食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

池干し

久しぶりに珍しいものを見ました。
池干しです。
2015.11.25池干し1
「地獄の罠師」と恐れられる大林さん(仮名)から「池を干すよ」と連絡を受けて、猟の間に見学。

池干しを定期的に行う事で池の底に堆積したヘドロを取り除き、池の貯水量を増やし水を清廉に保つ効果があります。
また、その時に池に生息する魚たちを一網打尽にできる楽しみもあります(←こっちが本命。笑)

現地に着くとやってるやってる!
山中にあるため池の水を抜いている最中で、あと少しで水底が見える感じ。
2015.11.25池干し4
無数の魚やエビが跳ねているのが見られます。

もうすでに一回底引き網を引いたそうで、これからはタモ網やサデ網の出番。
2015.11.25池干し2

一掬いするごとに面白いように大きな鯉や鮒が掬いあげられます。
2015.11.25池干し9

その様子を見て前親方も居ても立ってもいられず、タモ網を奪い取って参戦!
2015.11.25池干し3
大きな鯉を掬い取って嬉しそう(笑)。

こんな感じで大漁!!
2015.11.25池干し8
掬い取った鯉や鮒は清流の養魚池で飼われ、冬季の貴重なタンパク源となります。

いや~、皆さん子供のような笑顔になって池干し楽しそうだ♪


しかし一昔前、池干しは地域の一大イベントで子供も大人も総出で魚取りに来ていたのに、僅かな人数で行っていたことに一抹の淋しさを覚えました。

きっと泥だらけになって鯉や鮒を獲る時代ではないのでしょうね・・・。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
↑会場でパネル展示していただいています。

↓でも池干し楽しそうだ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
いいね
2015/11/27(金) 01:07 | URL | 名前未記入 #-[ 編集]
名前の無い方
いいねありがとうございます♪
2015/11/27(金) 01:24 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
鯉こくと洗いが食べたいです。 外来魚は混じったりしてませんか?
2015/11/27(金) 12:24 | URL | 小倉の人 #-[ 編集]
懐かしい
何だか懐かしい光景ですね。
こちらは子供の頃クリークの水抜きをよく目にしました、大人達が楽しそうに魚を獲っていたのを羨ましく見ていました。
今は川魚を食べる人も減り水抜きは見ますが魚を獲る人の姿は見かけません。

2015/11/27(金) 15:57 | URL | 春秋 #rGwZ4VkQ[ 編集]
No title
うなぎはいないのですね(^◇^)
2015/11/27(金) 18:55 | URL | あれこしぇふ #-[ 編集]
小倉の人さん
この時はいなかったですね。
私も久しぶりに鯉が食べたくなってきました。
2015/11/29(日) 22:48 | URL | じゃん #-[ 編集]
春秋さん
お久しぶりです♪

こちらも少し淋しい感じでしたね。
でも参加者は皆さん楽しそうでしたよ!
2015/11/29(日) 22:50 | URL | じゃん #-[ 編集]
あれこしぇふさま
この時はいなかったですね。
外が騒がしいので泥の中に潜っているのだと思います。
ウナギ鈎で泥の中を探るといたのでしょうが、残念!!
2015/11/29(日) 22:52 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード