fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

泣きの1ラウンド

この日は2ラウンドして子供イノシシが1頭のみの貧果。

しかも私が競ったラウンドは鹿が2頭ほど走っただけで、ワンコ達は待ちを張っていない方向へ鹿を追っかけて行ってボウズ。
2023.12.11泣きの1ラウンド1
イノシシが出そうな雰囲気だったんですけどねぇ…。


「ムキ―っ!!これじゃイトの訓練にもならん。すみません、泣きのもう1ラウンドお願いします」

ということで、疲れていたけど無理を言って再度射手の皆さんに別の山に包囲網を張ってもらいます。
2023.12.11泣きの1ラウンド2
なんとか鹿2頭ゲット!

通常なら午前中に競り終り解体作業に入りますが、昼ご飯も食べずに獲物の回収を終えると午後1時半。
我ながら欲深いなと思います(笑)。


それでも諸先輩方の話を聞くと
「昔はイノシシや鹿なんかの大物は獲物も少ないし、何よりも猟欲の強い人たちばかりだったから日暮れまで競るなんて当たり前だった。
ヘッドライトは常備品で、いつもいつも真っ暗な中獲物の解体をしていた。
昼過ぎに猟を止めるなんていうと、その当時の先輩方々から笑われるよ」
と言われる始末。

いや~、その当時に狩猟を始めていたら「辞めさせてください」と言って、たぶん1年も経たないうちに挫折しちゃっただろうなぁ~。

皆さん凄いっ!!


今日も自然の恵みに感謝です。


↓どこまで欲深いんだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
しかし、これだけシカが居たら農作物の被害もそこそこ出てしまいますねぇ。
2023/12/15(金) 17:21 | URL | rossi #-[ 編集]
rossiさん
はい、鹿もイノシシもかなりの大食漢です。
しかも美味しい果物や野菜の味を知ってしまうと狙われますね〜。
2023/12/17(日) 16:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード