食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ついに仕留めた!?

今日も大物猟。


今日の待ちはこんな感じです。
20100102止め撃ち4


孟宗竹の林の中を2本の獣道が通っています。
(待ちに付いている時で、フラッシュ焚けなかったのでピンボケです)

20100102止め撃ち(修正)



写真ではわかりにくいですが、黄色のラインにはっきりと獣道があります。

先輩ハンターから
「この2本しか出ないから」
と言われて、通り道をしっかりと確認。
何度も据銃して照準を定めます。






勢子が猟犬を離してしばらくした頃、「たくさん出たよっ!」との連絡。
と同時に犬の鳴き声が聞こえてきます。




一つ下の待ちから3発の銃声!


「どうなった!?」
と思っていると、確かに生命反応が近付いてきます。
しかし、獣道を走るようなバリバリ音はない…。

「???」

自分の任された2本の獣道を凝視していると、更に1本下の「ここには出ないから」と言われていた赤ラインの林道からイノシシ出現!!
この赤ラインのすぐそばには池があり、道も広いしイノシシが通るには明るすぎるのです。


20100102止め撃ち6(修正2)

弾丸のようにこちらに向かって走って来ます。



距離約25メートル。
今までの失中(ハズレ)っぷりとは裏腹に、不思議なほど落ち着いて引き金を引く。

瞬間の銃声。




その場に崩れ落ち、3回ほど宙を掻く手足。






2発目を発射するためだけに見ていたイノシシは、すぐにその必要が無いことがわかりました。


20100102止め撃ち

20100102止め撃ち2

20100102止め撃ち2




すぐにナイフで血抜きに行きたい衝動に駆られましたが、勢子の「次が来るよ!早く弾を装填してその場に待機っ!!」という声で慌てて待ちに戻ります。
(写真は一段落してから撮影)






勢子の言葉通り山のあちこちで発砲音。

結局、全員で3匹のイノシシを撃ち取りました。





私の撃ったイノシシは62kgのオス。

20100102止め撃ち3

残念ながら初矢(最初に当たった人)は前の待ちの人で私は2番矢(涙)。

お手柄は初矢の人のものとなってしまいましたが、初めて「思い通りに狙って当たった」という一発だったので満足です♪






まだまだ「仕留める」のは先の話になりそうです(笑)。



関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
いやぁ立派立派。すごい勢いで猟師になって行っているのが分ります(^^)#
2010/01/07(木) 11:17 | URL | シェフ #-[ 編集]
No title
ころがした瞬間は最高でしょうね
2010/01/07(木) 12:13 | URL | あいべり #-[ 編集]
No title
着実に実力がついていってるではないですか。大物を初矢で仕留めるのも時間の問題ですね。
2010/01/07(木) 19:18 | URL | セラヴィ #plLqP/YM[ 編集]
シェフさま
あはは~。ありがとうございます。
私の場合「ハンター」ではなく、間違いなく「猟師」って感じですよね(笑)。
2010/01/07(木) 22:25 | URL | じゃん #-[ 編集]
あいべりさん
いやー、正直余裕が無くて、嬉しさよりも次に現れるかもしれない獲物に緊張していました(笑)。
まだまだですね。
2010/01/07(木) 22:27 | URL | じゃん #-[ 編集]
セラヴィさん
ありがとうございます。
いやー、今回のはまぐれっぽいです(笑)。
なんとか今猟期中に1頭仕留めたいですね。
2010/01/07(木) 22:30 | URL | じゃん #-[ 編集]
名人!
逃げられたのを仕留めて、お手柄でしたね。
ご褒美に頭をもらったのでは?(笑)
2010/01/08(金) 12:05 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
川ガニさん
いえいえ、まぐれ当たりに近いかと(笑)。
頭は記念にいただいたのですが、忙しすぎて廃棄(涙)。
牙だけでも取っておきたかったのですが、ヒマがありませんでした。
2010/01/09(土) 11:55 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード