fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

久しぶりにウドを採ってきました♪

「今年は仕事やふじの(偽)妊娠のせいでバタバタして全然山菜採りに行けなかったなぁ。まだあるかな…」

目指す先はウドの生息場所。
私の中での山菜は「年明けすぐのフキノトウに始まり、ゴールデンウィークのウドで終わる」感じです。


私が少年だった頃、親父に付いて山菜採りに行っていましたが不思議なことがありました。
「なぜこんなに山菜の生える場所をたくさん知ってるんだろう?」
ということです。

それは私が狩猟を始めると分かりました。
草花が枯れた猟期であっても、「野生動物の餌を求める動向に注意を向けていれば、森の植生や山菜として採ることができる植物の事はイヤでも目に入って来る」ということです。
(更に親父は自分の秘密ノートに「桜の花が開くより5日遅れ」という感じで季節を書き込んでいた)

「どの植物が食べられる山菜なのか? 成長したらどんな姿になるのか?」
ということが頭に入っているという事が前提ですが、幼少期より食い意地が張っていた私は、オッサンになった今でも頭の中にそれらがインプットされているのです(笑)。


しかし年々気温が上昇し、山菜の時期も少しずつ早くなり分かりにくくなっています。

そして更に難題が…。
近年のイノシシや鹿の増加で、柔らかく美味しい山菜がことごとく根絶やしになるまで食べ尽されているのです。

一昔前は山菜採りのライバルと言えば「人間」でしたが、今は山野に住む獣たちと競わねばなりません。
当然獣たちは毎日の山菜の生育状況を知っているので、一番美味しい時に略奪されてしまうのです…(涙)。

「うう、オレが秋から目を付けていた山菜なのに悔しすぎる」
そんな状況が続いていました。


今回のウドも期待せず、とりあえず目星を付けていた場所に到着。
2021.04.24ウド3
「おお!食べられていない!! しかし、やっぱり遅かったか。もう大きくなりすぎて食べられないな。うう…」

採取適期なら茎に生えた柔らかい産毛が、すでにガチガチの剛毛。
毛は手に刺さるし、食べる茎の部分は竹のように固くなっています。

諦めきれずに付近を散策。
2021.04.24ウド2
この場所は一面ウドが生えている感じで、天ぷら用に新芽の部分を少し採取。

きんぴらや和え物用に、芽が出たばかりのものを2株だけいただいてきました。
2021.04.24ウド1
(ウドを根っこから採取すると、次の年から生えなくなるので注意が必要です)


その日の晩ご飯は天ぷら♪
2021.04.24ウド4
高温でカリッと揚げます。

揚げたてのウドの天ぷらに塩を少しつけ、熱々のものを頬張ります。

口の中いっぱいに広がるほろ苦さ。
「ああ、美味いっ!! 春の味だなぁ…。それにめっちゃ貴重品だから余計に美味く感じる」

冷酒を開けずにはおれず、ついつい飲み過ぎてしまいました(笑)。


今日も自然の恵みに感謝です。


↓野生の獣と張り合うなよっ!!と思った方はクリックプリーズ(結構真剣なんです。笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
僕もこの春は足の骨折で行けませんでしたね。
わずかに自宅裏に植えたワサビやコゴミ、行者にんにくなどくらいなものです。
フェンスをする前に、鹿にやられたコシアブラは枯れちゃたし。
今度は何植えようか?(^ω^)
2021/04/25(日) 12:01 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
坪ちゃんさん
山菜は良い時期が短いですから難しいですね。
標高差や気温差などでたくさん場所を知っていると良いのですが、最近は山の奥のものは野生動物にやられています。

こうやって人類の畑作が始まったのかと思うと感慨深いものはあるのですが、敗北感だけが漂うのはなぜでしょうか…(涙)。
2021/04/25(日) 22:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
これでビールがあったら幸せですね(・∀・)
2021/04/25(日) 23:31 | URL | rossi #-[ 編集]
rossiさん
今回はウドがメインだったので写していませんが、イノシシ肉やコウイカ、お隣さんからいただいた今朝採れグリーンピースなども揚げましたよ♪
もうビール→日本酒が進んで(笑)。

ちょっと二日酔い気味です。
2021/04/26(月) 20:47 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
「桜の花が開くより5日遅れ」←めっちゃカッコイイ台詞ですね!!
2021/04/26(月) 22:32 | URL | 島根賢人 #-[ 編集]
島根賢人さん
あはは、そうですか!?
年によって寒暖差がありますし、地域の身近な植物の状態を参考にするのが一番確実な気がします。

山菜は一週間ずれるとトウが立って食べられなくなることが多いですから。
あとは、同じ地域でも標高差を頭に入れていると長い期間楽しめます♪
2021/04/27(火) 19:16 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード