fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

家庭内山芋掘りと地球資源について

「さて、剪定して切り落としていた庭木を片付けなきゃ」
夏の終わりにヒーヒー言って切り落としていた木の幹や枝が散乱したままだったので、猟が休みになった日に庭の片付け。

我が家は築45年を過ぎた中古住宅を購入して、それから更に10年が経過。

あまり高くならないように定期的にチェーンソーで庭木を切り落としていますが、幹が太くなり生木のままだとかなりの重量なのです。
なので、しばらく放置して水分を飛ばしてから電動丸ノコで裁断。
2023.11.28山芋掘り6
(底に太い幹を切断したものが入っています)
細い枝はかさばるので、丈夫な肥料袋やドッグフードの袋に入れ、一緒に燃えるゴミとして廃棄します。
結構大変です。

「本当になぁ、今はエネルギー枯渇とか持続可能な資源とかが世界中で議論されているけど、石油も石炭も元々植物だし、太陽光と植物の葉緑素こそ地球を救う持続可能的無限エネルギーだと思うんだけどな。植物の光合成を利用しての発電方法なんか無いのだろうか…」

猫の額ほどの庭のわずかな庭木に苦戦しながら、なんとなく地球規模の事を考えている自分がおかしく感じます。
(現実逃避とも言う。笑)


庭木の片付けが終わり、作業服で汚れたついでに気になっていたことに着手。
いつの間にか生い茂っていた山芋の収穫です。
2023.09.17山芋の花2

まあ山へ行けば自然薯掘りのベストな季節なのですが、近年はイノシシが食べ尽くして掘れるような場所がなかなかありません。
場所を探すことから始めるのも面倒なので、手っ取り早くスコップで庭を掘り起こします。

地面を掘り始めるとミミズ目当てに群がるブラウンさん達。
2023.11.28山芋掘り1

それを見て興奮するワンコズ。
2023.11.28山芋掘り2
(左イトちん、右カヤさん)

「あ~!全然集中できないからやめてね」
庭は真砂土で掘りやすいのですが、思わぬ邪魔が入って大変!!


しかし久しぶりの山芋掘りは楽しく、汗をかきながら掘り進めます。

「お!出てきたな。ここからは慎重に」
2023.11.28山芋掘り4
通常の自然薯も多少は曲がっているのが普通ですが、石や木の根があってクネクネ曲がりまくっているものも多いです。

慎重に慎重に…。
山芋の延びる方向に注意しながら、少しずつ掘り進めます。

大きな山芋だと人の手が届かなくなるくらいの深い穴になることもあるのですが、我が家の場合70~80センチほどでガッチリと硬い土地の土台基礎部分になってしまいました。

で、最終的に我が家山芋の場合はですね、硬い住宅基礎面に突き当たるとそのまま膨らんで広がっていました。
2023.11.28山芋掘り5
まるで野球のグローブのような形状です。
自然の物でも似た形状のものはありますが、ここまで酷く複雑なものは見たことがありません。

しかしまあ天然物だし貴重品だ。有難くいただくことにしましょう♪


今日も自然の…、じゃなくて今日は我が家の庭の恵みに感謝です。


↓自宅の庭で山芋掘りって信じられないっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
山芋をすり下ろして卵を入れてかき混ぜて喰うのが好きです(´。✪ω✪。`)
2023/11/29(水) 04:09 | URL | rossi #-[ 編集]
これは直下の穴掘りのようですね、
去年、わが家も掘りましたが、
斜面だったけど、結構大変でしたね。
だけど美味いよね。(^ω^)
2023/11/29(水) 20:55 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
rossiさん
はい、次回はヤマイモの食べ方を記事にする予定ですよ♪
2023/11/29(水) 23:24 | URL | じゃん #-[ 編集]
坪ちゃんさん
はい、本当は斜面を掘るのが楽なんですけどね。
今回は庭の平面を掘ったので疲れました。

でも久しぶりの山芋はとても美味しかったです♪
2023/11/29(水) 23:26 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード