食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

狩猟圧

「日本全国で有害鳥獣による農業・林業被害が問題になっているけれど本当だろうか?」

巻狩りのために朝早くから見切りをするけれど、足跡一つ拾う事が出来なくなります。
猟期が解禁したばかりの頃は道路から一歩入った場所にドカドカと生足(獲物がその日に通った足跡)が残り、けもの道も鹿やイノシシの蹄でえぐれて溝のようになっていたんだけどなぁ・・・。

猟期序盤には箱罠で一網打尽。箱罠の危険性を学習して近寄らなくなっても括り罠によるけもの道の24時間複数監視体制。
鹿やイノシシが人間の恐ろしさを知り、里山の近隣の田畑を荒らさなくなった頃にはある程度個体数が減り、山中の餌で充分に胃袋を満たせるようになって山に籠るようになります。

そんな時に猟犬による巻狩りは抜群の効果を発揮します。
山の中に籠ったままのイノシシや鹿を勢子と猟犬が追い出し、包囲網を張った待ち子(射手)が撃ち取ります。

罠猟を「待ちの猟」とするならば、猟犬を使った狩猟は「攻めの猟」といった感じでしょうか。


私が大物猟を行っている場所は罠猟師も銃猟師もとても気合の入った方が多く、罠猟と銃猟による合わせ技で、毎年猟期終わりには獲物を探すのに相当に苦労するのが例年のことなので冒頭のように思うのです。

この日は勢子役が立て撃ち(犬が啼き止めて勢子役が仕留めること)で58kgのオスイノシシをゲット。
2017.02.13狩猟圧2
「獲物がいないいない」と言いつつも、どこからか捻り出してきます。

足に傷。
括り罠から逃げてきた痕跡。
2017.02.13狩猟圧1
(赤印が括り罠のワイヤー痕。青印は逃げた時の痕跡)

「お前もせっかく一旦は助かった命なのになぁ・・・」


本当になぁ、日本全国で有害鳥獣による農業・林業被害が問題になっているけれど事実なんだろうか?
「それは一部の地域の特殊な事情で、大部分はそうじゃないんだ。やる気のあるハンターが各地域に数名いて、狩猟圧をかけるとあっと言う間に獣達は山奥に逃げて人里近くに出てくることはなくなるんじゃないだろうか」
そう思わざるを得ません。


しかし、隣県に鳥撃ちにいくとこの有様。
親子の鹿が道路近くに出てきていたので写真撮影。
2017.02.13狩猟圧3
(鹿が2頭写っているのが分かりますか?)

逃げもせずこちらを眺めています。
「まあ今日は鳥撃ちだから見逃してやるよ。今は冷蔵庫も冷凍庫もいっぱいだしな・・・」

まったく人間を恐れる様子がありません。


鳥撃ちに来ている県は人口少ないからハンターさんも少ないんだろうなぁ。
山も大きくて深いし。

やっぱりうちの地域が特殊なんだろうなぁ。


皆さん、気合入り過ぎです(笑)。


↓キミは気合足りんよ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

関連記事
スポンサーサイト
コメント
一応、鳥がメインですが、スラッグも
10発は持って出てます。(^ω^)
中々当たらないけどね。(≧∇≦)
2017/02/13(月) 20:24 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
こいつらなめてますね
人を見て尾が立っていない警戒心の無いシカが居るなんて!!
今季 自分のライフルに装填すらできていない。持ってない時には出くわすのですが。
2017/02/13(月) 21:14 | URL | デビラ #mQop/nM.[ 編集]
No title
雪上がりのこれからの1週間は昼下がりに餌を求めてシカが出てきます。

先々週は単独で3時間で9発、4頭ゲットしました。捌くのがめんどくさかったけど、
タンパク源を食べるために今週も頑張ります。

ちなみに私は、頭以外は全て食します。犬と共に。
2017/02/13(月) 22:27 | URL | せんじがら #akJVOkEc[ 編集]
坪ちゃんさん
私も鳥撃ちの時にはスラッグ必携です。
最近は四つ足増えましたし、イノシシなどに出くわした場合、撃ちたくなくても撃たなければワンコを助けることが出来ない状況がありますもんね~。
2017/02/18(土) 21:21 | URL | じゃん #-[ 編集]
デビラさん
ええ、舐めているというか、舐められているというか・・・(笑)。
こちらのヘナチョコ具合を察知してのこの態度なんでしょう。

でもこうやって見ると野生動物ってかわいいと思います。
2017/02/18(土) 21:24 | URL | じゃん #-[ 編集]
せんじがらさん
3時間で4頭ゲットはすごいですね。

私も出来る限り食べています。
時には「何もそんな部位まで食べなくても」と言う目で見られることはありますが(笑)。
2017/02/18(土) 21:27 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード