食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

カラス撃ちは難しい…

有害鳥獣捕獲で2回目のカラス撃ちに行ってきました。

ビワ畑のカラス被害が酷いので、捕獲要請が出ていたのです。


8時半に集合して現地に移動。

カラスがいる山の畑の傍に車を停め、現地を見て回ります。
2010.05.31 カラス2回目

カラス除けのシシ脅し(ガスで発砲音を出すヤツ)の爆音があちらこちらで響き渡っています。
作戦会議のため車に戻ると一人のおじいさん登場。

「あんたたちは何しに来とるんな」

「猟友会の有害鳥獣捕獲隊です。この地域からカラスの駆除申請を受けたので来ています」

「そんなものは頼んだ憶えはない!カラスの被害もないっ!!」

とのことで、私有地に勝手に入るわけにもいかないし、別の場所に移動。
これだけシシ脅し設置しといて「カラス被害はない」はずないだろうけど、昔ハンターと何かの揉め事があったのかもしれませんね。


まあ、日本社会の銃に対する偏見というか、アレルギーは良く解っているつもりですし、極々一部にマナーの悪いハンターがいることも知っています。

ハンターが車を停めているだけで、地域住民の方がナンバーを控えたりしていたりなんていう話も聞きます。

これはもう、ハンターが招いた自業自得というもので本当に悲しいですね。




でもね、ハンターの中には自分の休日返上で、蚊や蜂やダニに刺されながらボランティアで有害鳥獣捕獲をやっている方も多いんですよ。





別の場所に移動すると、こちらでもシシ脅しが鳴り響いています。
畑の周囲にもイノシシ除けの柵が張り巡らされていますね。
2010.05.31カラス2回目2

イノシシにもカラスにも農作物をやられたのでは、農家の方もたまったもんではないでしょうね~。


到着するとたくさんのカラスが鳴いていますが、我々が車を降りる頃には遥か遠くに飛び去っています。
完全に車を覚えられていますね~。

6人がかりでなんとか2羽ゲット!
2010.05.31カラス2回目4


もう完全に警戒されているし、「今日はこれで解散かなぁ~」と皆さんで集まって喋っていたら、1ヶ所だけ山の低い場所を何度もカラスが通っています。
「あの山の中ならいけるかも」
カラスに警戒心を与えないように、皆さんには変わらず車の周囲でだべっててもらいます。
一人だけ銃を持って山の中に入り、藪をかき分けながら上空の木々の開けた場所を探して待機し、カラスが来るのを待ちます。

何度かカラスが接近してきますが、声だけで見えないので撃てず。

3度目の接近の時、姿が見えたので発射!
木々の間を飛ぶ姿を追い撃ち。

グラッと傾いたように見えましたが、落ちずに半矢で飛び去ります。



結局、今日もカラスを落とすことは出来ず…。

「カラスは頭がいいから、そんな危険な目にあったらしばらく寄り付かないよ。
周囲の仲間にも伝えるから、ある意味充分役目は果たしたさ」
とのこと。




うーん、カラス手ごわいぜ!!







関連記事
スポンサーサイト
コメント
御苦労様です
愛知にいた頃は通報されたこともありましたが、こちらでは偏見がありません。
猟師スタイルでレストランで食事していてもへっちゃら。

なにより、兵長は会社の面接でてっぽー話と猟の話で盛り上がったそうです。

ところでこのカラスの味はどうでしたか?



2010/06/01(火) 09:40 | URL | 小隊長 #-[ 編集]
有害駆除と農村
私の郷里は小さな町でしたが・・・、小さな町だからこそでしょうか、逆に猟師達は密接に関与していたように思います。

ハンターなどとは呼ばれず「鉄砲撃ぢ」と呼ばれ農家とはほとんど顔見知りでした。
熊なんか出ると役場では無く、直電来てましたから・・・(^-^;)

どんな社会にもいますが、一部の心無いものによって偏見を抱かれるのは悲しい事です(涙)



2010/06/01(火) 11:35 | URL | 髭ヲヤジ #-[ 編集]
こちらでは
埼玉県東部地区では、カラスや川鵜が結構多いのですが、害獣苦情以来は有りません。むしろハンターに対する偏見から、警察への通報の方が多いそうです。
2010/06/01(火) 13:42 | URL | ナイトハンター #x/IKyGhk[ 編集]
小隊長殿
そうですね~、地域によってハンターに対する温度差があることがよくわかりました。
マイナーな世界ですからねぇ。

私は会社の中では、直属の信頼できる上司一名にしか狩猟のことを言っていません。

で、このカラスはカラス除けのために農家の方に引き取られて行きました(笑)。
食べることができるのはいつかな~(笑)?
2010/06/01(火) 19:52 | URL | じゃん #-[ 編集]
髭ヲヤジさん
そうですね、一昔前はそういうことが当たり前の世界だったのだと思います。

今や日本は豊かな国になり、野生鳥獣を撃って食べるなんていう行為は野蛮人のする行為なのです(笑)。

まぁでも、危険な道具を所持する許可を得ているのですから、厳しくなってもしょうがないと思います。
2010/06/01(火) 19:58 | URL | じゃん #-[ 編集]
ナイトハンターさん
え!?そちらではそんなに厳しいのですか?
こちらではそこまでではないですが、一部の人の偏見は確かにあります。

ハンターの減少も伴い有害鳥獣の被害も増えています。
だからこそこれからのハンターの役割って大事だと思います。


2010/06/01(火) 20:03 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
カラスって頭が良いんですね!!
賢いのか、ズル賢いのか。
ちなみにカラスは美味しいのでしょうか・・・
2010/06/02(水) 09:07 | URL | 晴釣雨読 #-[ 編集]
晴釣雨読さん
良くも悪くもカラスは頭がいいですね!
小さい頃から飼いならせばよく慣れて可愛いそうですよ。

カラスは「美味い!」という説と「不味い!」という説があるので、いつか自分で確かめてみま~す♪
2010/06/02(水) 12:47 | URL | じゃん #-[ 編集]
初めまして!
初めまして!以前から読み逃げm(__)m 初めてカキコします。カラスを呼び集める音を録音したカセットテープがあるってご存知ですか?射程距離にまで呼び寄せられるかどうかは知りませんが…めっちゃ効果ありですよ。
2010/06/03(木) 03:24 | URL | おくら5 #4mOmy5w2[ 編集]
おくら5さん
はじめまして。ご愛読&コメントありがとうございます。

カセットテープの存在は知っています。
えー、ちょっと理由がありまして、あえてブログには載せていません。
ごめんなさい。

2010/06/04(金) 12:14 | URL | じゃん #-[ 編集]
カラスの味
ハンターです。ごみ袋などを漁るハシブトガラスは食べない方がいいでしょう。ハシボソで言うと肉は硬いです。ケチャップにするかトンカツソースにするか、何味を付けるかだと思いますが旨いとは言えないです。
2012/06/08(金) 17:37 | URL | トシベエ #M1x5uMs2[ 編集]
No title
はじめまして!コメントありがとうございます。

「飲む撃つ食う」のトシベエさんでしょうか?
お体は大丈夫ですか?

まあ、鴨とかに比べると美味しいとは言えませんが、もっと渋かったり臭かったりするのかと思っていました(笑)。
次はアナグマの脂なんかと逢引きミンチにでもしてみようかな。
2012/06/08(金) 19:33 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
>「飲む撃つ食う」のトシベエさんでしょうか?
そうです。その折はお世話になったようでありがとうございました。あと3年ぐらいしたら続きを書きます。またお願いします。
>お体は大丈夫ですか?
目立った後遺症はなく車にも乗れ、前の会社にも引き続き使ってもらえ、あとはやる気だけです(涙。

>まあ、鴨とかに比べると美味しいとは言えませんが、もっと渋かったり臭かったりするのかと思っていました(笑)。
次はアナグマの脂なんかと逢引きミンチにでもしてみようかな
アナグマは有害のわなによくかかり、古老は旨いと言いますが、私は試せません。
2012/06/12(火) 14:05 | URL | トシベエ #-[ 編集]
トシベエさん
こちらこそよろしくお願いします。

アナグマは美味しいですね~。単に私のストライクゾーンが広すぎるのでしょうか(爆)!?

2012/06/13(水) 20:55 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード