fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ビックリ逃走経路!!

とある猟行の日の話です。


この日は参加メンバーが少なかったので、必然的に小さな山を見て獲物の動向を探って行きました。

イノシシの痕跡は少なかったのですが、小さな山に50kgくらいのメスイノシシが1頭入っていると見切り。
しかし鹿もたくさんいる感じ。

「ま、贅沢言わなきゃ何か出るでしょ(本当はこんないい加減な事ではダメ)!」
ということでモリとカヤの若犬コンビを放ちます。

2022.02.04想定外の逃走経路2
(写真は特に関係ありません)

モリとカヤが獲物の匂いを嗅ぎつけてぶっ飛んで行ったかと思ったのですが、啼きも出ず何の獲物も発見できずに終了。

「あの様子から見て獲物がいたのは絶対に間違いない。しかし早抜けしていた感じでもないし、なんか納得できない…」

そして入り跡(猟犬を放した場所)まで戻って来て、リードに繋ごうかと思っていた時に、モリとカヤがダッシュ!
その方向には猫の額ほどの笹薮と田んぼしかないので、そこに潜んでいた野ウサギの匂いでも取ったのだとろうと思いますが、いつまで経っても帰ってきません。

「何かおかしい…。こっちは道路(田舎の舗装道)と山の上のソーラー発電のフェンスの間に法面があるだけだ…」


一応無線で状況を伝えますが、その前に決着は付いていました。

立派な角を持った鹿の群れ(最低7頭)がゾロゾロと出た来たとのこと。
2022.02.04想定外の逃走経路1
待ち(狙撃手の張った包囲網)にかかり、その内の1頭が仕留められました。


想像すればこんな感じ。

ハンターが弓を張り、それを察知した鹿の群れは逃げ道を探して回避行動をとります。
しかしその場所には、別のハンター(私のこと)が来て猟犬を放します。

それでどうしようもなく猫の額ほどの笹薮に身を潜め、危険から回避できたと思った矢先に、猟犬達(モリとカヤ)に気付かれたのです。

逃走経路を塞がれた鹿の群れは、ソーラー発電の法面の普段通らない場所を走って逃避!
大きな山へ逃げようとしたところ、待ち役(射手)にかかったのです。


猟期終盤になると獲物の逃げ方も渋くなってくるなぁ。
本当に大したものだと思います。

今回も早めにリードに繋いでいたら獲れなかった獲物ですが、結果的になんとか恵まれた感じ。

でも大きな鹿ばかりだったというから、そんな大きな鹿の群れが丸見えの法面を走る姿を見てみたかったなぁ。
もしその道路に人がいたら相当に驚いたことでしょう。


今日も自然の恵みに感謝です。


↓それは是非見てみたかったなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
命懸けですね
待っていると、本当にこっそりこっそり抜けてきました。彼らも生死に関わるから真剣ですね。
銃声がした後にあんなに出で来るなんて、本当にビックリでした。
2022/02/07(月) 18:31 | URL | ゲストハンター #HfMzn2gY[ 編集]
No title
次はシカでカツ丼ですかね(・∀・)
2022/02/07(月) 21:36 | URL | rossi #-[ 編集]
ゲストハンターさん
当日はお疲れ様でした。

ええ、私達も初めての逃げ方にビックリでした。
本当に野生生物って凄いですね!!
2022/02/07(月) 23:19 | URL | じゃん #-[ 編集]
rossiさん
シカカツのかつ丼は割とよく作ります。
脂身が少ないけど肉の味は濃くて美味しいですよ♪
2022/02/07(月) 23:26 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード