食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

素抜け(すぬけ)

先日の巻き狩りで獲れた獲物。

20091213ちび豚4匹


10kg程の子イノシシが4頭(もう1頭いたけど逃げられました)。


犬が追い出して、山のあちらこちらでドッカンドッカン銃声が聞こえます。

まるで戦争(笑)。


みんな同じ大きさの子イノシシで、どこかに母親がいるからと、かなり執念深く勢子が犬を使って探したのですが、結局見つからず。


子供のイノシシが集団でいる場合は、犬に見つかったり、銃で狙われたりしたら四方八方に逃げ回ります。
本当に蜘蛛の子を散らすように。

そういう風に遺伝子がプログラムされているのか、何も考えていないだけなのかはわかりません。

そうやって逃げることで、敵の狙いを分散させ、いくらかの個体は生き延びるのでしょう。



親イノシシはどうなのかというと・・・。

親イノシシが単独でいる時は犬に追われるので飛び出してきますが、そういう状態で犬や勢子が子イノシシを追っかけて行くと、親はすぐには逃げず、忍び足でこっそり山を抜け出します。

本当にこっそりと。

獣道の切れ目になると顔だけ出して辺りをキョロキョロして確認し、安全なことを確かめるとダッシュで逃走。



これを「素抜け」と呼んでいます。



「子イノシシを犠牲にしてまで自分が助かろうとする親」
なーんて言うと「極悪非道な母親」って感じがしますが、まだ自立していない子イノシシより親イノシシが生き延びる方が、種の保存には有効ですしね。



今回はまんまとやられました。




関連記事
スポンサーサイト
コメント
なぜ?
箱罠でも同じように、母親は危険だということを知っているので遠くで見ているだけ、子は何も考えずに入って餌を食べて獲られる、なんてことがしょっちゅうです。子をかばうという知恵までは持ち合わせていないのでしょうね?
2009/12/18(金) 23:34 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
No title
子猪を生け捕りにして、発信機をつけて放し、親を捕まえるという手はどうでしょう?>真剣に考えている今日この頃。
2009/12/19(土) 00:05 | URL | セラヴィ #plLqP/YM[ 編集]
川ガニさん
子供時代に危機を乗り越えた個体が母親になるので、そこまで考えていないのでしょうかね。
箱ワナでも、「とりあえず子供を入れて様子を見とけ~」って感じだったりして(笑)。
2009/12/20(日) 23:11 | URL | じゃん #-[ 編集]
セラヴィさん
捕まえた子イノシシを、主のいなくなったヤギ小屋で育ててみるというのはどうでしょうか(爆)!?
2009/12/20(日) 23:13 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード