食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

ヒトデはかなり恐ろしい!

夜釣りをしているとよくヒトデが釣れます。
2016.09.18ヒトデ1

普通の方は「ヒトデが釣れた」なんて言っても「たまたま針に引っ掛かって来たんだろう」と思われるでしょうが、実際はそうじゃないんです。

私はアナゴ釣りの釣り餌に魚やイカの切り身、ゴカイなんかを使っていますが、それらの匂いを感知し、ガッツリ針の根元まで飲み込まれています。
「いやいや、そんな訳ないよ。だいいちどうやってヒトデがそんなに素早く移動するんだ?」と思われるでしょう。

そこで実際に検証。
2016.09.18ヒトデ2

釣り上げたヒトデを裏返しにしてしばし放置・・・。
するとなんだかワラワラと何かが動き出してきます。

「ん!?なんだ?」
とその動くものをよく見るとこんな感じ。
2016.09.18ヒトデ3

ギョエェェ~!!なんじゃこりゃ!?
これを少年時代に初めて見た時は思わず叫んでしまいました。

足の裏から延びる沢山の触手。
これが匂いを感知すると同時に、結構な高速で移動する手段なのです。


実際に海に潜っていると、海底に沈んだ魚の死体の上に何匹ものヒトデが群がって貪り食っているのを見かけます。

ショッキングな構図ですが、こうやって大きな魚の死骸などが分解され、再び他の生物のエネルギーとして自然界に還元されていくのを目の当たりにし、命は他の命を繋ぐために循環するものだと理解できます。


しかし仮にヒトデが進化し、1メートルくらいに大きくなって移動スピードが更に速くなって泳ぎ回る魚なんかを捕食しだしたとしたら・・・。
これは潜りをしている立場からしたら、現実的にかなり怖い!


う~ん、独りで夜釣りをしていると余計なことばかり考えて良くないですね・・・。

ヒトデ恐るべし!!


↓そんなバカなことを考えるのはお前だけだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

関連記事
スポンサーサイト
コメント
チヌ釣りしてる頃は、よくヒトデを
釣ってましたね〜。(^_^;)
わずかな潮の流れの日本海は、
チヌは底を釣れ!ってくらいでしたから。
あと、海ケムシとか。(≧∇≦)
2016/09/18(日) 21:44 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
お久しぶりです~
自分のブログも放置してたら、こちらは何だかほんとにグルメブログに変貌してる?Σ(・ω・ノ)ノ!
じゃんさんとこはいいなぁ。ふじちゃんもいるし、ホシノさんたちも可愛い…私もブリタニースパニエル飼いたい~~って夫に言ってるけど駄目なんだって。名前はブリタニーに決めているんだけどね(*•̀ᴗ•́*)وまた来ます、気管は私もさすがにキツいと思った…(。-`ω´-)
2016/09/18(日) 22:06 | URL | てっつま #-[ 編集]
坪ちゃんさん
ちょっと餌を底に付けていたらヒトデ食いついてきますよね。
ウミケムシもよく針を飲み込んで上がってきます。

一瞬「タコかな?」とぬか喜びしてしまうのですが・・・(笑)。
2016/09/19(月) 22:35 | URL | じゃん #-[ 編集]
てっつまさん
お久しぶりです♪

いえいえ、美味しいお店に食べに行くことが出来ないので、やむを得ず自分で料理しています。

猫・犬・鶏とますますにぎやかな我が家です(笑)。
楽しいですよ♪
2016/09/19(月) 22:38 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

先日、早川いくをさんの「へんな生き物」を読んでいたら、
ニチリンヒトデというものが出ていました。
直径が1m以上になるそうです。
結構、高速で移動するそうです。ぎょえ~!
2016/09/21(水) 09:42 | URL | dohira #-[ 編集]
dohiraさん
はじめまして!コメントありがとうございます♪

えええ~っ!?そんな大きなヒトデがいるのですね。
ビックリ!!
これで本当に潜った時はヒトデの心配も必要になってきました(笑)。
でも怖いですね!
2016/09/21(水) 23:26 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード