食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ヤマドリ

親方(若き勢子)が見切りをしていると現れた物体。
2016.11.15ヤマドリ1
〔親方(若き勢子)撮影〕

長い尾羽と美しい羽毛を持ったオスのヤマドリ(狩猟鳥)です。

箱罠の中の糠やコメを食べていたとのこと。
2016.11.15ヤマドリ2
〔親方(若き勢子)撮影〕

ヤマドリは近年個体数が減った野生鳥獣の一つです。
主な原因はイノシシが増えすぎて、地上に巣を作るヤマドリの卵や雛鳥を食べてしまうからだと推測します。


私はハンターになって自分でヤマドリを獲って食べたことはありません。
(親父が撃ったヤマドリを食べたことはあります。とっても美味しい♪)

見切りをしていたり、巻き狩りの最中に射手として山の中に身を潜めていると時々見ることがありますが、そんな時はイノシシや鹿に気付かれてしまうので撃つことはできません。

鴨撃ちをしていて池から流れる沢水を飲みに来ていたヤマドリが銃声に驚いて飛び立った時は、銃の中の弾を撃ち尽くしていて「きれいだなぁ~」と呆然と眺めていたものです(笑)。


スピードのあるブリタニーのジャンを使ってヤマドリを狙ってみようかと思わないでもありませんが、大物猟の片手間に簡単に獲れるものでもないことはよくわかっています。

まぁ、ハンターを続けたらいつか巡り合う機会もあってヤマドリを獲れることもあるでしょう。


ヤマドリよ、たくさんたくさん増えておくれ!

そしていつかはこのヘナチョコハンターの口にも入りますように。。。(笑)



↓獲れる前に狩猟対象から外れるよ!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

関連記事
スポンサーサイト
コメント
アカヤマドリでしょうか?コシの辺りがちょっと白がかっているような?
コシジロヤマドリはもっと白いか?
こっちのキタヤマドリより赤いですね。
アカヤマドリはヤマドリハンターの
憧れです。
イノシシのついでには中々難しいですね。
ヤマドリのついでには結構イノシシ見つけます。(^_^;)
ヤマドリ、今期は何羽獲れるかな?
(^ω^)
2016/11/17(木) 08:46 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
No title
天然の鶏肉ですね(^_-)-☆。
2016/11/17(木) 09:34 | URL | あれこしぇふ #-[ 編集]
坪ちゃんさん
アカヤマドリなんでしょうか?これしか見たことがないのでなんとも分かりません(笑)。
宮崎のコシジロヤマドリは有名ですよね。
是非見てみたいです♪

イノシシ猟をしている時には見るんですが、鳥撃ちをしている時は見ないんですよねぇ(笑)。
2016/11/17(木) 22:33 | URL | じゃん #-[ 編集]
あれこしぇふさま
そう、天然ものの(ヤマ)鶏肉です♪
だけど私の腕が悪いので、なかなか自分で獲れません(涙)。。。
2016/11/17(木) 22:34 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
こちらでも、コウライキジやヨーロッパヤマウズラといった野生の鳥類が
年々減少しています。

そこで、ハンター協会で人工で繁殖させ、ある程度の大きさになると、
自然にかえす、という運動が盛んなのですが、

面倒くさがりなハンターの方々が多いのか、
車道からそんなに離れたところではない場所に置いていくんです。。

人工孵化させた子たちなので、危険を察知出来ず、そのまま車道での生活を始める→
交通事故が耐えない。という。。。

私が生まれて始めてヨーロッパヤマウズラを見たのも、
車のサイドガラスに突っ込んできた子でした。。。

なんだかなーもう!って感じです。
2016/11/18(金) 06:15 | URL | aka #SCHRkyqs[ 編集]
No title
ヤマドリ羨ましいです、こっちはコシジロばっかで・・・。
地元だと忍び猟やっていると、けっこう遭遇しますよ。
今年は特に出合いが多く、農村地帯でイノシシの箱罠についてました。
2016/11/18(金) 20:33 | URL | Hiroyuki Maki #-[ 編集]
No title
ヤマドリ!赤いじゃないですか!まだ若そうですね!いつかワンコとともに獲ってみたいなあ。ヤマドリだけはハンターじゃないと食べられませんからね。うーん、そこに行ってみたい!
2016/11/18(金) 21:16 | URL | ニライパパ #MYO5saVc[ 編集]
No title
車や耕運機に乗ってると、近づいても逃げませんね~
最近は毛をむしるのが面倒で獲りません~~~
というか、20番散弾のスチール弾があれば撃ちたいですが
イノシシやクマ猟がメインですからやっぱり余程でないと撃つ機会がないですね~
でも、旨いですよね~~~~
一年で30匹喰った年もあるけど、オレが獲らないのでヤマドリ増えました(笑)
2016/11/19(土) 20:41 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
akaさん
こちらでもキジの放鳥事業が行われています。
しかし近年野菜畑を荒らしたりする被害が発生しているそう。
ニワトリ飼っていたら食欲の凄さに分かる気もしますが・・・(汗)。

でもヤマドリ増えてほしいです♪
2016/11/21(月) 00:45 | URL | じゃん #-[ 編集]
Hiroyuki Makiさん
お久しぶりです!

そうですね、そちらはコシジロヤマドリばかりになるんですね。
実は今年の最初の鳥撃ちの時にもヤマドリに出会ったのですがゲットするには至らず・・・。
残念ですが腕が悪いのでこんなものでしょう(笑)。
2016/11/21(月) 00:49 | URL | じゃん #-[ 編集]
ニライパパさま
憧れは憧れだからこそ美しいのですよ(笑)。
私にとってのアナグマがそんな感じの獲物でした。
最初にアナグマをいただけると電話をいただいた時には氷を入れたクーラーボックス持参で行ったものです。
それが今では・・・。
2016/11/21(月) 00:54 | URL | じゃん #-[ 編集]
kuma仙人さん
こちらはイノシシが増えてヤマドリ減りましたね~。
先輩ハンター方に聞いても「もう何年も獲っていない」という回答でした。
キジは生息環境を変えて、人家の側でしか見なくなりましたよ。
ヤマドリ増えないかなぁ。
2016/11/21(月) 00:58 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード