FC2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

大物猟にスラッグ弾を何発持って行く?

忙しくてなかなか参加できなかった有害駆除に久しぶりの参加。
2019.10.17残弾1

「うっ! 林道の法面が崩れるくらいにド派手に稼いでいる(エサを求めて土を掘り起こしている)ねっ!!」


我が家のワンコ達は発情期が来ていてフィールドに出せなかったのですが、グループの猟犬を補助する勢子役として山に入る準備をします。
2019.10.17残弾2

足ごしらえをしていると
「一体何発弾を持って行くんだい?」
胸の弾差しに入れた10発のスラッグ弾を見てそんな事を聞かれます。


大物猟に何発の弾を持って行くのかは、その地方・ハンターさんの猟法や使用銃の違いもありますので一概には言えないことです。

特に山を歩き回る勢子役としては、携行する荷物は1gでも軽くしたいのが本音。
なにせ3kg以上もある銃を持って、ジャングルジムの様な山の中を歩かないといけませんからね。


しかし私はいつも人より弾を多めに持って行きます。
(この時も腰の弾帯にあと8発スラッグ弾を携行していたことは内緒。笑)

それは過去に一回の出猟で10発以上のスラッグ弾を撃ったことが何度もありましたし、弾を多めに持って行くことが自分や仲間や猟犬の命を守ることに時には繋がることを嫌と言うほど知っていたからです。

とにかく弾が切れると猟銃は何の役にも立たないのです。


まあ、笑われても多少重くてもいつもの装備で山入り。

この日は少し風があったのでいくらかはマシだったのですが、まだ気温は高くボタボタとオレンジキャップのつばの先から汗が滴り落ちます。


犬の起こし啼き。
そして銃声。

私と同じく勢子役として山に入っていた若手くん(仮名)が、一発で20kg程の小イノシシを仕留めたとのこと。
2019.10.17残弾3
「おお、おめでとう♪」


山から引き出した後、再び山に入ります。

猟犬が二手に分かれたので、どこで獲物を出しても対応できるように山の稜線を歩いていると、再び猟犬の啼き声。
山裾の啼き声に向かって一直線に山を下ります。


「啼き声が一か所で動かない。さっきと違って大物に当たったな。急がないと…」


藪をかき分けて進んでいるとドゴーンと一発の銃声。

「倒しました!」
再び若手くん(仮名)の声。


少しホッとして歩みを緩めて山を降りますが、猟犬の激しい啼き声は止みません。
「嫌な予感…」


「うわっ!立ち上がりました」
焦る若手くん(仮名)の声。

さらに激しく啼きたてるワンコ。

「早く止め矢を撃てっ!」


藪をかき分けながらしばらく進んでいると、再び銃声。
2019.10.17残弾4

今度こそ本当に決着!


仕留めたのは80kgを超える大物イノシシ。
頑張って啼き止めてくれていたワンコが受傷しましたが大禍なし。

若手くん(仮名)の撃った一発目は脊髄の上側の突起骨を砕き、肩ロース全部と背ロース半分ほどを血肉にするほどの損傷を与えていました。


結構な山奥で倒したので、若手くん(仮名)とヒーヒー言いながら山から引っ張り下ろします。


「なあ、若手くん(仮名)。あと何発弾が残ってる?」

「あと2発しか残っていません…。じゃんさんの言っていることが正解でした」

「正解なんて無いと思うけれど2頭も倒すなんていい経験したと思うよ。ワンコがケガしたけれど倒せて本当によかった。おめでとう!」
2019.10.17残弾5


山を走り回った上に大物イノシシを引っ張り出したので体中が激しく筋肉痛。

うう、まだ身体が慣れてないなぁ。



今日も自然の恵みに感謝です。



↓弾をたくさん持って行くのは銃の腕が悪いからだろっ(はい、その通り)!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト



コメント
参考になりました!
2019/10/17(木) 23:13 | URL | 藤本稔和 #GWMyNl/.[ 編集]
藤本稔和さん
初めまして!コメントありがとうございます♪

本文中に書いた通り正解は無いと思いますが、参考になれば何よりです。
2019/10/17(木) 23:33 | URL | じゃん #-[ 編集]
僕も10発は最低持参ですね。
有害の巻き狩りで8発使ったことがあります。
鳥で回るときも10発は持って行きます。
キジが居ないか双眼鏡で見てたら、
視界の隅にイノシシが4頭走ってて、
それぞれ1発、倒れたのは1頭でしたが、
上下2連なので弾を入れるのが忙しい!
(≧∀≦)
2019/10/18(金) 06:11 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
持ち歩く弾の数
今年の2月に11頭のイノシシの群れに出会い、二人で9頭仕留めましたが
一人が150m オレが200mの距離で、二人で30個近く撃ってます
オレはその時、18個弾を持って行って、2個残しておりましたが
家路に向かう途中、全く別の場所で1頭発見
距離50mで狙いましたが・・・・9頭引っ張った後で腕がプルプル
50mの距離で2発撃って2発とも外しました・・・もう3個くらいあれば・・・
熊山の時は、20個くらい持って歩きます(距離があるのを撃つことが多く、下手なので何個も使う事もある(笑))が、共に猟をする仲間には、どんなことがあっても2個くらいは残して家に持って帰る気でいなさい
狙った獲物に全部使っちゃダメだ
獲物の確認に行くのにも弾は必要だし、帰り際に襲い掛かる不届きなクマがいるやもしれぬ
そして、2個残した弾を弾帯に2個と確認し、家に入る前にまた確認し、銃に実包が入っていないかも確認せよと言い渡しています。
猟は、仲間が無事に家に帰ることが最大の仕事ですからね~
山はおっかないので、弾は余計目にという事ですね
2019/10/18(金) 17:44 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
大物と言えば専ら羆撃ちですがベルトに17発付いてますね
まぁ、そんなに要らないんですが弾薬ポーチ容量が12発+5発なので取り敢えず満タンに
2019/10/18(金) 18:47 | URL | 名前未記入 #-[ 編集]
坪ちゃんさん
鳥撃ちの時は、スラッグ弾を何発持って行こうか私も迷います。
結構目撃しますからね。

で、結局多めになってしまいます(笑)♪
2019/10/18(金) 19:32 | URL | じゃん #-[ 編集]
kuma仙人さん
kuma仙人さんの場合、熊が相手で銃がライフルなので、また状況もかなり違うのでしょうね~。

「お家に帰りつくまでが遠足です」と、小学校の先生が言っていましたが、狩猟も同じで「安全に家に帰りつくまでが狩猟」ですね。
2019/10/18(金) 19:35 | URL | じゃん #-[ 編集]
名前未記入さん
お!こちらは羆撃ちのハンターさんですね。
コメントありがとうございます。

日本最大の羆になると、本当に命にかかわる具合が凄いのでしょうね。
私だったら持てるだけ弾を持って行きそうです(笑)。
2019/10/18(金) 19:38 | URL | じゃん #-[ 編集]
マグナム・・・
私はケチケチ狩猟者なので弾は5発のみ。
弾が残り少なくなってきたら・・・
自分の玉で勝負です!
マグナム級が2発!
と言いたいところなのですが・・・
近頃、不発が多いです。
困ったものです。。。
2019/10/19(土) 10:13 | URL | あっきょ #-[ 編集]
あっきょさん
お!あっきょさんは弾の携帯少数なんですね。
違う意見も大歓迎です!
(逆にどんどんコメント欲しいです)

確かに少しでも軽いと楽なのはとても良く分かります。

私は元々マグナム弾なんて装備していないので、ショットガンで勝負です(笑)♪

2019/10/19(土) 20:51 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
こんにちは 若手さんが背負ってたリュックサック程よい大きさで使い易そうでしたが、どこのメーカーのどう言った商品ですか?
2019/10/20(日) 05:45 | URL | へいちゃん #Nzud5xsU[ 編集]
へいちゃんさん
はじめまして!コメントありがとうございます♪

若手くん(仮名)に聞いてみましたが、「射撃会でもらった無名のものです。どこで売っているのかも分かりません」とのことでした。
お役に立てずにすみません。。。
2019/10/21(月) 00:54 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード