食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

イノシシもらった(笑)!

平日に真面目に?仕事をしていると、有害鳥獣捕獲隊のメンバーの方から電話。

「罠にイノシシがかかっているんだけどいらない?
オレ、今日出張で地元にいないんだよね~。
朝見てきたんだけど25kgくらい。結構肥えているよ。
いるのなら一頭丸まま持って行っていいよ~」
とのこと。
(今期間、罠猟はイノシシも捕獲対象なのです。)

ここで頭の中がフル回転。
「うーん、丸ままもらっても狭い賃貸マンションじゃ捌くこともできないな。
同じマンションの住民から見られて苦情が出ても困るし…。
一人で捌くのも大変だし。

でも25kgくらいだったら何とかなるかも。
肥えているなら食べ頃サイズだし」
などというイヤらしい考えも浮かびます(断るという選択肢はないのか、オレ!?)。




と言うことで
「ありがたく頂戴いたします!」


場所は駆除隊の隊長がご存知ということ。
会社帰りに隊長のお宅に直行します。



そして二人で現場に向かいます。

果たしてそこで二人が見たものは…。












………







えーっと……………。










2010.07.07ピーチイノシシ


2010.07.07ピーチイノシシ2






どうみても35kgくらいはあるんですけどっ!!






果たしてどうなる!?




続く(笑)。
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ぶふっ
くれぐれもマンションのごみ置き場にイノピピの頭は捨てないようにしましょう。(笑)
人の頭と勘違いして大騒ぎになった事件を思い出しました。
2010/07/08(木) 09:41 | URL | 小隊長 #-[ 編集]
同じ悩み
我が家も、マンションなので鹿を捌いた後の骨のゴミ出しには気を遣います。
管理人を兼ねているので、捌く場所は問題無いのですが。
2010/07/08(木) 11:46 | URL | ナイトハンター #x/IKyGhk[ 編集]
すごいです
見ただけで何kgか分かるのですか?!
2010/07/08(木) 13:47 | URL | もも #9GWVC0v.[ 編集]
小隊長殿
えへへ、イノピピのお頭は燃えるごみに出しちゃいました。
騒ぎになるでしょうか(笑)?
2010/07/08(木) 21:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
ナイトハンターさん
頭以外は実家の犬のオヤツになるので問題ないのですが…。
問題なのは場所なんですよね。
場所があるナイトハンターさんが羨ましいです!
2010/07/08(木) 22:01 | URL | じゃん #-[ 編集]
ももさん
ええ、猟期の間に獲ったイノシシはすべて計量していましたから、イノシシならだいたい分かります。

人間(特に女性)はまったく分かりませんが(爆)!

2010/07/08(木) 22:04 | URL | じゃん #-[ 編集]
見た目
35kg?私ならこのサイズだと50kgと言いますね(笑)
この箱罠、サイズが小さいの?
2010/07/08(木) 23:13 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
イノシシ
スイマセン素人質問なんですが

イノシシのホルモンって食べないのですか?内臓ですが

あんま 聞かないなと思って
2010/07/08(木) 23:21 | URL | 魔王 #mQop/nM.[ 編集]
No title
私からも質問です。

脳ミソどうなったの?
2010/07/09(金) 14:19 | URL | seravi #plLqP/YM[ 編集]
川ガニさん
あ、さすが!
このハコ罠はかなりサイズが小さいです。
なんでも「あんまり大きなヤツは硬いからいらない」のだとか(笑)
2010/07/10(土) 12:10 | URL | じゃん #-[ 編集]
魔王さん
いや、心臓や肝臓なんかの処理が簡単な物はいただきます。
消化器系は処理が大変なので、よほど時間があるとき以外は食べませんね。(食べたいんですけど)
疲れてそこまで労力が回らないというのが本音です。

2010/07/10(土) 12:14 | URL | じゃん #-[ 編集]
seraviさん
解体するだけでヘロヘロだったので廃棄しました。
(他にも理由があるんですが…、察してください)
2010/07/10(土) 12:16 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード