食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

毛皮作成再び!

2月にいただいた毛皮の材料
塩漬けにしたままほったらかしなので
「途中で飽きたんだろう」
「イヤになったのでは!?」
などの声が聞こえてきそうですが、ちゃんとやっていますよん(笑)。

そう、肉が生ハムになるように、乳がチーズになるように時間を、ただひたすら時間を待っていたのです。

そろそろいいかな。

実は前回生皮を処理したときに、あまりにも滑って作業性が悪かったのです。
そこで親父に聞いたら
「できないことないけど、塩漬けか乾皮にしないと作業しにくいよ」
とのこと。
そっかー。どうりでやりにくいと思った(笑)。


さあ、作業を始めましょう!!
まず、どこにでもありそうなかまぼこ型の台を用意します。

毛皮のなめし


それに載せて、大まかに肉や脂肪を手やナイフで取っていきます。
塩漬けにした皮は肉が簡単に剥がれますね。

剥がす



大まかに取った後はナイフや軽石やこんな道具で。
これは鋸の刃をカットしたもの。

のこ歯


これで皮の表面をきれいに削っていきます。
鋸刃は皮の表面に細かなキズを付け、ナメシ液が浸透しやすくする役目もあります。

初めて見る獲物の匂いと、毛皮のなめしの様子に犬たちも興味津々です(笑)。

興味津々



ジャンはちょっと味見したりしています(笑)。

味見


次はいよいよなめし工程です。

「鞣す」
革が柔らかいと書いてなめすと読むそうです。こういうのを見ると日本語ってやっぱりいいなぁ~って思ってしまいます。

さあ、それではなめしの工程にとりかかりましょう!

きれいに表面の肉や脂肪を取り除いた皮をなめし液に漬けます。
皮のなめしにはクロームなめしやタンニンなめしなど、やり方は色々ありますが、毛皮の作成はミョウバンなめしで行ないます。皮が白く柔らかく仕上がるのが特徴です。

なめし液はぬるま湯1リットルに対して、生ミョウバン(硫酸アルミニウムカリウム)40gと重曹(炭酸ナトリウム)40gを入れ、よく混ぜます。焼ミョウバンではなめし効果が薄いそうなので、必ず生ミョウバンを使用すること!

なめし液のミョウバンと重曹の量はある程度適当です。濃い溶液は短時間でなめしが終了するけど、濃すぎると毛が抜けたりするそうなので、薄めの水溶液で時間をかけて作るほうが失敗がないそうです。

毛皮漬け込んでます


たっぷりのなめし液に漬け込み、1日に1回以上かき混ぜます。
皮の状態によって変わってくるそうですが、3日~10日くらいでなめしが完了する予定で~す。


続く
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード