食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

続・カメの呪い

20090723カメの呪い


スッポン釣りで惨敗した3連休最終日の夜のこと。

寝る前くらいから右目がピリピリとする。
普段はソフトコンタクトを着けているので、装着時間が長すぎたかな~?とか思いつつ就寝。
そして夜中にズキズキと痛みだして目が覚め、涙がボロボロと出て眠れない状態に。

火曜日に病院に行き、診てもらいました。

「かなり傷が入って炎症を起こしてるね。しかも何か黒目に刺さっているから抜きましょう」
と診断され、麻酔目薬をさされる。

診察台にあごを乗せ、看護婦さんに後頭部をグッと押さえつけらます。

この時点でなんだか普通じゃない雰囲気。

「はい~、真っ直ぐ壁を見ててね~。怖くないから~。目玉動かさないでね。」

な~んて先生は気軽に言うけど、目蓋をグワっと押し広げられると、黒目に向かって思いっきり針みたいなものがズンズン進んでくるんですけどっ!!!

ぎょえーーー!これはかなりコワイっ!!

と思ってる間に終わる。
角膜の表面をちょっと削っているからちょっと痛みますよ。とのこと。


で、やっぱり夜は目が痛む。

そして、屋外の強い光を感じただけで痛む。

骨折、脱臼、靭帯断裂など色々なケガをしてきて、かなり痛みには強いほうだと思うのですが、眼球が痛いのは初めてです。

人間、眼球が痛かったりすると、まったく何もする気が起きなくなるということを知りました。



やっぱり溺死したミドリガメの呪いでしょうか!?



あのー、もう充分だと思うのでそろそろ成仏してくれませんか?

利き目なんで、これから射撃をするのにとても大切なんですけど…。


関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード