食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

崖際の攻防

ずっと続いていた微熱が治まり久しぶりの出猟!
実は尿の潜血は続いているのですが、色々調べてもはっきりした原因は分からず「それならストレス解消に山へ行こう♪」と思ったのです。(←バカ)

今日の場所は過去に失敗した事のある場所。(過去記事はこちら

かなり傾斜が急な山なのでゼイゼイ息を切らせながら待ちに付きます。
「うう、キツイ。やはりまだ体が本調子とは程遠いぞ…。」

今日の待ちはこんな感じ。
2015.01.25崖際の攻防3
手前に向かって延びる通し(けもの道)と、前方を横断する通しが交差する場所で待ち受けます。
ちなみにこの右手側に降りると断崖絶壁になっています。

事前の見切りでかなりの数が入っていることは分かっていたのですが、勢子長と若き勢子が犬を入れるとすぐに起こし鳴き!
勢子長と若き勢子がそれぞれ立て撃ち(犬が止めてくれた獲物を勢子が撃つこと)でイノシシをゲット!!

「まだいるから気を付けてよ」
という連絡を受けて緊張感を維持したまま待機。

数発の銃声。

そしてバリバリという音と共に、私の受け持つ通しを猛スピードで駆け下って行きます。
ドカッ!
2015.01.25崖際の攻防8

即倒!!
「40kgくらいのイノシシ倒しました」
メンバーに連絡をして血抜きのためにナイフを抜き近付くと、倒れていたイノシシが起き上がって逃げ出そうとします。

ギョッとして慌ててナイフと猟銃を持ち替え、止め矢を放ちます。
2015.01.25崖際の攻防6
「ふぅ~、やれやれ。前回と同じく半矢で逃げられずに良かった・・・」

ホッとして再度ナイフを手にして近付きますが、再びヨロヨロと瀕死の足取りで逃げ出しました。
2015.01.25崖際の攻防9

「確かに中ったのに何故!?それにこの方向だとバックストップ(弾が外れた場合に安全が確保できる安土)が確保できずに撃てないぞ・・・」
疑問が浮かぶよりも冷や汗が出そうになりながら急いで後を追います。
もうこの先は断崖絶壁で、イノシシが崖下に落ちてしまう惧れが大きかったからです。

あと2メートルほど移動したら崖に落ちるという場所で、回り込んでなんとかバックストップを確保して追撃。
2015.01.25崖際の攻防1
「あ、危なかった・・・。なんとか崖下に落とさずに止めることが出来て本当に良かった・・・」

確認すると私の撃った1発目は脚の付け根に着弾。
2発目は前回と同じく鼻の付け根、3発目でようやく頭蓋に中っていました。


そして問題がもう一つ・・・。
「中腹の獣道まで引き上げるには山が急すぎて無理だし、こんな崖の側からどうやって降ろそうか?」
と悩みますが、ロープを繋ぎ合わせてゆっくりゆっくり崖を降ろしました。
2015.01.25崖際の攻防2
後ろを振り返るとこんな崖。

結局1時間ほどの短期決戦で40kg~60kgのたっぷり脂の乗ったメスイノシシばかりを4頭ゲット!!
偶然かと言われれば実はそうではないのです。

この時期は発情期になってメスを追いかけまわしているオスイノシシから逃げるために、メスイノシシばかりが固まっていることがあるのです。
見切りの結果、メスばかりいる場所を競って作戦通りにゲットできたのでした。


あまりにも1ラウンド目が早く終わったのでもう1ラウンド。
2015.01.25崖際の攻防5
今回は私もふーちゃんと一緒に勢子として山に入りますが、獲物は出たものの上手く待ちにかからず終了。


まあしかし、充分な獲物も授かったし、誰もケガも事故もなく終了できたので上出来です。
2015.01.25崖際の攻防10


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラム facebookサイト
狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓進歩無いねっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
まるまるとしたイノシシGETおめでとうございます。
ふーちゃんもりりしくさまになってきましたね!
猟期もあとわずか、怪我なく頑張ってください♪
2015/01/25(日) 20:04 | URL | オイノコ #-[ 編集]
進歩ありますよ!!
2015/01/26(月) 12:34 | URL | えぷり #-[ 編集]
オイノコさん
ありがとうございます♪

でも大物猟の猟期は3月15日までなので、まだ2ヶ月近く残っていたりして(笑)。
狩猟者登録している隣県は3月いっぱいまでだし…。
それに猟期が終わっても有害鳥獣捕獲活動が始まるし…。

まぁ、体を労わりながらボチボチと頑張ります!
2015/01/26(月) 23:23 | URL | じゃん #-[ 編集]
えぷりさん
ありがとうございます(笑)。

なんとか仕留めたので少しだけ進歩かな。
でも獲物を苦しめてしまった事は反省です。
2015/01/26(月) 23:25 | URL | じゃん #-[ 編集]
足跡で
 オスメスの区別は付きますか?またメスを捕まえる確率を高める方法などありましたら教えて下さい。ちなみに、私はワナ猟がメインです。
2015/01/27(火) 19:56 | URL | 猟師の卵 #-[ 編集]
No title
北海道に猪がいたら誰も鹿を獲らないだろうなと思っています。
2015/01/27(火) 20:16 | URL | 桜井 #-[ 編集]
猟師の卵さん
はじめまして! コメントありがとうございます。

一番確実なのは子の足跡が付いた親の足跡を探すことです。その親イノシシの寝屋を探して巻狩りを行います。
罠師の方に聞くと「メスは爪の形状が丸っこい」とのことですが、私には真偽のほどは分かりません。
実際には尖ったり角ばったりした形状の爪のメスもいますし、罠師の中にはその近隣の山の全てのイノシシの爪の形状を覚えているような達人もいるようですから。
2015/01/27(火) 23:52 | URL | じゃん #-[ 編集]
桜井さん
北海道にイノシシがいたら相当に巨大になりそうですね。
巨大イノシシと羆の決闘見てみたいかも・・・(笑)。

こちらも鹿よりもイノシシをメインにやっているのですが、どうしても先に出てしまう鹿に犬をとられてしまうんですよね。
2015/01/27(火) 23:56 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード