食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

命をいただく物語

お魚が食べたくなったので潜りに行って来ました。
2017.07.18潜り物語1
潜り始めて1時間ちょっと経過すると、急に海が時化だしたので撤収。

最近は近場のサーフから浅場の潜りばかりなので大した大物は獲れず。
2017.07.18潜り物語3
それでも晩御飯のおかずには充分な魚が獲れました。

「ああ、このアラカブは魚の潜む穴を覗いた時にいたヤツだ」
「チヌは互いに出会い頭に会って目が合ったんだよ。獲れてラッキーだった♪」
「こっちのタコはサザエに覆い被さってこじ開けようとしていたのを捕まえたんだよな・・・」

それぞれを捕獲した状況を思い出します。


そんなことを思いながら過去の自分のブログの写真を見てみると、ほとんど全ての獲物をどういう状況で獲ったのかが鮮明に思い出されます。

狩猟で獲った獲物も同じ。

これには自分でもちょっとビックリ!!


そうだよなぁ、獲った状況を記事にしているからとは言え、書いていないこともたくさんあります。

それでもそれらを覚えているのは、捌いて調理して食卓に上る時に
「この獲物には苦労させられたんだ」
「今日は狙い通りに上手くいった」
「今日は完敗。向こうの方が何枚も上手だった。残念ながら小物しか獲れなかった」
なんてことをワイワイと話しながら食べることが多いからでしょう。


野生の営みであったり、知恵比べや駆け引き、命が消えて行く瞬間・・・。
自分で獲ってきた獲物にはスーパーのパック詰めの魚やお肉にはないドラマが存在します。

だからこそ無駄にはせず美味しく食べようと思うのです。


いや、なぁ~んて偉そうなことを書いているけれど、単に食い意地が張って猟欲が強いだけです(笑)。


今日も自然の恵みに感謝です。



↓食べ過ぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
40年前、渓流釣りにのめり込み通った秋山郷の小さな沢、イワナが釣れたポイントは今でも思い起こす事ができます。朝の暗いうちから夕方暗くなるまで良くやったよなあ。

今は週末は鮎釣りです。
やはり釣れたポイント、状況は頭にこびりつきますね。
同じく自然の恵みに感謝です。
2017/07/19(水) 16:24 | URL | bon #-[ 編集]
No title
お魚が食べたくなったら、スーパーや魚屋さん・・・ではないのですねw
これだけ種類があると、美味しい食べ方も様々でしょう?
頼もしいお父さん、すごく素敵だなぁ (・∀・)
2017/07/19(水) 19:51 | URL | ますかっと #WiBucywE[ 編集]
No title
そーなんですよねー
釣った 捕った 狩ったの記憶は
いつまでも鮮明に残っているもんですね。

本能的に生きていくための必要な直接的情報は
忘れないのかもしれません。

なのに生きていくために必要と思われる学問は
ナゼに記憶に残っていないのでしょう。

その認識が足りなかったからでしょうねー
後悔先に立たずです。。。


2017/07/19(水) 20:48 | URL | 伊豆のハンター #-[ 編集]
bonさん
渓流釣りは大学時代によく行きました。
渓を歩くだけでもストレス解消になるのに、ラムネの瓶の様に透き通った水に仕掛けを投入するとドキドキしました。
釣れる渓流魚の美しさも宝石のようでした。

ああ、なんだか久しぶりに渓流釣りに行きたいなぁ~♪
2017/07/20(木) 01:13 | URL | じゃん #-[ 編集]
ますかっとさん
ますかっとさんにご指摘を受けて、年間でどれくらいの魚を買うのかを考えてみました。

良く買うのがアナゴ釣りのエサのお勤め品で安くなったもの。
これはたくさん買います(笑)。

ん~、自分が食べるための魚と言えば秋刀魚くらいですね!
改めて考えるとビックリです♪


2017/07/20(木) 01:17 | URL | じゃん #-[ 編集]
伊豆のハンター さん
おひさしぶりです!

覚えていますね。色々な獲物のこと。
やっぱり考えて行動して、成功も失敗も次に繋げるために自然とインプットしているのでしょうね。

学校の勉強を全く覚えていないのは、おそらく全く必要のないものだったからでしょう。
私も全く覚えていません(笑)!!
2017/07/20(木) 01:20 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
あはは そんな夢のある記事ばかり書くから よその人が憧れちゃうんですよ(^◇^)

わたしなんて自分で獲った獲物でも 美味しくないところは平気で捨てちゃいます

だってそれが獲る者の特権ですからね(笑)
2017/07/21(金) 09:53 | URL | しぇふ #-[ 編集]
しぇふさま
あはは、夢あり過ぎますかね(笑)?

真実はというとですね、ホシノさん達に食べさせる毎日のタンパク質の確保に大変なんですよ。
お魚は投げ与えるだけで腸まできれいに食べてくれるのでとても重宝しています♪

犬と猫とニワトリを飼うとほとんど残飯が出ません♪
2017/07/21(金) 23:29 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード