食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

カルガモの子育て…、じゃないよな

休日は天気が良かったので、釣竿と潜り道具とデジカメと食料を車に積んでフィールドへ。

気分が向けば釣りもするし、暑かったら潜るかもしれない。
そろそろカルガモが子育てをしている時期なので、カルガモの子育てを撮影することが出来ればそれもまた良し。

だいたいいつもそんな適当な感じで野に出ます。
猟期が終わったばかりなのに、早くも来猟期の下見をしているなんてことはありません(笑)。


いつもカルガモのいる池を覗くと、結構な数のカルガモがいますね。
2014.05.12子育て2
1羽が奥にいて、2羽が着水するところ。
木の上にいるのはアオサギ。
(ああ、倍率の高い望遠レンズが欲しいなぁ…)

お!マガモのペアもいる。
2014.05.12子育て3
一瞬「マガモにそっくりの体色のアヒルかな?」とも思いますが、この場所は猟期は銃が撃てる場所なのでその可能性はありません。

まだ北方へ帰っていないんだ。
早くしないと子育ての時期になっちゃうよ。

残念ながらこの時はカルガモのヒナは見れず。


そして別の日に買い物を終えて市街地の小川を眺めると、ヒナを連れた鴨の姿。
「おお!こんな人通りの多い場所でも子育てをしてるんだね。そういえばテレビでよく子連れのカルガモがオフィス街の道路を渡っている映像が流れるもんな」
2014.05.12子育て6

ヒナは2羽。
2014.05.12子育て5
「ママ、ママー♪」
と必死に母鳥の側に付いて泳ぎ回っています。愛らしいですね。

でも、この親鳥はどう見てもカルガモじゃなくマガモのメスなんですけど!
2014.05.12子育て4

「こんな南でマガモが子育てするなんて聞いたことがないよな…」
と思って調べてみます。

「北海道と本州中部の山地では少数が繁殖する。 本州中部以南で、本種が繁殖したとの記録がたまに見受けられるが、これはアヒル・アイガモが繁殖した可能性が高い。」
ウィキペディアより。

私の住んでいる場所は本州中部以南なので、やはりアヒルか合鴨が逃げ出したのか?とも思いますが、こんな場所にアヒルも合鴨も生息していません。

「これは新発見じゃないのか!?」
と少し興奮しますが、「水面を泳ぐのは上手だがもぐれず、水中に首を突っ込んだり逆立ちしたりしてえさをとる様子がよく見られる」と書いてあるのを見て、即座に夢破れます。

そんなわけないよなぁ…。猟期には散々目の前にいた鴨に潜って逃げられているもの。

やっぱりインターネットの情報は話半分に聞いとかないとね(笑)。
あ、それは猟師のホラ話も同じか(爆)!



鳥獣対策総合案内コーナー(鳥獣対策、狩猟へのご案内など)
↓「猟師のホラ話の方がよほど信用できんよ!」と思いつつもとりあえず鴨のヒナの姿に癒された方はクリックプリーズ(笑)
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
コメント
5月でも新潟や長野の川上村でもマガモを見かけますけど、子供は見たことない〜

そっちで繁殖するなんてびっくり!
2014/05/13(火) 06:57 | URL | やんま #-[ 編集]
マガモ 雌
画像が鮮明でないのではっきり判りませんが、マガモの雌の口ばしは先端が黄色いだけでなく下側から根元にかけて黄色くなっていませんでしたか? でもほとんど黒いくちばしも見たことがあります。先端だけが黄色いのはカルガモと思いますが、交配種もいるので判明は難しいですね。マガモの雌をググって画像を見ても明らかにカルガモがいますね。 情報の判別が難しいです。
2014/05/13(火) 07:27 | URL | kent #-[ 編集]
No title
気になって僕も調べてみたのですが、
マガモとカルガモは一応交配できるらしく
『マルガモ』と呼ばれるそうです。

・・・と言う事は。
留鳥のカルガモは渡り鳥のマガモと共に生まれ育った地を離れ
北の大地へ『駆け落ち』したことになりますね。

なんだか演歌ですね~。

2014/05/14(水) 12:34 | URL | ジビエ #-[ 編集]
やんまさん
はい、とてもビックリしました♪
でも他の方のコメントを読むとちょっと自信が無かったりして(笑)。
2014/05/14(水) 22:35 | URL | じゃん #-[ 編集]
気が向けば繁殖もありじゃないの
友達が猟期にマガモを投網で獲って飼っていましたが面倒になって家の前を流れている用水に放したところ居ついてしまい何年もそこで繁殖をしていました。
マガモのオスの夏毛(羽)はメスと同色で見分けがつきませんでしたよ。秋になるとあのカラフルな体色になることを初めて知りました。
2014/05/14(水) 22:43 | URL | 川ガニ #AilrZkwc[ 編集]
kentさん
見た目は明らかにマガモだったのですが、エクリプスの時期の羽毛の模様をよく知らないので自信が無くなってしまいました(笑)。
合鴨の色がそっくりなヤツなんて見分けがつきませんし、やっぱり合鴨だったのかも、と疑問がグルグルしています。
2014/05/14(水) 22:45 | URL | じゃん #-[ 編集]
ジビエさん
おお!そこにはそんなドラマが…(笑)。

『マルガモ』ですか。
確かにそういえばハイブリッドと言われるとそんな気がします。
ああ、自信無くなってきた(笑)。

2014/05/14(水) 22:54 | URL | じゃん #-[ 編集]
川ガニさん
おお!、新たな証言が♪

う~ん、そんな実体験を聞くとますます訳が分からなくなってきました(笑)。
やっぱりマガモだったのかしらん!?
2014/05/14(水) 22:58 | URL | じゃん #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード