fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

コロナにかかりました…。

実は新型コロナウイルス感染症にかかりました。

少し前のことになりますが備忘録として記しておきたいと思います。


仕事をしていると寒気がして早退。
翌朝は38℃超えの発熱だったので休暇を取って発熱外来を受診しました。
2024.02.12コロナ2
(犬の歯形だらけの温度計でスミマセン。笑)

予め電話して駐車場で車のナンバーを伝えて待機。
少しすると防護服と医療マスク・フェイスシールドを装着した看護婦さんがやって来て綿棒で鼻の穴の中をグリグリと拭われました。
ま、これは昨年末に経験済みだったので平気。

「周囲でインフルエンザに罹っている人が多いからインフルだろうなぁ…」
そんな事を思っているとスマホに着信。
「コロナ陽性です」
「え?今頃になってマジっすか!? 最初に流行り始めて3年間ずっとかかっていなかったのになんで?」

そのまま症状を聞かれます。
「とにかく熱が高くてボーっとしています。後は寒気がして関節が痛むのと喉が酷く痛いです」
「そのまま待機していてください。病院から診察料金を受取りに行く人と薬局の方が別々に行きます」
と説明されて結局一度も病院内に入ることなく終了。

「対面の診察も治療もされずに放置というか、なんだか酷い扱いだなぁ~」
と思いますが、やはり今でもコロナウイルスの罹患は怖い病気に分類されるのでしょうね。

解熱剤と葛根湯とトローチとうがい薬を処方してもらって帰宅。
2024.02.12コロナ1

「インフルエンザも大流行していますが、コロナウイルスはまさに第10波と言える爆発的感染状況です…」
夕方のローカルニュースを見るともなしに見ていると、アナウンサーがそんな事を言っていました。

「3年間続いたコロナウイルスの流行も下火になって、ようやく第5類に引き下げられて行動制限や海外からの渡航客が解禁になったばかりなのになぁ」
熱でうなされながらそんな事を思います。

これが自然界のことだとしたらどうなんだろう?
近年の熊やイノシシの出没情報や人的被害の報道を見ると、山の中の野生動物が飽和状態になって人間社会に弾き出されているとしか思えません。
(生息密度が高くなりすぎてテリトリー競争が激しくなっただけで、ドングリの凶作などのエサ不足ではない。人の手が入っていない雑木林では食べきれないほどのエサがあります)

そして増えすぎたイノシシや鹿は共存共栄の為のコロニーを作り、密な状態になって豚熱や寄生虫の感染症が流行ると止め処もなく感染個体が増え、自然淘汰が起こって全滅という状態になるのでしょう。

「まあ、人間界も野生動物の世界もあまり違いはないか…」
発熱で思考がうまくまとまらないままにそんな事を思います。


38℃台の発熱が2日、37℃台の熱が2日間続いてなんとか復活。
それからも喉の痛みと咳、倦怠感はしばらく取れず…。

いや~、日頃寝込んだりすることが無いのでかなりきつかったです。


コロナもインフルエンザもかなり流行っている様なので、皆様もご注意くださいね。


↓時代遅れの男だなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト



カレンダー
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード