fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

猟犬の血筋を繋ぐ

今回のふじの交配は、正直な話直前まで全く考えていなかったことです。
我が家にはモリとカヤの2頭のメス犬がいますしね。

しかしグループ全体の猟犬や近隣のハンターさんの飼育状況を鑑みると、かなり深刻であることがすぐに分かりました。

まず猟犬を飼っている人自体がとても少ない。
ある程度の猟犬を飼っている人数がいると、近隣ハンターさんや銃砲店や射撃場でのネットワーク内で、子犬の出産情報や「あそこのオス犬が良い働きをする」とか「ここのメス犬にそろそろ子犬を産ませようと考えている」なんてことが回ってきますが、そんな情報は最近特に少ない(というかほとんど無い)状況です。
(情熱を持って優秀な狩猟犬の繁殖を行っているプロのブリーダーさんもおられますが、譲渡価格はそれなりに高価です)


そしてハンターの超高齢化。
猟犬を飼おうにも飼い主さんが高齢化して飼える状況ではないのです。
犬を飼う金銭的な問題や、狩猟・訓練で猟犬を山で引く体力も必要になりますしね。


また、私の近しい若いハンターさんで何人か猟犬を飼っている人もいますが、住宅事情や鳴き声による騒音問題なども相まって、複数の猟犬を飼うことが難しいのが現状です。
(私の狭小中古住宅も同じような状況です)


更に犬の年齢的問題。
「ついこの前ふじがウチに来て、子犬が産まれたのも昨日のことのようだなぁ」
と思っていましたが、改めて考えるとふじは今年7歳になりますし、モリとカヤも4歳になります。

のんびり構えていたけれど、かなり愕然としました。
グループ内の一番年若い猟犬はモリとカヤの兄弟犬達になるので、そろそろ次の世代の猟犬のことを考える必要があったのです。

特にイノシシ犬は、ある日突然イノシシにやられてしまうリスクをいつも背負っています。

「来年あたり、あそこのオス犬にこのメス犬を交配させよう」
なんて漠然と考えていても、ケガや死亡により実現しないことが度々起こるのが現実です。


我が家ではモリとカヤの発情が終わり、ふじの発情期も終盤(妊娠しやすい時期)に差し掛かっている状況。

「悩んだり迷っているヒマはないな」
そう考え、ふじの妊娠適期(であろう時)の少し前にランくんの飼い主さんのお宅を訪れたのです。


ふじとランくんの相性が悪ければ「ご縁がなかった」と諦めるつもりでしたが、楽しそうに遊びまわる2頭。

ゲージに入れてみますが、ふじは笑顔…。
2021.02.09ふじとの別居3
(左がふじ、右がランくん)


お任せすることになりました。

「じゃあ、帰るからね!」
「どうぞ♪」

「本当に帰るからねっ!!」
「どうぞ♪」


少しは淋しがる素振りを見せるかと思ったのですが、全くそんなことはなく尻尾フリフリするふじ。

「うう、それはそれで悲しい」

心折れそうです(涙)。


↓飼い主頑張れっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
いざ犬を飼うと大変ですね。
とくに我が家は何回も病気したりケガしたり。
今ではホルモン剤を死ぬまで飲まないといけません。
てんかん発作も。
毎月の医療費もバカになりませんね。
歳を取ってきたら、僕独りで行くと悲しませるので、
一緒に猟に行くのを我慢したりしてますね
定年まで1年を切りました。
もうワンコは飼うのを諦めましたわ。
じゃんさんはまだ若い、血筋を残してくださいね。
2021/02/10(水) 21:01 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
お見合い
何でも縁ですよね。
それにしても相性が良さそう。
我が家のカノのことも含めて参考にさせて頂きます。
カノも、ふじさんのように穏やかだと良いのですが。
タイミングや相性は時の運なんですかね。
2021/02/10(水) 21:30 | URL | あっきょ #-[ 編集]
坪ちゃんさん
いえいえ、坪ちゃんさんもまだ全然若い!!
それにパピーを迎えると、気持ち的にカールくんも坪ちゃんさんも若返ると思いますよ(実話)!!
レオを迎え、気持ちに引っ張られて我が家も親父が若返りましたよ、本当に♪
2021/02/11(木) 19:36 | URL | じゃん #-[ 編集]
あっきょさん
日頃アンテナを張ることは心掛けています。
猟犬に関しては、まだまだネットより色々な場所のリアルな交流が必要だと感じています。

そして決断するタイミングを逃したくないと、今回思いました。
ブリタニースパニエルのジャンが病気で死んだのも突然でしたし、過去に何度も同じような経験をしたことがあります。

シシ犬は特にそうですね。
上手くいくと良いのですが…。
2021/02/11(木) 19:42 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
02 | 2023/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード