食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

縮まらない距離(笑)

我が家に来てスクスクと大きくなっているふーちゃん。
大きくなり過ぎかな(笑)。
2014.09.14距離5
かなり大きくなったのですが、甘やかして食後はついリビングに入れたりしています。

ところで我が家にはニャンコがいたんじゃないか?シシ犬と一緒に飼って大丈夫なの!?と思われることでしょう。
214.09.14距離1
こちらがニャンコのリン(本名)。
14歳になって結構なシニアなのですが元気です♪

で、一緒の空間にいるといつもふーちゃんはお友達になりたくて尻尾を振って近付くのですが…、
2014.09.14距離4

「気安く近寄るんじゃないわよ!ふしゃーっ!!」
2014.09.14距離2
と物凄い形相で威嚇されます。

完全に気迫で負けているふーちゃん(笑)。
2014.09.14距離3
この後ネコパンチを喰らっていた(笑)。

う~ん、なかなかこの距離が縮まらないね。
まあ、リンの方が先住者だししょうがないか。

仲良くしてね♪


少しだけ真剣な話をすると、猟犬による人やペットに対する咬傷事故防止のためにも、猟犬に幼い時から多くの人間や他のペットと触れ合わせておくことはとても大切な事だと思うのです。


狩猟の魅力まるわかりフォーラムHP(←パネル展示していただけます)
鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓ニャンコの顔がスゲーっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
猟期が終わって、次の猟期までは、
良き家庭犬ですからねぇ。
頑張れふ〜ちゃん!
2014/09/14(日) 21:54 | URL | 坪ちゃん #JalddpaA[ 編集]
坪ちゃんさん
そうなんですよね~。猟犬って猟をするだけじゃなくそれ以外の時間の方が長いんですよね。
猟犬として優れているのに越したことはありませんが、それ以上に大切な家族です♪
2014/09/15(月) 20:13 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
犬も猫も家族ですからね~~
独特な仕事するのが猟犬ですが、それでも家族なので皆とお友達になれないと大変ですよね~~
俺んちのは、猟犬じゃなくてペットですが、猟には連れとして連れ歩きます(笑) 猟犬じゃないので、ヤマドリ追い出して、撃つと、拾って喰っちゃうので、その前に拾わなくちゃなりませんが・・お友達で家族だから仕方ないよね~~ 猟犬じゃないもん(笑)
2014/09/16(火) 07:55 | URL | kuma仙人 #A1vz8dvw[ 編集]
No title
この毛色の猫さんは、限られた人にしか気を許さない神経質な性格の子が多いですからね~。でも、写真で見る限り逃げる体勢に無いし、毛も逆立ってないから、怯えてるんじゃなくて嫌ってるだけっぽい…もう少し距離が縮みそうな気も。じゃんさんの苦労が忍ばれます…。
2014/09/16(火) 23:57 | URL | マル #-[ 編集]
kuma仙人さん
あはは、お友達ワンコ可愛いですね♪
ヤマドリ美味しいですもんね。横取りして食べちゃうならkuma仙人さんの事を「餌を取ってくれる手下」くらいにしか思っていないのかも(笑)。
でも犬を一緒に連れての山歩きは楽しいですよね。
2014/09/17(水) 20:07 | URL | じゃん #-[ 編集]
マルさん
はい、このコもかなり神経質です。
しかもかなり嫉妬深いから、ふーちゃんを「恋敵」くらいにしか見ていないようです(笑)。
仲良くしてほしいのですが、おもしろいので見守っています♪
2014/09/17(水) 20:14 | URL | じゃん #-[ 編集]
No title
自分もフレンドリーにさせておくことが大事だと思います。放した先で何があるかわからないのはとても怖いことです。
2014/09/18(木) 20:27 | URL | 桜井 #-[ 編集]
桜井さん
はい、まったく賛成です。
猟犬は放して仕事をしてもらいますから、出来る限り不安要素は除いておきたいですね。
2014/09/19(金) 04:44 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード