食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

拾い物

今猟期何度目かの鳥撃ちに行った時のこと。

山奥にある池の鴨を狙いに山道を進みます。
あまり接近しすぎると気付かれるので途中で停車。徒歩で池に向かいます。

土手からそっと池を覗くと数羽のカルガモ。
散弾銃での鳥撃ちの場合、どの方向に飛ぶかでほぼ勝負が決まりますが、池の近くの射程内にいたので迷わず一斉射撃!
2016.01.10拾い物4
(これは別の場所)

なんとか一羽ゲット。
居鳥(水面に浮かんでいる鳥)は標的が小さく、弾が効きにくいのです。

しかしそのまま身を伏せていると奥の木々の間から飛び出す影。
「本命が来たぞ!」

いきなりの銃声でパニックになった鴨の群れは、翼を木に引っ掛けるのを嫌がるため、かなりの確率で視界が広けた場所に向かいます。
小さめの池だとほとんどの場合それは土手方向。
土手方向に飛び立ったカルガモは私と親父が待ち構えているので、絶好の射程距離に入ります。

自分が撃って落下していく獲物の数と方向を見定めながら、銃に弾を装填して撃ち続けます。
頭部・頸部や羽根の骨などに着弾した場合はその場に落ちるのですが、筋肉だけだったりすると「流れる」と言って、半矢で飛び続けながら遠くに落下していくのが分かります。

「あ、流れる・・・」
確かに弾は命中して体勢を崩しながらも飛び続けるカルガモが流れるのが見えますが、かなり遠くまで飛んでいきます。
「あの方向だと山の中だ」


池に落ちた鴨はブリタニースパニエルのジャンが回収!
2016.01.10拾い物1


流れた鴨を探しに向かいますが、広い山の中に落ちたので猟犬を使って捜索してもほぼ絶望的。

「たしかにこちらに落ちていったんだけど、道の上にでも落ちていない限り回収は無理だろう。可哀想な事しちゃったな・・・」
と思って林道を運転していると・・・。
2016.01.10拾い物2
(林道の右側に何か落ちているのが分かりますか)

ホントに道の上に落ちていました!
2016.01.10拾い物3
ラッキー♪

いやぁ、よかったよかった。
撃っただけじゃ気分的にイヤなものだし、こんなに丸々と太ったカルガモだからもったいないもんな。

結局この池だけでカルガモを3羽、マガモを1羽ゲット!
流れたカルガモが一番脂が乗っていたので、回収出来てホントに良かった!!


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓相変わらず食い意地張ってるな!!と思った方はクリックプリーズ♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
こんにちは、いつも楽しく読み逃げさせて(失礼)もらってます。
丸々と太ったカルガモ………( ̄┓ ̄)胸肉のロースト……妄想が尽きません………。

もし良ければこちらのブログのリンクを持ち帰りたいのですが、よろしいでしょうか?どうぞよろしくお願いします。
2016/01/13(水) 07:45 | URL | $有銭$ #-[ 編集]
No title
鴨狙いで行く池で釣り人がいたりすることってありますか?
2016/01/13(水) 13:25 | URL | 小倉の人 #-[ 編集]
$有銭$さん
はじめまして! コメントありがとうございます。

丸々と太った鴨は超美味いですよ♪
もう猟師の特権です(笑)!
$有銭$さんもいかがですか?

リンクの件、了解いたしました♪
2016/01/13(水) 21:34 | URL | じゃん #-[ 編集]
小倉の人さん
いえ、私達が行くのはかなり山奥の池が多いし、仮に釣り人がいた場合は鴨が逃げているのでこちらも遠慮します。
一般の方がいるような場所ではなかなか散弾銃は撃てませんしね。
2016/01/13(水) 21:36 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード