fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ヤマイモの花

※お盆の頃の出来事なのですが、備忘録として記しておきます。


「およ?なにこれ!?」
いつの間にか庭に山芋のツルが出てきているのは知っていたのですが、この様な状態になっているのは初めて見ました。
2023.09.17山芋の花2

調べてみると「山芋の花」とのこと。
2023.09.17山芋の花1
山芋掘りで山へ行くのは秋から冬にかけてですし、この暑い時期に山入りすることはほぼ皆無だったので見たことがなかったのです。

「白くて小さくて可愛い花だな~」
2023.09.17山芋の花3

しかも山芋は雌雄別株で、長い間山芋掘りをしてきて初めて知った衝撃的真実!!
「マジかっ!?」
かなりビックリ。

写真の様に花の房が上を向いているのは雄株。
雌株の花房は下を向いているとのこと。

ちなみに「ムカゴ」と呼ばれる、茎の部分の小さな芋状の物体は「茎が肥大したもの」で雌雄どちらの株にもでき、羽根つきの種子は雌株にのみ出来るとのこと。
「山芋」として食べている地下のイモは雌雄どちらの株にも出来ます。


種子だけでなくムカゴからも新たな芽が伸びて増殖できますし、地下のイモは翌年の新たなツルの養分となりそこからも増えます。
3つも増殖方法を持ち、その繁殖スピードは驚異的なものがあるのですが、山芋掘りの愛好者によって繁茂も抑えられていたのでしょう。

種子やムカゴが風で飛んできたり、鳥によって運ばれたりしていつの間にか庭木に蔓が伸び、「ほったらかしていたら蔓だらけになって酷い状態になった」という話も聞きますが、山芋掘りの人がほとんどいなくなったこれからの山の中はどうなるんでしょうねぇ。

まあ、山芋自身はイノシシの格好のエサになるのでイノシシが増える原因の一つになるでしょうけど…。


晩秋になったら我が家の山芋も掘ってみるかな~。


まだまだ厳しい残暑が続きますが、皆様お体ご自愛下さい。


↓自宅で山芋掘りってマジかっ!?と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
No title
山芋食って精を付けませう( ̄▽ ̄)
2023/09/18(月) 15:24 | URL | rossi #-[ 編集]
rossiさん
ありがとうございます。
精は必要ないのですが、何事にも負けない強い心と山をバリバリと駆け回れる屈強な肉体が欲しいですね~!!
2023/09/18(月) 22:04 | URL | じゃん #-[ 編集]
去年、庭(ほぼ山?)で9本掘りました。
1番長いので90cm。
まだまだあるけど今年はどうしよう?
穴ボコだらけになりそうです。\(//∇//)\
2023/09/24(日) 18:51 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
坪ちゃんさん
お久しぶりです!
まだまだ残暑厳しいですがお元気ですか?

庭での山芋掘り羨ましいです♪
確かにボコボコになりますが良いですね!!
2023/09/25(月) 21:01 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード