食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

雨が降ったから鳥撃ち♪のはずだったんだけど…

休日はいつもより1時間早い5時起き。
狩猟に行くためです。

目覚まし時計が鳴り響くとともに
「まったく…、休みの度に平日より早起きしてキツイ思いして山に行くって単純にバカだろ…」
と、毎回自分に悪態をつきながら布団から起き出して山へ行く準備をします。

だけどこの日は雨。
目を覚ますとジョボジョボという激しい雨音が耳に入ります。

「この分じゃ大物猟は休みだな。隣県まで鳥撃ちに行くとしても、小雨になるのを待たないと雨脚が強すぎる」
と二度寝(笑)。
それからモゾモゾと起き出して狩猟に行く準備をします。

でもやっぱり久しぶりの鳥撃ちは楽しみだね♪
鴨もキジも美味しいし、クリスマス用のメインディッシュに鳥が欲しかったから恵みの雨だ。
いやぁ~、ホントに鳥撃ち楽しみ♪

少しソワソワしながら実家の親父と合流します。
もちろんイングリッシュポインターのミックとブリタニースパニエルのジャンとも一緒。
2014.12.22鳥撃ち1

昼から晴れるという予報だったけれど、まだ結構雨が降っているね。
2014.12.22鳥撃ち9
濡れたブッシュの中にはキジはいないし(田んぼにはよく出ているけど)、こりゃ今日も鴨撃ち中心になりそう。

昼近くになって猟場に着いたので、効率重視で池を回ります。
2014.12.22鳥撃ち2
最近は池に落とした獲物は寒さに強いジャン、藪に落ちた獲物は粘り強く探すミックと言う風に役割分担が出来ていますね。

氷が張っているような冷たい水をものともせず回収してくれるジャン。
2014.12.22鳥撃ち3
こんな姿を見ると、なんかもう胸が熱くなりますね。

なんか良いよね、鳥撃ち♪
最近は大物猟をする人ばかりで、鳥撃ちをするハンターが本当に少くなったけれど、鳥撃ちには鳥撃ちの面白さと奥の深さがあります。


そんな感じで猟場を移動していたら、道路脇にチラリと鹿発見!
「今のは確かに鹿だった!今日は鳥撃ちに専念したいから撃たないけれど、ブログ用に写真を撮りたいからちょっと引き返そう。
撃ったら解体も大変だし撃たないからな!」
写真撮影のために親父と運転を変わってもらいパチリ。
2014.12.22鳥撃ち4
年若いメス鹿ですね。

間近で写真をバシバシ撮ってものんびりと餌を食べています。
「ここは猟区だからハンターに見つかったら撃たれちゃうぞ~。まぁオレ達は今日は鳥撃ちだから撃たないけどね」

あまりに接近するとさすがに逃げます。
2014.12.22鳥撃ち5
この距離3メートル。

逃げ込んだ山を見ると結構な数。
2014.12.22鳥撃ち6
「少なくとも6頭はいるな。おお、結構大きな個体もいるじゃないか!
まぁ、今日の所は見逃してやるよ。なんたって今日は鳥撃ちに来たんだからな」

と写真を撮っていると車のドアの開く音。
親父が銃を持ってガシガシと山道を登っています。

「おいっ!今日は鳥撃ちだから撃たないって言っただろっ!!」
と思っていたら銃カバーを外して弾を装填しドカッ!

即倒…。
2014.12.22鳥撃ち8

「いや、あまりにも逃げないからな…。正月に孫が遊びに来るから鹿ジャーキーを作ろうと思って材料が欲しかったんだよね」

鹿だったら巻狩りの時にたくさん獲れるから今日は鳥撃ちに専念したかったんだけど…。
まぁ、獲ったからには美味しくいただかないとね。

近くの水場で解体し、残滓を処理して1時間ちょっとのロス。
整備された解体場でもないので、しゃがみ込んでの解体は腰が痛くなります。

解体しながら親父と話をします。
「あの場所は猟区(狩猟が出来る場所)だったよな…。あんなに人間を警戒しないってことは誰も獲る人間がいないんだな」
「ああ、山奥のこんな場所では人間にも滅多に会わないんだろう。だからちょっとハンターとしての必要性も感じて撃った」
「…」


結局獲った鴨は3羽。
2014.12.22鳥撃ち7

上出来かぁ♪


今日も自然の恵みに感謝です。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)

↓親子揃って欲深いなっ!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
No title
いや~ 
鳥と大物猟一緒に出来るのがすごいですね~ヽ(*´∀`)ノ
羨ましいですわ~
こちらでは沼が氷と雪で覆われ
カモは保護区の河川に溜まってますね(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)
おいらも正月前に鴨撃ちするべっと(笑)
2014/12/24(水) 11:27 | URL | がちゃぴん #SFo5/nok[ 編集]
No title
う~ん、人間は恐いと感じさせる事も上手く住み分けるために必要かもですね。

あ、力モさん、シカさん、イノシシさん、私は恐くないから射距離20m以内まで安心して近づいてね♪
2014/12/24(水) 22:34 | URL | マル #-[ 編集]
親子水入らずで共猟、いいですね。ワンコたちも嬉しそう!回収、ジャンを借りたいなぁ。(笑)しかし、シカをガシガシ一人で追いかけて、1発で仕留める。。凄いです。
2014/12/25(木) 18:34 | URL | ニライパパ #MYO5saVc[ 編集]
がちゃぴんさん
はい、欲張りなのでなんでもやります(笑)。
おかげで体が4つくらい欲しいんですよね。
網猟もやってみたいんですけど♪
2014/12/26(金) 20:30 | URL | じゃん #-[ 編集]
マルさん
そうですね、ここまで人間を恐れないと野生では生き延びれないと感じました。
まあ、人間側の勝手な都合なんですけどね…。
2014/12/26(金) 20:32 | URL | じゃん #-[ 編集]
ニライパパさま
きっとニライパパ様のお子様も大人になって共猟してくれますよ。
話題が増えていいですよ♪

ウチの親父は欲張り過ぎです(爆)!
2014/12/26(金) 20:35 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
この鹿は獲った後、下げて来れるパターンでしたからお父さん向かったんでしょうね!
2014/12/28(日) 06:32 | URL | 桜井 #-[ 編集]
桜井さん
ふふふ、さすが!
実はそうなんです。獲物の回収が辛いか楽かで獲る気も変わってきますよね(笑)。
2014/12/28(日) 11:04 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード