FC2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

あれ!?獲物が入れ替わった!

この日は朝から獲物探しに苦戦。

メンバーの皆さんが各地に散らばってイノシシの足跡やカセギ(餌を食べた痕跡)を探索しますが、目ぼしい痕跡がなく1時間ほどが経過します。

「うう、獲物に逃げられるのは時の運だとしても、獲物の痕跡が無いのに犬を入れてもエネルギーの無駄だしなぁ…」


猟場をウロウロと彷徨っては獣道の痕跡を探りますが、どこも足跡が古くてダメ。


そんな時にふと田んぼの中に黒い塊が動く様が目に入ります。

「あれっ? んんん!? え~っと、もう8時半になるけど、確かに田んぼの中にいるのは50~60kgほどのイノシシだっ!!」
モグモグと何かを食べていましたが、私の乗っている軽トラに気付くと山の中に入って行きました。

巻狩りは獲物の痕跡から寝屋を推測して猟犬で追い出す猟法で、そこがおもしろい所でもあるのですが、今日の様に獲物の痕跡が乏しい時は目視できるほど確実な証拠はありません。
滅多にないことですしね。


急いでメンバーの皆さんに連絡して山を囲んでもらいます。
2018.12.04子イノシシの坦々鍋4

待ち役が山を取り囲み、勢子役が猟犬を入れます。


ギャンギャンギャンっ!!
すぐに追い啼き!

しかしこれは狙っていたイノシシではなく鹿。
一旦猟犬を呼び戻し、再びイノシシが入った山へ犬を導きます。


ギャンギャンギャンっ!!
「よし、出たぞ! 今度こそ本命のイノシシだっ!!」

すぐに一発の銃声。
無線連絡が上手くいかず、はっきりとは分かりませんでしたがイノシシを仕留めたようです。

「よっしゃ、上手くいった!
それにしてもこんなに獲物の痕跡が乏しい時に田んぼに出てきたイノシシを見付けるなんてラッキーだったなぁ♪」


しかし現場に駆け付けると私が見た50kgオーバーのイノシシではなく、仕留められたのは20kgほどの子イノシシが2頭。
(1頭は犬が噛み止めた)

2018.12.04子イノシシの坦々鍋1

「あれ~、どういうこと?」
どうやら私の目撃した親イノシシが逃げ込んだ山の中にたまたまこの子イノシシも潜んでいて、こちらの子イノシシを先に猟犬が発見してしまったようです。


無線連絡が上手くいっていたら「獲物が違うから競り返すぞ!」となっているところでしたが、一旦包囲網を解いてしまったので抜けられている可能性が高いと判断してそのラウンドは終了。


その日はもう2ラウンド競りましたが、上手く待ち(狙撃手)に掛からず…。
残念!!

う~ん、猟は上手くいく時もあればそうでない時もあります。
だからこそ上手くいった時は嬉しいんですけどね。


しかしまあ、2頭の獲物に恵まれたので良しとしましょう。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓なんだ?真っ白なイノシシだなっ!!と思った方はクリックプリーズ(毛を抜いて処理したのです)♪ 
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム


関連記事
スポンサーサイト
コメント
猪の足跡を追ってたら…
キツネに変わってたことがありまーす。
(≧∀≦)
2018/12/05(水) 09:04 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
これは
天功顔負けのイリュージョンですね。
生きるためのまさに真剣勝負。
知恵のあるイノシシでした。
2018/12/05(水) 19:36 | URL | デビラ #mQop/nM.[ 編集]
坪ちゃんさん
今回は子イノシシでしたが、色々なものに変わることがあります。
鹿だったりアナグマだったりタヌキだったり…。

子イノシシと思っていたら100kg級の巨大イノシシだった!!という時がやばいですね。
2018/12/05(水) 20:55 | URL | じゃん #-[ 編集]
デビラさん
私の見たイノシシはプリプリに太っていて美味そうでしたし、とっくに夜が明けた8時過ぎまで田んぼに出ていたのでトロそうでしたが、知恵があり賢い個体だったようです。

完全に人間側の負けですね。
2018/12/05(水) 20:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
お湯で毛抜きですか??

毛を抜いた後は、皮も食べるんです?
2018/12/06(木) 09:27 | URL | せんじがら #-[ 編集]
せんじがらさん
お久しぶりです!

はい、70℃くらいのお湯をかけて毛抜きします。
ゼラチン質の皮がとても美味しいですよ♪
2018/12/06(木) 21:30 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード