fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

激闘!転がり落ちるイノシシ!!

「うう、くたびれ果てて起き上がれない」
連日の残業で疲れが溜まり、猟に行くためにセットした目覚ましが鳴った後も疲労困憊で起き上がることが出来ず。

犬を使役する勢子役が行かないとグループ猟である巻狩り成立しないのですが、我が猟隊には優秀な先輩勢子役の方が複数おられます。

グループの皆さんに連絡をすると
「そんな時は無理すんな。ゆっくり寝てろ」
と、ありがたいお言葉。

「そうだよな…。持っているものが物だけに無理は禁物だよな。ワンコ達を助けなきゃいけない場面で助けられないと後悔しちゃうだろうし」
この日は猟をお休みして休養日としました。


そして翌日。
万全じゃないとはいえ、ある程度は体力が回復したので山へ!

「すみません、ご迷惑をお掛けしました」
「おう!体は大丈夫か?無理すんなよ」
先輩方からぶっきらぼうだけど温かいお言葉。


1ラウンド目で大物の鹿をゲットしていたので気が楽♪
2023.12.12激闘1

2ラウンド目、モリカヤイトと共に山入り。
まだ体調は万全じゃないし、ちょっとだけ小さな山で犬の散歩でもするか。

勢子役は犬と共に山を進みながら、獲物がエサを食べた形跡や通しを使った足跡、ヌタ場などの痕跡を観察しながら待ち役に伝えます。
獲物の痕跡が多数だと「数入っているからたくさん出るよ。撃った後も必ず弾を入れて待機して」なんて感じで待ちの人に伝えるためです。
しかしこの時は痕跡に乏しく、獲物の気配がかなり薄い感じ。

30㎏ほどの小イノシシと小さめの鹿を追い出しますが、これは包囲網を抜けられました。


「車の方向へ引き返します。犬を繋いだら連絡するのでもう少し待ってください」
目ぼしい場所は攻め終わり、ほぼほぼ諦めムードが漂う無線連絡を入れます。

「このラウンドは残念賞だな。まあワンコ達が楽しそうに走ってくれたから良かったよ」
そんな事を考えながら下山の準備。

するとワンコ達が目の色を変えてスルスルと伸びて行きます。
「なんだ?犬をかわして竦んでいた鹿でもいたのか?」
その方向にはホンの一握り程の女竹の藪があるのみ。

ヴァン! ヴァン!!ヴァンっ!!
藪に向かって犬たちが啼き始めたと思ったら、バリバリという音と立ち上がる黒い影。
「うおっ!全くと言っていいほど大きなイノシシの痕跡がなかったし、通常だったら寝るような場所じゃない。まさかこんな場所にシシが寝ているなんて!!」

「イノシシが出たよ!」
すぐに無線連絡を飛ばし、猟銃の薬室に弾を装填しながらイノシシと犬が向かった方向へと急ぎます。

山の斜面で交戦状態。
3頭でイノシシを啼き止め、イノシシは犬を振り払おうと攻撃を仕掛けています。
「60kg以上はあるな…」

イノシシが犬に気を取られている隙にジワジワと距離を詰め、撃てるチャンスを狙います。
すると私に気が付いて「勇気100倍!父ちゃんに良いとこ見せなきゃ!!」とばかりに3頭で一斉にイノシシにガブリ付きます。
「あっ!バカ!! キミたちがイノシシに近すぎて撃てないじゃんか」
しかも3頭でガブリ付くとイノシシの方が力負けして斜面をゴロゴロと落下していきます。

落下が一段落したら再度格闘開始!!
3頭の猟犬とイノシシが激しくやり合っています。

「犬の動きが激し過ぎて銃は使えない」
ナイフを抜いて近付きますが、イノシシもこちらの動きに気付いて「カチカチ」と牙を鳴らして威嚇。
しかもこちらに向かって仕掛かって(突進して)来る素振り。

「うぉ!恐ろしいやんけ~っ!!」

しかしこちらに向かって来た瞬間なら、上から頭蓋や頸椎に弾丸を叩き込めます。
右手に猟銃、左手にナイフを持ち、「撃てそうなら撃つ」「刺せそうなら刺す」という態勢で再度イノシシに近付きます。

「かかってこいやぁ~!!」
まるで任侠映画の高倉健の様な有様。

しかしすぐに「これじゃダメだ」と気付いて引き返します。
猟銃は両手でしっかり支えて初めて狙いが付けられる物ですし、ナイフは利き手で使ってこそ威力を発揮できます。両手に武器を持って不慣れな使い方をしても危険しかありません。
自分のヘナチョコさに嫌気がさしながら、「急いで止めてワンコ達を助けないと」と気持ちばかりが焦ります。

その間にも3頭で波状攻撃を仕掛け、イノシシと共にズルズルと斜面を滑り落ちています。
イノシシも疲労困憊、ワンコ達もゼイゼイと息が上がっています。

しかしその頃になるとワンコ達もイノシシも疲れて膠着状態になり、撃てそうな瞬間があったのでナイフをシースに納め、猟銃のみを手に持って再度ワンコ達とイノシシの方向へ向かいます。

ジリジリと接近。
犬3頭の動きを常に把握しながら、イノシシに狙いを付けます。
「犬は大丈夫。しかし背後が岩盤だから、弾が貫通したり外れたら跳弾の危険性がある。まだだ。焦るな…」
イノシシと猟犬達の位置関係。バックストップを確認しながら撃てる機会を伺います。

イノシシと猟犬達も疲労困憊でしたが、私も斜面を転がり落ちるようにかなりの距離を移動してきたのでヘロヘロ。
照準越しにイノシシを狙いますが、帽子のつばから汗が落ち、ゼイゼイと肩で息をして銃身が上下にブレます。

犬が離れ、背後がフカフカの黒土になった瞬間に発砲。
ドゴッ!

しかし撃った瞬間にイノシシが猟犬の方向を向いてハズレ。
「チッ」

次のチャンスを伺いますが、銃弾の音に驚いて走り去るイノシシ。
ドゴーンと一発の銃声。

サポートに詰めてくれていた射手に上手くかかり、一発で止めてくれました。
2023.12.12激闘8
仕留めたイノシシ。逆毛を立たせ向かって来たから大きく見えたけど70㎏までは無いな。

ワンコ達も何度か激しく捲られていたからケガが無いかを見ます。
カヤは顎の下から出血しているけど縫う程ではなく軽傷。
2023.12.12激闘4
イノシシの鼻に噛みついて振り回していたから、その時に牙が触れたんだろう。
(イノシシの鼻はもっと激しく損傷していたけど…)

他のワンコは血が薄っすらと出るくらいのカスリ傷が少し。
2023.12.12激闘5
モリさん。

2023.12.12激闘7
イトちんも頑張りました♪

まあ、今回もベストのおかげで大した怪我がなくて良かったよ。


ワイワイと皆で解体。
2023.12.12激闘3
解体を終えて山の神様祭りでは、親方(若き勢子)からのご指名で乾杯の音頭を取らせていただきます。
「え~、昨日は疲労困憊で猟を休んでおきながら、今日は今日で軽く犬の散歩のつもりが過労死寸前の強制労働をする酷い目に遭わされました。とにかく獲物を授けてくださった山の神様に乾杯!」

「シシが出たという連絡の後、ずいぶん連絡がなかったから事故でも起きたのかと思ったよ」
「いや、俺たち勢子役は犬が立てて撃つチャンスを窺っているのが分かったよ」
「それにしてもあんな場所に寝てるなんて」
「気温が高くて風通しのいい場所に寝てたんだね」
「とにかく良かった」

そんな話で山の神様祭りも盛り上がったのでした♪


帰宅してカヤの傷の化膿止めのために抗生剤を与え様子を見ていましたが、ガツガツとエサも完食し機嫌も良く一安心。
モリもイトも問題なし。
3頭とも疲労でヘロヘロでしたけどね。

とてもくたびれましたが、今日も自然の恵みに感謝です。


↓ワンコさん達頑張ったなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
ナイフで猪に立ち向かうなんて、とても恐ろしいですね。
読んでいるだけで力が入って疲れてしまいました。
じゃんさんもワンコさんズも無事でよかったです。


2023/12/13(水) 11:01 | URL | dohira #-[ 編集]
カールさんが来た頃、まだエアーでしたが、
ちょっと深い沢の向こうでデカい猪が。
慌ててカールさんを呼び戻したものの、
10mほど向こうの対岸でキバをカチカチと、
当時は空気銃、こりゃいかんと散弾中を申請しました。
(^_^;)
林道を歩いてたら、上から40kgくらいを起こしてきたかと思ったら、
下から80kgくらいのを追いかけてたり、
早く散弾を所持してたらと悔やみます。
さすがにもうおじいちゃん犬なのと、
自身が滑落して足がうまく走れないので、
ワンコはもうカールさんで終わりですね、
どうかケガのないように、無理のないように。
2023/12/13(水) 20:52 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
No title
ドキドキしながら読みました。
闘い終わったワンコ達の、たくましい表情が頼もしいです。
狩猟とは命のやり取りなのですね!
2023/12/13(水) 21:17 | URL | 鯉太郎 #i/Di4aE6[ 編集]
dohiraさん
ありがとうございます。
いや〜、ワンコが絡みまくって大変でした。
無事に倒せてホッとしましたよ♪
2023/12/14(木) 23:40 | URL | じゃん #-[ 編集]
坪ちゃんさん
ありがとうございます。
勇敢なカールくんも猟犬引退なのですね。
ある意味、無事に引退出来て良かったと感じてます。
これからは坪ちゃんさんに可愛がられながら、のんびりと余生を過ごして欲しいです。
いつも覗きに行きますので、カールくんの記事をたくさんお願いいたしますm(_ _)m。
2023/12/14(木) 23:44 | URL | じゃん #-[ 編集]
鯉太郎さん
ありがとうございます。
今回も前回も防刃ベストを着せているので防ぐ事が出来た傷がたくさんありました。
ワンコ達はよく頑張ってくれたと思います!
2023/12/14(木) 23:46 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
バトルロワイヤルみたいですな(・∀・)
2023/12/15(金) 17:19 | URL | rossi #-[ 編集]
rossiさん
ええ、久しぶりに大乱闘でした〜。
クタクタです!
2023/12/17(日) 17:02 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード