fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

鹿肉ユッケ

猟期が終わってかなりボーっとしています(笑)。

「燃えた、燃え尽きたぜ、真っ白によ…」
って感じでしょうか(笑)。


そんな感じでボーっとなっててもお腹は減るので、鹿肉でユッケなんぞを作ってみました。

2010.03.17鹿肉ユッケ

砂糖、醤油、コチュジャン、テンメンジャン、ごま油、なんかを適当に混ぜてタレを作ります。
細切りにした鹿肉の刺身をタレに和えて出来上がり。
超簡単!

タレに和える時間が長かったので、写真写りが悪いですがかなり美味しいです♪

鹿の生肉が食べれるって幸せな感じです。
(私は鹿は1頭も倒してないですが…)




ああ、美味しいおつまみのおかげで今日も飲みすぎです(笑)。



関連記事
スポンサーサイト



コメント
エゾシカでも・・
あーびっくりしたぁ~。
めがねを掛けずにパソコンに向かってたもので、白い粒が寄生虫に見えました。(爆)

じゃんさん、とうとうディープな世界に逝っちゃうのねーと一瞬思いましたが、めがねを掛けてじっくり見たら・・・。

なんだぁ~  ホッ・・

ちなみに、鹿肉は一度冷凍しなくても生で食べられるものなのですか?
2010/03/18(木) 09:33 | URL | 小隊長 #-[ 編集]
小隊長殿
白いのはヒマワリの種です(笑)。
普通にディープな世界には逝けそうなんですが、品行方正ブログを目指しているので、それは止めときます(ウソ)。

鹿肉は冷凍せずに生のまま刺身にしてます。
上手く解凍できないせいか、刺身は生の方が美味しい気がします。(ドリップが出るんですよね)

美味しい食べ方があったら教えてください♪



2010/03/18(木) 21:57 | URL | じゃん #-[ 編集]
食べぬ神に祟りなし!
寄生虫がどうの、E型肝炎がどうのと言っているのに平気で食べるんですから。それでダニの心臓だなんてよく言いますね(爆)
2010/03/18(木) 23:53 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
川ガニさん
そうですか(笑)?
大丈夫ですよ、たぶん…。ピンピンしてるし。
そちらでは生では食べませんか?

それで死んだらそこまでの寿命ということで
「あんな食い意地の張ったヤツがいたなぁ」
と笑ってください(爆)!

2010/03/19(金) 12:29 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
自分も鹿肉ユッケ大好き!

もちろん、生で♪

でも、これはひまわりのタネじゃなくて・・・。

松の実じゃ・・・。
2010/03/19(金) 18:53 | URL | えーちゃん #-[ 編集]
えーちゃん
そ、そう。こ、これは松の実…。
つっこみ好きな大阪人のために、つっこみ所を残しておかないと…(ウソ)。

いやー、ヘナK小隊様のブログにヒマワリの種のことが載っていたのを読んだばかりだったんだよ。
指摘されるまで全然気付きませんでした(笑)。



2010/03/20(土) 00:02 | URL | じゃん #-[ 編集]
リンクのお願い
鹿肉ユッケいいですね。
このページをユッケのレシピとしてリンクさせていただけませんか?
けんジイ
2012/01/16(月) 20:27 | URL | けんジイ #-[ 編集]
けんジイさま
はじめまして!コメントありがとうございます。

リンクの件、了解いたしました♪

2012/01/16(月) 23:12 | URL | じゃん #-[ 編集]
巷では生肉はどうのとか言ってますけど魚も同じですからね。

件の焼肉屋さん…同じ事魚でやったら刺身はどうなるのか楽しみですね(笑)。
鮮度関係ないなんて話をするならばマグロだって寄生虫で毎年病院駆け込む人いるんですがね…

食文化をナメて衛生管理を怠った結果矛盾だらけのおかしな法律を作る。愚の骨頂ですな。
2016/12/09(金) 04:57 | URL | n #x.liv0d.[ 編集]
nさん
はじめまして!コメントありがとうございます♪

そうですねぇ、普通の刺身で死者が出たら・・・。
あんまりなんでも法律でがんじがらめにしてしまうと食べるもの無くなっちゃいそうですよね。。。
2016/12/09(金) 20:17 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード