食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

体調もほぼ良くなり、久しぶりに勢子役として巻狩りに参加。
(ご心配をおかけしました)

急斜面をふじと共に登って行くけど、噴き出す汗が心地良い。
何より山を歩くのが楽しいし、もう大丈夫!

ふーちゃんも嬉しそうに走り回ること♪
2015.02.10牙6

ジャングルジムのような孟宗竹林の中を歩くと、結構なイノシシのカセギ(餌を食べた跡)。
生足(真新しい足跡)もあるし、居そうな気配が濃厚。
2015.02.10牙5

「しかし70kgくらいの足跡だから一番危険なサイズだぞ・・・」

イノシシは大きければ大きいほど危険な感じがしますが、実際に怖いサイズは70kg~80kgくらいの発情期のオスです。
このサイズは体は大きいし牙は長いし、しかもこの時期はメスを追いかけて餌も食べずにうろつき回り、無駄な脂肪が削られて動きが俊敏なので、猟犬が致命傷を負いやすい相手でもあります。
オスイノシシ同士の争いで気が立っていますしね。
(100kgオーバーのイノシシは一発の怖さはあるけど俊敏さに欠け、持久力にも乏しい)

人間で言えば絞り込んだミドル級のファイターと言った感じでしょうか。


獲物の動向を探るためにけもの道を眺めながら進むと「カサっ!」と枝をはらう音。
「ん?ふじが来た音かな」
と思うと70kgほどの大きなイノシシ出現!

距離20メートル。
暴発防止のため空にしておいた薬室に、慌ててスラッグ弾を送り込みます。

こちらの気配に気付き、弾け飛ぶように斜面を登って行くイノシシ。
結局撃てず。

そして少し遅れて一生懸命にそのイノシシの後を追うふじの姿が見えます。

「相手の大きさにビビッて追い鳴きが出なかったんだ。無理もない・・・。
ああ、今のは撃ち止めないといけない獲物だった」
弓を張る待ち(包囲網を張っている狙撃手)に急ぎその事を連絡します。

しばらくして山間に鳴り響く1発の銃声。
「倒したよ~」との報告。

「よかった・・・、ほっ!」
2015.02.10牙1
(倒した後、獲物を確認中のふーちゃん)

もう一頭同じサイズのオスイノシシを若き勢子のお母さまが見事に仕留めました。
こちらもすごい牙。
2015.02.10牙2

危険な相手が2頭だったけれど、猟犬にもケガなく無事に終了しました。


解体のために毛を抜くとすごいケガですね。
2015.02.10牙7
これはオスイノシシ同士がメスを奪い合って付いたケンカ傷です。

イノシシは上下の牙を絶えず擦り合わせて、砥石で砥いだように牙を磨いています。
2015.02.10牙4
実際に刃物の様に切れるので相当に危険な代物。

イノシシの皮は厚く硬く、天然の鎧を着ているようなものです。
それがこんなにザクザクに切れているなんてすごい威力だよなぁ。

生きるために授かった武器なのでしょうが、野生で生きるという事は大変な事だと思います。


今日も自然の恵みに感謝です。



狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト
狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓ケガ無くて良かったね!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
ちなみに、、、
脱毛のため、70度のお湯、、、とありますが、そんな大量の70度のお湯はどうやって用意されておられるのですか???
2015/02/11(水) 19:55 | URL | masterguri #-[ 編集]
No title
いつも思うけど、この時期オスの猪で無くて良かったと思う。ジジイの仲間に入りつつある自分にはメスを争う気持ちはないけどね、
2015/02/11(水) 20:03 | URL | debira #mQop/nM.[ 編集]
No title
鹿の疥癬というか皮膚病はこちらでも見かけるようになりました。猪の牙は貰ったことがあるのですがこんなやつに突進されるのだけは嫌だなと思いますよ!
2015/02/12(木) 07:49 | URL | 桜井 #-[ 編集]
masterguriさん
はじめまして! コメントありがとうございます。

お湯は75℃まで沸かせる石油ボイラーを使用して、ホースで掛けます。
(熱さ対策のため厚手のゴム手着用)
ボイラーが無い場合は大量にお湯を沸かしますよ。
2015/02/13(金) 00:27 | URL | じゃん #-[ 編集]
debiraさん
はい、私もイノシシでなくて良かったと思います(笑)。
オスが皆刃物を持って闘っているようなものですもんね~。
こわ・・・。
2015/02/13(金) 00:29 | URL | じゃん #-[ 編集]
桜井さん
いや、エゾシカの角も相当に怖いし、ヒグマなんかを見た日にはチビリそうです(笑)。

桜井さんのブログでシカジラミの存在を初めて知りました。
そのうちこちらでも増えてくるかも・・・。
うう、イヤだなぁ。
2015/02/13(金) 00:32 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード