食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

卵は幸せの印

モリとカヤに襲撃されてから、しばらく卵を産んでくれなくなったホシノさん達。
2018.03.05幸せの卵2

傷も癒え、今はすっかり元気です♪
(写真には3羽しか写っていませんが4羽とも元気)

しかし卵を産んでも1日に1つか2つ。(それまでは1羽が1個、毎日4つ産んでいました)


採卵のために飼育しているホシノさん達なので、卵を産んでくれなくなると困るなぁ。

正直な話「いずれは潰して食べよう」と思ってたのでそろそろその時が来たのかな…。


私のお袋などは農村部に近い場所で生まれ育ち、どこの家庭でも鶏を飼っていて「鶏は庭の草」と呼ばれる存在だったとのこと。
それくらい勝手に増えて、勝手に大きくなっていたのでしょう。
野良ニワトリなんかもたくさんうろついていましたしね(笑)。

実際にどこの家でも鶏の自家繁殖を行っていて、大きくなってけたたましく鳴くようになった雄鶏や産卵効率の落ちた雌鶏は親戚が遊びに来たときの御馳走として食卓に並んでいました。
現に私も母の田舎に遊びに行くと「今日は鶏を絞めて食べようか」と祖母が捌いてくれたものです。

ホシノさん達を飼い始めた春に「ニワトリを飼い始めたんだ」とお袋に話すと、「まあ♪正月のガメ煮にするのにちょうどいいわね!!」と即答されました(実話)。



でもホシノさん達はヒヨコの時から育ててるし、4羽くらいだからしっかり個体識別も出来てるし、情も移っているんだよなぁ。
どうしよう…。


「鶏鍋が食べたいなぁ…」
水入れの水替えをしながら、そんなことをホシノさん達の前でボソッと呟いてみます。

「鶏肉の炭火焼なんかも良いなぁ…」
またある時は、1つか2つしか産み落とされていない産卵箱の卵を回収しながらボソッと呟いてみます。


しかし、当初の目的だった除草には充分役立っているしなぁ。

それに何より、オムツを履いたようなプリプリとしたお尻を振りながら庭を歩く様を眺めるのは可愛く楽しいものです。


「ま、食べるのはその気になればいつでも出来るし、ある日いきなりイタチなんかに襲われるかもしれないし、それまでは自由に生きるといいよ」

そんなふうに考えていたある日の事、産卵箱に卵を採りに行くと4つの卵♡。
2018.03.05幸せの卵1

「おお、やればできるじゃないか!! なんか久しぶりにこんな光景を見た。ちょっと感動!」
傷も癒えて暖かくなってきたのでエネルギーを産卵に回せるようになったんだね。

改めて見ると卵ってツヤツヤしていてきれいな楕円形で、それが産卵箱の中に産み落とされているのを見るだけでホワホワと幸せな気分になれます。


スーパーに行けば当たり前に安価で卵を売っていますが、一昔前は鶏卵って貴重品だったのだろうなぁ。

そんな時代は今の自分のように、ニワトリを飼っている人は毎日産卵箱を覗くのが楽しみの一つでもあったんだろう…。


そして現代社会においては、卵を見るだけで幸せになれる自分ってとっても安上がりなんだろうなぁ。



そんな事を考えた一日でした(笑)。



↓「いきなりローストチキンが食べたくなったので作ってみた♪」の記事頼むっ!! と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

関連記事
スポンサーサイト
コメント
悩みますね
じゃんさんのブログの趣旨からすると当然「最後は食べちゃうん
だろ~なぁ」と思っていました。
が、丁寧に「ホシノさん達」の世話をしている様子を伺っていると、
果たしてどうなんだろうか?と。

卵を産まなくなった時が思案のしどころですね。
でも、そう考えると答えは簡単かも!

寿命が来る直前まで卵を産んでもらうのです。
正攻法は採卵用高配合飼料を与え続ける。
変化球でじゃんさんの「呟き作戦!」

呟きで危機感を持ったホシノさん達は必死で卵を産むこと間違いなし!
ダメかな?



2018/03/07(水) 01:27 | URL | あっきょ #-[ 編集]
ホシノさんを脅迫したのですね。
(^ω^)
2018/03/07(水) 09:35 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
No title
鶏は冬場は産卵効率が落ちますね。
日照時間の関係だったと思います。
うちで飼ってた鶏達を思い出して懐かしいです!
2018/03/07(水) 17:45 | URL | オイノコ #-[ 編集]
あっきょさん
はい、正直どうするか悩んでいます。
まあどうにもならないかと思ってはいます。
その時が来たらその時考えようかな、と。

しばらくは呟き作戦頑張ります(笑)♪
2018/03/07(水) 23:02 | URL | じゃん #-[ 編集]
坪ちゃんさん
いやだなぁ、そんな人聞きの悪い。

「優しく説得した」んですよ(笑)♪
2018/03/07(水) 23:03 | URL | じゃん #-[ 編集]
オイノコさん
>うちで飼ってた鶏達を思い出して懐かしいです!

ということは今はニワトリがいないんですね。
も、もしかして食べちゃった(笑)!?
2018/03/07(水) 23:06 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード