食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

地下足袋

有害鳥獣捕獲のイノシシ猟のために地下足袋を買いました。
2010.09.17地下足袋


今まではハンターの方が設計した専用ブーツを使っていて、それはそれで全く不満はなかったのですが、イノシシ猟をする(特に勢子)人の多くが地下足袋を使っているので、試してみることにしました。


確かに軽くてスパイク付きで、山を駆け回るには良さそう。

でも猟期に勢子の人から聞いた話では
「広葉樹の枯葉が敷き詰められている山では、スパイクに葉っぱが刺さってしまってスキー板みたいになるのよ。
滑りまくって、そんな時はスパイク無しのヤツじゃないと使えないね」
とのこと。
そっかー(笑)。


鴨撃ちの時は池に忍び寄るのにスパイク付きは音が出やすいし、防水性も無いので獲物や猟場の状況に応じての使い分けをするのが望ましいですね。


作業服専門店で2,700円。

さらに脚絆。
2010.09.17地下足袋2
これは地下足袋とズボンの裾をまとめ、ダニなどの侵入を防ぐ役割もあります。

プラスつま先が割れた厚手の靴下3セット。

全部で5,000円でお釣りが来ました。
この値段は確かに魅力かも(笑)。


買ったものは防水性の無いものなので、雨が降った後やヌタ場の見切りは長靴ですることになりそうだけど、晴天の日は急斜面でも強力な登坂力を発揮してくれそう。



これで猟期は半矢のイノシシも追いかけまくるぞ!



関連記事
スポンサーサイト
コメント
道具
いやぁ 何をするにも それ相当な道具と出費が必要ですなぁ

しかし趣味の道具買う時が一番ワクワクしますが(笑)
2010/09/18(土) 07:13 | URL | 魔王 #-[ 編集]
履き道楽
僕はスパイク付きの防水足袋、スパイク長靴、生ゴム長靴、防寒ハンティングブーツを場所で履き分けています、車に積みっぱです(笑)
2010/09/19(日) 11:37 | URL | タシギ #POQ5NLzM[ 編集]
地下足袋
ワタシも今日、作業服専門店に行ってみてきました。スパイク付き防水で、ふくらはぎ辺りまである地下足袋を探していたのですが、似たようなやつはありました。やっぱり、地下足袋が歩きやすいのですかね?購入しようかな~。。。
あ、そういえば、今日ネットのニュースでこんなのが。じゃんさんの「寄生虫ネタ」のウゴウゴ虫では??笑 ニライパパ

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/aquaculture/?1284884676
2010/09/19(日) 18:32 | URL | ニライパパ #w3qlSsm2[ 編集]
魔王さん
装備の中でも足回りは特に重要ですね。
地下足袋は多くのハンターが愛用しています。

趣味の物を選ぶ時は楽しいもんですよね(笑)。
2010/09/20(月) 14:02 | URL | じゃん #-[ 編集]
タシギさん
私も長靴とウェーダーと釣り道具と潜り道具は車に積みっぱなしです(笑)。
狩猟用でお勧めの靴があったら、今度教えてください。
2010/09/20(月) 14:04 | URL | じゃん #-[ 編集]
ニライパパさま
お!ニライパパも着々と…(笑)。
これは暑い季節の有害鳥獣駆除の時に履くヤツで、次は防水地下足袋を買おうと思っています。
探せばロングサイズもあるようですが、ちょっと値段が高いみたいです。

ウゴウゴ虫、大きな「ダイオウグソクムシ」って言うのは本当に食べられるようです。(検索して寝られなくなっても責任は持てません。笑)
2010/09/20(月) 14:09 | URL | じゃん #-[ 編集]
横着猟
これだと、一日中山の中を歩き回るヤマドリ猟では足が凄く疲れますよ。へたすると足首が痛くなって山から降りられなくなるかも?
て、最近ではそんなに歩く人は居ないか・・・
2010/09/20(月) 23:51 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
川ガニさん
やっぱり優秀なハンターの方が専用に設計したものは優れモノです(本音)。
市販のものはコストと性能が見合ったものがなかなかなくて…。

とりあえず地下足袋も試してみま~す(笑)。
2010/09/21(火) 21:30 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード