fc2ブログ

食べる事と、命をいただく事について考えます。 狩猟、素潜り、釣り、採集、手作り等々

驚愕のスギちゃん料理!!

友人のイケくん(仮名)が釣り上げた巨大魚スギちゃんを無理言っていただきました。
初めて見た魚だったからどうしても食べてみたかったんですよね。
2023.11.30巨大魚4

計量すると103センチ、7kg。
堂々たる巨大魚です。

で、このスギちゃんの形状がとっても変わっています。
2023.12.07スギ料理1
頭はコバンザメの様に平たいのですが、背びれの付け根には他の魚では見たこともないトゲトゲ。
「なんだか恐竜みたいだ…」

気になって調べてみると、「スギ科スギ属スギ」というスギ科で唯一のお魚です。
(例えばアコウはハタ科アカハタ属キジハタ、ヒラマサはアジ科ブリ属ヒラマサという感じで同じ科の中に多数の魚がいます)

食味の評価は様々で、「イマイチ」というものもあれば「脂がのって最高」というものまで様々。
しかし大きなものほど脂がのって美味いとのことで「黒カンパチ(食味が似ているという理由)」という別名で、沖縄や海外で養殖され、某大手回転ずしチェーン店で提供されたこともあったとのこと。
(現在は「誤解を招く」という理由で黒カンパチの名前は使われていません)


さ、まずは初めてのスギを捌きます。

最初にウロコを鋤き引きにしますが、これが硬い!! ジョリジョリと髭剃りをしている感じ。
「さすがスギちゃん、ワイルドすぎるぜぇ…」
どうやら厚い皮に垂直に近い角度で埋め込まれるようにびっしりとウロコが生えているようで、かなり深い部分に刃を入れると上手くいきました。

2枚に卸すとキレイな白身。
2023.12.07初めてのスギ料理2

一切れだけ切り取って、少しだけ塩を振ってカボスの果汁を絞ります。
口の中に放り込むとさっぱりとした白身とたっぷりの脂身の美味さがいっぱいに広がります。
2023.12.07初めてのスギ料理4

「うわ!なにこれ!?美味っ!!」

脂が強いので炙りにしてみましたが、これが凄かった!
2023.12.07初めてのスギ料理5
バチバチ脂が燃えてバーナーの炎が弾き返されます。
「なんだこりゃ!?脂が燃えてまるでバリアだ。工事用の高火力バーナーが通用しないなんて…。こんな魚は初めてだっ!!」

ラスボスに必殺技が通用せず、敗北寸前の特撮ヒーローの主人公のような気持…(笑)。
2023.12.07初めてのスギ料理6
頑張って炙った刺身。わずかに表面に熱が入ったのみ。。。
でも美味かったです♪

炙りの刺身も最高でしたが、脂身を落としながら塩焼きや…、
2023.12.07初めてのスギ料理7

シャブシャブなどの熱を加えた料理の方が量がたくさん食べられます。
2023.12.07スギ料理8

そして怖いことに、口の中いっぱいに拡がる脂身を洗い流すために冷酒がクイクイすすみます。
「いや~、初めてのスギちゃん最高!!」

しかもきっちりと処理をして熟成を進めると、たっぷりの脂身が白身の中にしっとりと染み込んでドンドン味の変化が楽しめます。
いや~、なかなかこんな魚はないな。

一言で言うと「美味い!!」。
しかも熟成度合いや料理方法で色々な味が楽しめるとてもお得感あふれる魚でした。

あ~、初めてのスギちゃん堪能しました♪
次は自分で釣ってみたいですね。


今日も友人と自然の恵みに感謝です。


↓こんな巨大魚を消費することが普通じゃないなっ!!と思った方はクリックプリーズ(笑)♪
にほんブログ村 アウトドアブログ 狩猟・ハンティングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村
狩猟の魅力まるわかりフォーラム
スポンサーサイト



カレンダー
11 | 2023/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

じゃん

Author:じゃん
幼少時より食い意地の張った子供で、今でも野生の動植物を見る時には
「美味いか不味いか?」
が大きな判断基準を占める。

素潜り、釣り、手づかみなど様々な方法にて「タダの食料」を捕獲することに情熱を燃やしています。
2009年より狩猟界にデビュー。タンパク質自給率100%達成なるか!?

E‐mail
capturefood@yahoo.co.jp
お気軽にメールくださいね♪

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード