fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

鹿を見た♪

今日も大物猟。


まだ日も上がってない薄暗い時間。

見切りのために早めに猟場に到着。
山の中はまだ暗くてしっかりと足跡を見れないので、池の淵に車を止めて鴨でもいないかなー?と水面を見ていると・・・。

ん?なにかいる。
はるか向こうの対岸に、何かが動いている。

お!鹿じゃん!!
50kgくらいのが1頭、25kgくらいのが2頭。
水辺に下りてきています。

20100128鹿を見た3


ここで、猟師以外の人種は
「わぁ、野生の鹿がいるよ。かわいいねぇ~!」
なんて喜ぶところなんでしょうが、猟師は
「ラッキー!見切りしなくても獲物発見。なんとしてでも獲っちゃる!!」
となります(笑)。

しかし対岸までは100メートル以上ありそうです。
5メートルを外す私には、100メートルの距離を当てる自信はまったくありません(キッパシ!)。
(第一まだ夜明け前なんで発砲禁止です)

ここは皆さんの到着を待って、巻き狩りの包囲網に囲い込むのが一番でしょう。
池の右の山は地形的に獲りにくいので、左側に留めておきたいところ。

池の右側の林道を進みます。
犬に追われているなど特別な理由がない限り、人がそこにいるだけで野生動物はその場所を避けるのです。

山の中に入ると鹿が走るのが見えました。
なんとか思い通りに左の山に追いやることができたようです。



皆さんが集まりすぐに第一ラウンド開始です。


今日の待ちはこんな感じ。

20100128鹿を見た2


うまくいけばこの斜面を鹿が駆け下りてくるハズ。

辺りは鹿が好むアオキが生えているけど、鹿の届く範囲は見事に葉っぱが食べられてます。
20100128鹿を見た



結局3頭出たけど包囲網を突破。
残念だけど、獲物を見れたので満足な感じ(笑)。





その後も獲物のいる場所を探しますが苦戦。


しかし歩き回ると色々な花も咲き始めていて、もう春の息吹が聞こえてきますね。


お札の材料になるミツマタ。
20100128鹿を見た4


梅の花も咲き出しています。
20100128鹿を見た5



結局この日は苦戦して、子イノシシを2頭でした。

20100128鹿を見た6


待ちに付いているときに野うさぎを2羽見れたし、獲物をたくさん見れたので満足でした♪


関連記事
スポンサーサイト



コメント
しか~!!
鹿が目の前に来なくて残念やったね!
次は背後から現れるよ~!!

ウサギはエアーでパシッ!が理想かな??
2010/01/29(金) 19:39 | URL | えーちゃん #-[ 編集]
えーちゃん
うん、鹿は残念だった。
でもしっかり見れたんで満足だよ。

ウサギは手が届きそうな所に止まってたんでナイフを投げつけてやろうかと思ったよ(笑)。
手裏剣を常備しようかな~。
2010/01/29(金) 22:02 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
ウサギは切り株を用意しているとそこにつまずき、首の骨が折れるので獲れます。>http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BE%85%E3%81%A1%E3%81%BC%E3%81%86%E3%81%91
これぐらいの猪をその方法で獲った人を知っています。
2010/01/30(土) 08:59 | URL | まりん #plLqP/YM[ 編集]
まりんさん
二匹目のイノシシは獲れましたか(笑)?
2010/02/01(月) 12:54 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード