための単なる言い訳です(笑)。






にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
コメント
カ ワ イ イ !!!
お風呂を覗き込む仕草がたまらなくカワユス!!!
おなまえは?なんというのでしゅか??落ちたら危ないでチュよ~♪
えっ・ええっ???(汗)(大汗)(滝汗;)
ま、まさか!写真アナグマ2アナグマ4は関係無い子でしょうネ!!!(轟沈)
2012/07/29(日) 20:01 | URL | 小師匠 #-[ 編集]
小師匠さん
いえ、このブログは「命をいただくことと食べること」を真剣に考えるブログなので(←ホントか!?)、2~4のアナグマは同一の個体です(笑)。

耳が可愛い感じですが、スイカ畑を荒らす有害鳥獣なのですよ。
2012/07/29(日) 23:39 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
あと、夏は狩猟に使うワンコの体調管理も大変ですよね。ダニは一杯付くだろうし、マムシに噛まれるかもしれないし・・・。何より暑さでバテバテで長く獲物を追えないのじゃないかな?うちのワンコどもも夏の日中は水遊び以外は外出しないと言っております(笑)
2012/07/31(火) 08:36 | URL | セラヴィ #plLqP/YM[ 編集]
No title
狩猟が冬場に設定されているのはどこの先進国もだいたい一緒ですね(期間にはかなりばらつきがありますが)。

その目的の第一は鳥獣の繁殖を阻害しないためで、ハンターのことなどまったく考えていませんね(笑)。もっとも毛皮の需要が多かった一昔前は冬との整合性がきちんと合っていましたね。また冬になると野菜などの食べ物が不足しがちなのと、農業をやる人などは冬場はヒマになるという要素もハンター人口に拍車をかけたようです。しかし今ではスマホというヒマつぶしがあるので農家の人はハンターになどなりませんね(笑)。
2012/07/31(火) 11:07 | URL | しぇふ #-[ 編集]
セラヴィさん
そうですね、夏場は猟犬の負担も大きいようです。
暑すぎて一時的に猟犬の声が出なくなった、とかの話を聞きますし、スタミナ切れでケガをする危険性も高くなるようです。

こちらではあまり見かけませんが、山ビルなんかもいるそうですね~。こわっ!
2012/08/01(水) 05:07 | URL | じゃん #-[ 編集]
しぇふさま
そっかー、農閑期という理由もありますね。
今、有害鳥獣捕獲に行くとたくさん農作業をされている農家の方がいます。
色々な情報をもらっていますよ(笑)。

2012/08/01(水) 05:14 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード