食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

お取込み中のタイワンガザミゲ~ット!

暑くてあまり猟欲もわかず、海水浴場のような砂浜で海を眺めます。
2016.08.16チョウセンガザミ1

あちぃ。

暑さから逃げるように腰の深さほどの浅瀬で水中観察。
「水温も上がり過ぎて生き物も少ない・・・。小さなキビレチヌ、キス、アカエイ・・・」

たまにはホコも持たずにのんびりと水の中を眺めるのもいいもんだ。
大体、水の中に入るといえばいつも目を吊り上げて魚を追っかけまわしてばかりいること自体が、一般の方から見ると相当に異常なんだろうなぁ。

アンドンクラゲが出て人影もまばらになった砂浜を水中から眺めてそんなことを思います。


しかし何もいないな、と思っていた砂浜に岩のような物体。
「お!タイワンガザミ。結構な大きさ!! ん!?しかも2匹いる?」

よく見るとオスのカニがメスのカニを抱え込んで交尾の最中でした。


タイワンガザミは長い手と強靭なハサミを持っているので、網かウナギバサミが無いと捕獲するのを躊躇する獲物です。
2016.08.16チョウセンガザミ5

爪の先はこんな感じ。
2016.08.16チョウセンガザミ4
挟まれると本当に肉に穴が開きます。


「どうしよう?」
軍手は装着していますが、何も捕獲道具を持っていないので迷います。

「まあダメもとでチャレンジだ。挟まれたらハサミをへし折ってやろう」
(そう考えて伸ばした左手を逆のハサミで思いっきり挟まれたことがありました・・・。海の中で泣いた!)


カニはいつもは外敵が近付くとハサミを広げて威嚇するのですが、
2016.08.16チョウセンガザミ3
(このカニはハサミを広げると53センチありました)

交尾中はこんな感じでハサミを折りたたんでいます。
2016.08.16チョウセンガザミ2

そこで両方のハサミを抑え込むように甲羅の上から手を被せて捕まえます。

ガバッと抑え込むと上手く2匹とも手の中に納まりました。
「よし!上手くいった♪」

しかしメスは脱皮して間がなく、外殻が柔らかい状態だったのでリリース。
オスだけを握りしめたまま水から上がります。


カニに限らず野生生物は捕食中や交尾中、縄張り争いの最中などは人間に対する警戒心も薄くなり捕獲率が上がります。
「いや、お取込み中の所ホントにすまんね・・・」


それにしても「今日は水中観察」と言いながら、獲物を見つけたら獲ってしまう自分がイヤ(笑)。
2016.08.16チョウセンガザミ6


今日も自然の恵みに感謝です。


↓なんて不運なカニだ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム

関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
鯖の頭を魚屋さんで貰ってワタリガに釣りに行ってました。
挟まれると本当に痛いですよね。なかなか離さないし。
何十年も前だから当時はタイワンガザミは見たことないです。
2016/08/18(木) 09:58 | URL | 小倉の人 #-[ 編集]
No title
あはは、行動観察なくして、獲物は獲れないということですね!

それにしても、とっても綺麗な蟹。
ホップ缶の色と合っていて銀河の蟹みたい*

近年こちらで上海蟹が増えて問題になっています。
素人でも食べられるんでしょうか(調理できるのでしょうか?
2016/08/19(金) 04:59 | URL | aka #SCHRkyqs[ 編集]
No title
人間も、交尾中にサツに踏み込まれてオドオドしてる映像が、たまに警察24時とかで放映されてますなぁ~~
しかし、海にはいっぱい食えるものがいてうらやましいなぁ~
山じゃ、コオロギとかカマキリとかバッタはいっぱいいるけど、昆虫喰ってもうれしくないもんなぁ~( ̄▽ ̄;)
2016/08/19(金) 07:39 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
小倉の人さん
ええ、タイワンガザミが台頭してきたのはここ10年くらいなんですよね。
あまりにも鮮やかな青色に初めて見た時はビックリしました。

残念なことにホンワタリガニは最近全然見ませんねぇ。
2016/08/20(土) 03:43 | URL | じゃん #-[ 編集]
akaさん
ええ、獲る獲らないにかかわらず日頃の観察って大切だと思います。
狩猟の良き先輩方は日々観察眼が鋭く、色々と知らないことを教えていただけます。

上海蟹ですか!?なんと羨ましい♪
よほど水の汚いところでなければ問題なく食べられると思うのですが・・・。

食べたら食レポをブログにアップお願いします!!
2016/08/20(土) 03:48 | URL | じゃん #-[ 編集]
kuma仙人さん
ん~、このタイワンガザミを自分の立場に置き換えてみたら・・・。
相当にイヤですね(笑)。

海は食べるものいっぱいですが、色々な規制があって自由に獲れないところが玉に瑕です。
まあ、しょうがないですね。
2016/08/20(土) 03:51 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード