食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

コモンサカタザメの洗い

先日のタイラバ釣りで勢子長が釣ったコモンサカタザメ。
2016.08.08船釣り5

タイラバ釣りをしている時に潮が流れなくなると時々釣れます。
2016.08.08船釣り4

「サメ」と名前が付いているけどエイの仲間。

なぜかこちらでは「タイメン」と呼ばれています。
(調べるとタイメンという正式名称の別の魚がいますね)


サメやエイは古くなるとアンモニア臭がして臭くなるので市場価値は低いのですが、新鮮なうちにいただくと美味しいものが多いのも事実。
このタイメンもその一種。

「タイメンはとても美味しいよ。実際に料亭が喜んで買い取ってくれるから市場に出回ることはほとんどないんよ♪」
と船長さん。


しかしネットで調べてみると評価はかなり低いですね。
中には「超美味い!」と書いているサイトもありますが、ほとんどは「水っぽい」とか「不味い」「食べるほどのものではない」などと散々。


何度も食べたことのある私としては「かなり美味い」部類の魚。

で、今回も勢子長が釣ったものをいただいてきました♪
2016.08.08タイメンの洗い1

薄切りにした刺身を氷水で絞めて、キッチンペーパーなどでしっかりと水気を切って洗いを作成。
酢味噌でいただきます。

「パク・・・」
久しぶりにタイメンの洗いを口の中に放り込みます。

コリコリした弾力のある肉質。
噛めば噛むほど拡がる旨味♪

ぅ、う、美味いっ!!
臭みなんか全くありません。

美味い美味いと、あっという間に完食!!
ああ、美味しかった♪


なぜこの魚が「不味い」という評価になるのだろう?

まあ、ネット情報を見てそれを鵜呑みにしている人が多かったり、たまたま個体の状態や流通状態や調理方法が悪くて不味いものにあたったんだろうけれど・・・。

不思議でたまりません。


「それにしても暑かったなぁ」
船釣りで日に焼けて火照った肌を冷ますようにタイメンの洗いをツマミにビールを飲みます。


「まあ、味や好みなんて他人じゃなく自分で決めるもんだよね」
いえ、カラスを食べる私が言っても全く説得力ないのは重々承知ですが・・・(笑)。


今日も自然の恵みに感謝です。


↓ストライクゾーン広すぎだっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

狩猟の魅力まるわかりフォーラム
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
やっぱり料理は食材も大切だけど
調理方法によっても大きく変わるんだよね・・・
今まで私が旨かったのはハクビシンと秋に獲った猿の肉です。
2016/08/11(木) 07:05 | URL | @猿の焼肉 #mQop/nM.[ 編集]
@猿の焼肉さん
私はまだハクビシンも猿も未体験なんですよね。
まあ、こういうものはご縁のものだと思っているので、機会があれば食べることができるでしょう♪
2016/08/12(金) 22:31 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
長崎にいた時はお店で普通に出てましたね~。向こうではノーソと言ってました。食べるのは刺身か湯引きを酢味噌ででした。独特の食感でおいしい魚ですよね。…確か吻の軟骨も食べれたような覚えがあります。唐揚げとかいけるかも。

一応船の免許はとったし、定年になったら中古の漁船買って一本釣り漁師になって、冬は農家と猟師をやるのが理想です。
2016/08/13(土) 01:21 | URL | マル@晩酌中 #-[ 編集]
究極の鯛VS至高の鮫
栗「まあ!これが鮫なの!?モッチリした食感でコリコリしてて…臭みも全く無いのね!」
海「鯛こそが最高の魚だと思い込み鮫は下魚だと思い込む。それこそが貴様の見る目の無さ、敗因だ!うわーはっはっは!」
山「クッ…!」

当方の地元でもフカのユビキはちょくちょく売られていますが、「茹で具合」により最高に旨い食感の物からボソボソして二度と食べたく無いものまで店によってピンキリです。(値段は変わらない)
じゃんさんのように自分で処理した物は…最高に旨いんだろうなァ(´ρ`)

富「うほぉっ!こりゃぁうまそうだねぇっ!!」
2016/08/13(土) 01:40 | URL | 槍のナガサKI #-[ 編集]
マル@晩酌中さん
へぇ、長崎ではノーソというのですね。
地方名もいろいろあって面白いですね♪

この時は食べるものがたくさんあり過ぎたので身だけ食べましたが、煮凝りなんかも美味しいです。

維持が大変だけど、漁船ほしいなぁ~と思ったのでした。
2016/08/13(土) 02:23 | URL | じゃん #-[ 編集]
槍のナガサKIさん
ふふふ、このタイメンは神経締めまでしています♪

雄「船長を呼べぃ!」
船長「は、はい、なんでしょうか?」
雄「これぞまさしく至高のエイ。メニューに使わせてもらうぞ」

コミックスで途中までしか読んでいないのですが、ずいぶん久しぶりに立ち読みしたら、結婚して子供ができていたり、親子仲良くなったりでビックリしました(笑)。
2016/08/13(土) 02:30 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード