食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

破足(はそく)の猟犬

今日は一頭の猟犬のお話です。


彼の名前は「ゴンⅡ(ゴンツー)」。
猟隊の勢子長の飼っている猟犬です。
2015.02.16破足の猟犬1

本名は「レン」という立派な名前があるのですが、父親犬「ゴン」にそっくりなので、皆から愛情を持って「ゴンツー」と呼ばれています。

ゴンもゴンⅡも2代に渡って勢子長のエース犬。

私がハンターになった時にはゴンは引退していてゴンⅡだけしか知らないのですが、その凄さたるや筆舌に尽くしがたいものがありました。
物凄いスピードでイノシシを追い出し、吠え止めや噛み止めは当たり前。
隣山にいると分かると隣山から待ち場に追い込んで来ることもしばしば。

100kg級のイノシシにも怯むことなく、兄弟犬の「コマテ」とのコンビで数えきれないくらいの獲物を獲らせてくれました。
20100103 110kg大イノシシ2(修正)
「猟犬っていうものは凄いものだな・・・」
実家では鳥猟犬を飼っていたのですが、大物猟の猟犬のそんな猟芸を見てつくづくそう思ったのでした。


しかし私が猟師2年目の年、アクシデントは起こりました。
ゴンⅡがイノシシにやられたのです。

深追いして帰ってこないゴンⅡをメンバーの皆で必死になって探していた時に、私が探していた場所の山奥から僅かに聞こえる鈴の音。
勢子長に知らせ呼び戻すと、何か所も血を流し足を引き摺り山から降りてきました。
血まみれのゴンⅡの姿と悔しさを滲ませた勢子長の表情を見ると、心臓が押し潰されそうな気持ちになったのを今でも覚えています。

直ちに病院に搬送。
命は取り止めましたが、左足の腱は繋がりませんでした。
飼い主である勢子長を含め、誰もがゴンⅡの猟犬としての命は終わったと思いました。

しかしゴンⅡの輝きが消えることはありませんでした。

傷が癒えた1年後の猟期の途中、「他の猟犬を山に連れて行っているとあまりに鳴き叫ぶから散歩程度に連れてきた」と山に来たゴンⅡ。
「そっか、お前も立派な猟犬だもんな。足が動かなくなっても山に来たいよな」
擦り剥けない様に勢子長にギプスと厚くテーピングを施してもらいます。
2014.02.06破足の猟犬2

山に猟犬を放つと、ゴンⅡも足を引き摺りながらも嬉しそうに山を駆け回ります。
もちろん他の猟犬には敵いませんが、これが結構なスピード。

すぐに鹿が早立ちし、猟犬が追い鳴きを上げながら追って行きます。
同じ猟場に鹿とイノシシがいた場合、必ずと言っていいほど鹿が先に動きます。
そして鹿の匂いに反応して猟犬が追って行きます。
その隙にイノシシは包囲網の手薄な場所から悠々と逃走されるというパターンが続いていました。

しかし今回は違いました。
他の犬が狩り残したイノシシを執念深く探索していたゴンⅡが突き止めます。
激しい立て吠えでの鳴き止め。

スピードに劣ることも幸いして、その時には勢子長も近くに来ていました。
決着。

再起不能と思われた重傷を負いながら、ゴンⅡは再び輝きを取り戻しました。


足の悪いゴンⅡがイノシシの攻撃を躱せない恐れがあるので、急峻過ぎる山や寝屋の藪が茂り過ぎている場所では休ませましたが、それからも彼の活躍は続きます。

足を引き摺りながら頑張っているゴンⅡの姿を見ると「今日はゴンⅡが来ているからな、絶対に獲るぞ!」と猟隊の士気も上がりました。


「ケガをした猟犬を使役するなんて可哀想」と思われる方もいるかもしれませんが、彼の姿を見ると「猟犬は猟をする事が生きがいなんだな」と思ってしまいます。
他の犬とはスピードが違うため、ゴンⅡはいつも一頭で黙々とイノシシを追っていましたが、その目は活き活きとし、誇りと自信に満ちたものでしたから。


その後、ゴンⅡは大きなケガを負う事もなく、年齢的な衰えから昨年引退。
今では勢子長の家で穏やかな老後の生活を送っています。

ゴンⅡ、ありがとう。
そしてお疲れ様。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP

↓ゴンⅡお疲れ様!と思っていただいた方はクリックプリーズ♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
人間のエゴ
2015/09/13(日) 20:19 | URL | 名前未記入 #-[ 編集]
名前の無い方
確かにそうかもしれませんね。あなたも動物好きで愛犬家なのでしょう。

しかし否定的なコメントをされるのならば、そんな「物陰から石を投げるような」真似をせず、せめて名前とメールアドレスくらい入れて、正々堂々と議論しましょうぜ!
2015/09/13(日) 20:36 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
いい犬ですね。猟犬にとって獲物を追うことは本能で魂の喜びだと思います。
ウチの犬は自分以外の指示に従わず、カミさんが散歩のときは、近所から野良犬に首輪を付けていると言われていました。
ヤマドリ猟の時、シカを追って入ったきり帰ってきませんでした。和犬で鳥猟にしか使っていなかったので呼べば帰ってくると思っていましたが、深く負いすぎたのでしょうか。
しっかり訓練出来るよう定年までは犬を飼わないと決めました。
2015/09/13(日) 20:39 | URL | デビラ #mQop/nM.[ 編集]
「仕事をこなして成果を得る」という事は、人間にとっても生き甲斐となりますからね。
犬だって、出来ない事はちゃんと主張するし、やりたい事も主張します。
能力があるのに窓際なんて、人間社会でも飼い殺しと言われますし。
私も明日から仕事頑張ろうって気になりました^^
2015/09/13(日) 21:54 | URL | のんや #-[ 編集]
うちのも去年骨折し、散歩さえままなりませんでしたが、
ある程度養生させてから、
ビッコを引きながらでも、
フリーにすると大喜びしていました。
やはり、持って生まれたものを、
可哀想と人間のエゴで抑え、
囲い込むほうが可哀想だと思います。
ゴンツーはまた走れて幸せだったと
思いますよ。
本当に嫌ならジッとしてますもん。
2015/09/13(日) 23:03 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
No title
涙の出そうなお話ですね
猟犬は最後まで自分の使命を全うするんでしょうね
ふーちゃんが怪我しないようお祈りしますm(_)m
2015/09/14(月) 07:09 | URL | がちゃぴん #SFo5/nok[ 編集]
ほんと安全な場所から投石するのだけは上手な方がいますよね。
人間のエゴってちゃんと記事を読んでないから書けるんでしょう。私は狩猟はやっていませんが、目頭が熱くなりました。
間違いなく日本のなかで最高に幸せな犬だと思います。
2015/09/14(月) 09:42 | URL | よたよた #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/09/14(月) 10:43 | | #[ 編集]
No title
犬も人も、やりたい事を自由にやれることが一番しあわせだね
主人とともに、命をかけて猟をする これも、好きならしあわせな事さ

犬に服着せて、抱っこして歩く姿を見ると、人間のエゴを感じてしまうな、僕は・・・・
2015/09/14(月) 20:51 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
久しぶりのコメントですいません

ゴンツー!

本当によく頑張ってもらいました!

そして、私と相性が良く沢山の獲物を捕らせて頂きました
僕もよくゴンツーを山から担いで降りてきたものでした

そんなゴンツーも今年の夏に旅立ちました

我が家のクロとゴンツーと立て続けの旅立ちに少し寂しくなりましたが、最後まで二頭とも全力だった姿に勇気と感動をもらいました!

今年の猟期も色々な事があるでしょうが、じゃんさんが言っておられた「経験に勝る勉強は無い」と言う言葉を胸に良いことも悲しいことも全て自分のための勉強だと思って頑張ります❗

今年もよろしくお願いします❗
2015/09/16(水) 21:37 | URL | カッターナイフの魔術師 #-[ 編集]
デビラさん
私は長年賃貸住宅暮らしだったので、今の犬が飼える環境が嬉しいです。
ちょっと甘やかし過ぎな感は否めませんが(笑)。
2015/09/16(水) 23:41 | URL | じゃん #-[ 編集]
のんやさん
ありがとうございます♪

ええ、私もゴンⅡ見ていたら「頑張ろう!」って気になりましたよ♪
2015/09/16(水) 23:43 | URL | じゃん #-[ 編集]
坪ちゃんさん
ええ、本当にその通りですね。
自分の意志で獲物を追っていますもの。
一生フリーになることも出来ない犬の方が可哀想だと私は思います。
2015/09/16(水) 23:46 | URL | じゃん #-[ 編集]
がちゃぴんさん
ありがとうございます♪
ふじが怪我した時の事を想像したら・・・。
怪我するほど猟犬として出来た犬ではないのですが、その事を考えると苦しくなりますね。
2015/09/16(水) 23:50 | URL | じゃん #-[ 編集]
よたよたさん
ありがとうございます♪
幸せな犬であり、最高のシシ犬の一頭だったと思います。
2015/09/16(水) 23:51 | URL | じゃん #-[ 編集]
名前の無い方
はじめまして! コメントありがとうございます。

そこじゃなく2つ隣なんですよ。
ごめんなさい。
これからもよろしくお願いします。
2015/09/16(水) 23:53 | URL | じゃん #-[ 編集]
kuma仙人さん
好きな事がしあわせな事かぁ。
ホントにそうですよね。

私も自然の中で遊び回っていると幸せですもん♪
2015/09/16(水) 23:55 | URL | じゃん #-[ 編集]
カッターナイフの魔術師さん
うん。うん。
哀しくて書きたくても書けない事、ホントはたくさんあるよ。

今年もよろしくお願いします。
2015/09/16(水) 23:59 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
読んでて涙が出てきました!
2015/09/20(日) 22:21 | URL | 島根賢人 #-[ 編集]
島根賢人さん
はじめまして! コメントありがとうございます。

ゴンⅡのことを思うと私も涙が出てきます・・・。
2015/09/20(日) 22:56 | URL | じゃん #-[ 編集]
Secret Life of Dogs 犬その秘められた力
犬その秘められた力 Secret Life of Dogs

2010年英国製作の再放送、45分
NHK地球ドラマチック 9月19日(土)放送
http://www4.nhk.or.jp/dramatic/x/2015-09-19/31/28943/2340334/

見逃した方は英語版ですが下記にアップロードされています。
http://www.dailymotion.com/video/x1e14ko_the-secret-life-of-dogs-documentary-in-hd_tech

狩猟犬、救護犬などは今まで紹介されていますが初めて聞く能力なども紹介されています。
貴方の愛犬は?

以下英語版のダイジェストですので間違っている内容があるかも知れません。
  
1.犬が多産なわけ
  今はあまり行わないですが、妊娠すると腹帯を巻いていましたね。この帯のブランド名が犬印であることが理解できます。
  
2.優れた身体能力
  体温維持の為水浴びなど首を180度近く振り回すことで体の水切をする。

2.聴覚
  人間の距離では4倍、高さでは2倍

3.嗅覚
  脳の嗅覚をつかさどるエリアは人間の40倍、受容体(外からの刺激を受ける器官は細胞)は何億個と人間の60倍

4.なぜ吠えるか?
  人とのコミュニケーションをはかる。
  
5.盲導犬の資質
  ・物怖じしない
  ・最初の1歩の歩き出し
    盲導犬は右足(右利き)が多い
  
6.つむじの向き
・反時計回り:盲導犬向き
・時計回り:予期せぬ出来事に対処できる能力  
  
7.セラピー
  戦争で負傷して記憶、感情を失った退役軍人の家庭を取り戻す。
  飼主の交通事故の救命。
  
8.犬のあくび
  飼主との良好な関係が構築されている。

9.セラピー
  心を落ち着かせるオキシトシンというホルモンを分泌。母親が母乳を与えるときに出る。
  血圧が下がり心臓発作の抑制。
  
10.状況察知能力
  散歩に行く事の予見など第6感があるのではと。
  
11.病気の予知
   臭いでマンモグラフィー、CTでも感知できなかった乳ガンの早期発見、糖尿病の検知、その他。
   
12.視覚
   ・色識別
   青と黄色の二原色しか認知できない。 ちなみにカラスは人間と同じ三原色+紫外線で物体識別。
   ・動体識別
   公園などでフリスビーを空中でキャッチしているのを見ますが、犬にはスローモーションのように見える。
2015/09/21(月) 08:25 | URL | kent #-[ 編集]
kentさん
その番組見ました。
詳しい解説ありがとうございます♪
2015/09/24(木) 19:06 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
検索から来ました。
とても良いお話をありがとうございました。
不覚にも目が潤んでしまいました。
皆様の益々のご検証をお祈りいたします。
2015/10/06(火) 16:03 | URL | 通りすがりのハンター #-[ 編集]
通りすがりのハンターさん
はじめまして! コメントありがとうございます。

はい、私もゴンⅡの話は書きたいとずっと思っていたのですが、色々な気持ちが強過ぎてなかなか書けず、ようやく書けました。
これからもよろしくお願いします。
2015/10/08(木) 02:51 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード